丸岡はじめの妻 彩乃役の宮澤佐江の弱点は中国?ラマ『アンサング・シンデレラ 第10話』

ドラマ『アンサング・シンデレラ 第10話』では、丸岡はじめの妻 彩乃(演:宮澤佐江)が、夫のワガママに付き合う事になってしまいます。実は、彩乃役の宮澤佐江さんの弱点は中国なので、その理由について、詳しく紹介しましょう。

 

ドラマ『アンサング・シンデレラ』のキャスト

f:id:akira2013web:20200725073420p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/unsung/index.html

日本の医療ドラマ『アンサング・シンデレラ』は、2020年7月日に放送されました。

脚本&原作

  • 脚本:黒岩勉
  • 原作:荒井ママレ

女優&男優&声優

  • 葵みどり(演:石原さとみ)医師にも意見をする薬剤師
  • 瀬野章吾(演:田中圭)葵みどりの先輩
  • 相原くるみ(演:西野七瀬)葵みどりの後輩
  • 刈谷奈緒子(演:桜井ユキ)薬剤師の仕事についてドライに考える女性
  • 羽倉龍之介(演:井之脇海)ハキハキと喋る薬剤師
  • 工藤虹子(演:金澤美穂)ベテラン薬剤師
  • 販田聡子(演:真矢ミキ)薬剤師たちを指揮する女性
  • 七尾拓(演:池田鉄洋)瀬野章吾にキツくあたる男性
  • 荒神寛治(演:でんでん)薬剤師から魔術師と崇められる存在
  • 豊中瑠衣(演:臼田あさ美)救急センターの医師
  • 小野塚綾(演:成田凌)中華料理店で知り合った男性
  • 丸岡はじめ(演:近藤公園)薬の量や代金に嫌気をさす患者
  • 彩乃(演:宮澤佐江)丸岡はじめの妻

主題歌

ドラマ『アンサング・シンデレラ』の主題歌は、DREAMS COME TRUEの『YES AND NO』です。

ドラマ『アンサング・シンデレラ』シリーズのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『アンサング・シンデレラ』の前話までのストーリーを見る事ができます。

ドラマ『アンサング・シンデレラ 第10話』のストーリー

葵みどりは、瀬野章吾を何とか助けたいと思って、ミトタンを使おうとしますが神妙な面持ちになってしまいます。それを見た刈谷奈緒子から「気合い入りすぎ!」と背中を叩かれてしまうのです。

瀬野章吾は、ミトタンを使う事になると聞いて『それが妥当だろう』と思って納得しました。

ところが、七尾拓が葵みどりに「今のままでは、瀬野君は数ヶ月しか持たないでしょう。そこで、効果が望めそうなFP258を使うために治験を行うしかありません」と迫ってきたのです。

治験は簡単に行えるものではなかったのですが、今まで指導してくれた瀬野章吾を助けるためにはヤルしかないと治験を行えるように動き出します。

しかし、治験を行うためには、多くの者たちから賛同を得る必要がありました。その中には「同じ薬剤師の仲間だから、治験を行いたいんじゃないの?」と色眼鏡で見られてしまったのです!

葵みどりたちは『そんな事はありません』と力説しようとした所で、今まで瀬野章吾と敵対していた七尾拓は、椅子から勢いよく立ち上がり「治験とは、一人の患者のためではなく、多くの患者のために行うものなんです!」と叫びます。

はたして、葵みどりたちの声は、色眼鏡でみる者たちの心に響くのでしょうか?

『丸岡はじめの妻 彩乃役の宮澤佐江を紹介』

www.instagram.com最初に、丸岡はじめの妻 彩乃を見た時に「こんなに可愛らしい女優さんがいたんだなぁ」と思って、誰が演じているのだろうと思って、名前を見たらビックリしました。

なぜなら、AKBグループで活躍していた宮澤佐江さんだったからです。

以前、有吉AKBで宮澤佐江さんが出演しているのを見た事があったのですが、宮澤佐江さんが屈託のない笑顔で「上海でアイドル活動をしていたら、美味しいものがあるので太っちゃうんですよぉ」と素直なコメントをしているのをよく覚えています。

スタイルを維持しなくては困る芸能人として、美味しい中華料理が沢山ある中国は、宮澤佐江さんにとって大きな弱点と言えますね。

それにしても、あのアイドルが、こんな真面目な医療ドラマに出演するとは驚くしかありませんでした。これからも、女優として頑張って活躍して欲しいですね。

そんな宮澤佐江さんのプロフィールは以下の通りです。

  • 名前:宮澤佐江
  • 出身地:東京都
  • 生年月日:1990年8月13
  • 星座:しし座
  • 趣味:ダイビング
  • 弱点:太りやすい中華料理(大好きで食べ過ぎてしまうらしいです)

ドラマ『アンサング・シンデレラ 第10話』のまとめ

第10話では、今まで嫌な奴でしかなかった七尾拓の良い所が、かいま見えて良かったですね。最初は嫌なキャラクターが、途中で良いキャラクターになってしまうのは、連続ドラマのお約束なので、この辺りは仕方のない流れかなという感じもします。

それにしても、医療の事をロクに知らない素人同然の人間が「同じ薬剤師だから」と色眼鏡で批判してくるのは『う、うぜぇ』と思ってしまいました。今まで、多くの患者を救ってきた薬剤師なんだから、ガタガタ言うな!と思ってしまいましたね。

思わず感情移入してしまいましたが、それは田中圭さんが真面目な薬剤師を熱演していた影響でしょうね。

……まぁ、酒を飲み過ぎてしまって、石原さとみさんに注意されてしまったようですけどね(苦笑)。

そして、動画配信『FOD』であれば、ドラマ『アンサング・シンデレラ 第1〜10話』を見る事ができます(2020年9月時点)。