福山雅治が松たか子を騙して笑わせる?映画『ラストレター』

映画『ラストレター』では、なぜか乙坂鏡史郎(演:福山雅治)が、岸辺野裕里(演:松たか子)を騙して笑わせてしまいます。なぜ、そのような事をしたのか?詳しく紹介しましょう。

映画『ラストレター』のキャスト

映画『ラストレター』は、 2020年1月17日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 遠野鮎美(演:広瀬すず)母親を失ってしまう少女
  • 乙坂鏡史郎(演:福山雅治)遠野鮎美から送られる手紙に返事を書く小説家
  • 乙坂鏡史郎-高校生時代(演:神木隆之介)遠野美咲に恋する男子
  • 岸辺野裕里(演:松たか子)大好きな男にラストレターを送る女性
  • 岸辺野宗二郎(演:庵野秀明)岸辺野裕里の夫
  • 岸辺野颯香(演:森七菜)岸辺野裕里と岸辺野宗二郎の娘
  • 岸辺野瑛斗(演:降谷凪)岸辺野裕里と岸辺野宗二郎の息子
  • 阿藤(演:豊川悦司)遠野鮎美の母親の恋人
  • サカエ(演:中山美穂)阿藤の同居人

主題歌

映画『ラストレター』の主題歌は、森七菜の『カエルノウタ』です。

映画『ラストレター』のストーリー

遠野鮎美は、大事な母を失ってしまって落ち込んでいましたが、そんな状況の中で葬儀が行われます。

葬儀には、叔母の岸辺野裕里や従兄弟の岸辺野颯香が参列してくれました。

岸辺野颯香は、落ち込んでいる遠野鮎美を見て「私、しばらくはココで住んでも良いかな?」と言い始めてしまうのです。その言葉に母である岸辺野裕里は驚いてしまいますが、遠野鮎美は「私はそうしてくれると嬉しいです」とぎこちなく答えます。

岸辺野裕里は『従兄弟のために行動してくれるので、娘も成長してくれたんだなぁ』と感慨深くなりますが、そんな時に姉の同窓会が行われる事になりました。そこで、姉の代わりに出席しようとしたら、姉と間違われてしまうのです。

困り果てた状態で帰ろうとしたら、乙坂鏡史郎から「僕の事を覚えていないかな?」と声をかけられてしまいます。実は、この男こそ学生時代の憧れの男子だった事が分かって、内心ドキドキしてしまうのです。

そして、岸辺野裕里と乙坂鏡史郎は文通する事になりますが、夫に疑われるようになったので、乙坂鏡史郎は岸辺野裕里の姉の実家へ手紙を送るようになります。

遠野鮎美は、母の同級生から送られてくる手紙を見て『私たちが母になり変わって手紙を書いちゃおうか』と悪巧みをしてしまうのです。はたして、乙坂鏡史郎との手紙のやり取りは、どうなってしまうのでしょうか?

福山雅治松たか子を騙して笑わせた理由』

岸辺野裕里(演:松たか子)は、姉の振りをして、乙坂鏡史郎(演:福山雅治)に手紙を送り続けます。ところが、乙坂鏡史郎は岸辺野裕里が姉の振りをしている事について、最初から分かっていました。

それを知った岸辺野裕里は「分かっているなら、最初から言って下さいよ」と苦笑いしてしまいますが「何で、みんなは分からなかったのかな」と笑い飛ばしてしまいます。

なぜ、乙坂鏡史郎は、このような悪ふざけをしたのでしょうか?それは学生時代の仕返しをしたかったのでしょう。

実は、乙坂鏡史郎は遠野美咲の事が好きでも告白できなかったので、岸辺野裕里に「この手紙をお姉さんに届けて欲しい」と頼んでいました。しかし、何通も手紙を送ったのに、岸辺野裕里は姉に届けていなかったのです。

なぜなら、岸辺野裕里は乙坂鏡史郎の事が好きだったからです。

その気持ちを知った乙坂鏡史郎は怒るに怒れず困り果ててしまいました。おそらく、この時の仕返しをしたくて、少しだけ悪ふざけをしてしまったのでしょうね。

映画『ラストレター』と他の作品を比較

映画『ラストレター』は、自殺してしまった遠野美咲に手紙を送る事によって、遺族たちを癒していく作品になっています。

それに引き換え『宇宙でいちばんあかるい屋根』では、大石つばめ(演:清原果耶)が憧れの浅倉亨(演:伊藤健太郎)にラブレターを送ってしまいますが、恥ずかしくなってラブレターを回収したいと思ってしまうのです。

最終的には、星ばあ-ほしのとよ(演:桃井かおり)にラブレターを回収してもらいますが、そこから年齢の離れた大石つばめと星ばあの不思議な関係が続くようになります。

少しロマンチックな演出も行われているので、ファンタジー要素のある素敵なドラマ映画になっているので、たまには手紙を題材とした『ラストレター』や『宇宙でいちばんあかるい屋根』を見てみるのも悪くはないでしょう。

www.akira-movies-drama.com

映画『ラストレター』のネットの評価

ネットでは、この映画で学生たちが恋に悩んでいるシーンを見て、やはり学生時代はキラキラした感じだったんだなぁと感慨深くなっている方がいました。

しかし、私は遠野美咲(演:広瀬すず)が、恋人の阿藤(演:豊川悦司)にDVをふるわれて自殺をした話が衝撃的すぎて、あまりキラキラした感じが残らなかったですね。 この悲劇の話があるから、盛り上がる所もあるとは思うので、難しい所です。

そして、美しい映像が使われていて、まるで美術館で鑑賞しているように錯覚した方もいましたが、この意見には同調できますね。

実際に、乙坂鏡史郎-高校生時代(演:神木隆之介)が、頭がよくて可愛らしい学級委員長に憧れてしまう所で、美しい映像で演出しているので、制作スタッフの手腕には舌を巻いてしまいました。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『ラストレター』のまとめ

メールやLineが主流になっている時代に、あえて手紙のやりとりを描いている所は、面白い試みで良かったですね。この辺りは、当時使われていたビデオテープを採用した『リング』や、着メロを採用した『着信アリ』とは全く別のジャンルと言えます。

しかし、DVで自殺に追い込まれてしまった話を聞いてしまったら、感動的な話や演出がスポーンと頭から抜けてしまって『どうして、そういう事をするかな?』と嫌悪感しか残りません。

DVとかレイプ とか、そういう衝撃的な話を採用しないで、感動できるストーリーを製作して欲しいなぁと個人的には思ってしまいます。

さらに乙坂鏡史郎(演:福山雅治)が、大好きだった女性にDVを振るっていた阿藤(演:豊川悦司)を殴らなかったのも少し納得できない内容でしたね。

そして、動画配信『U-NEXT』であれば、映画『ラストレター』を見る事ができます(2020年9月時点)。