ドラマ『あの子が生まれる』全話のストーリー・見所を紹介

ドラマ『あの子が生まれる・・・』は、河本家と芙美子の呪われし関係から、赤ちゃんが生まれるたびに恐ろしい事が起きようとします。そこで『あの子が生まれる・・・』の全話のストーリー・キャスト・見所などを紹介するので、参考にしてみて下さい。

 

ドラマ『あの子が生まれる 第1話』のストーリー

www.akira-movies-drama.comトンネルの中で、若き女性が不敵な笑みを浮かべてしまって、フラフラと歩いている所で、車にはねられてしまいます。

その女性は英子(演:小倉優香)という人物でしたが、運命的な病院へ運ばれてしまいます。

英子は、妊娠していましたが手首を切っていたので、看護師たちは「自殺未遂しようとしたのではないか」と噂しあってしまうのです。

看護師の河本美恵(演:芦名星)は『金を持っていない身元不明の患者なんて、迷惑な奴が来たわね』とうっとうしく感じてしまいます。

ところが、英子が河本美恵の名札を見たら笑い出してしまうので「何がおかしいのよ」と感情的になって二人は睨み合ってしまうのです。はたして、この二人の間には何があるというのでしょうか?

ドラマ『あの子が生まれる 第2話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com英子が運ばれた病院には、2代目となる院長 河本潤一郎(演:羽場裕一)がいました。実は、河本潤一郎には妻の河本和代(演:山下容莉枝)がいたにも関わらず、芙美子(演:泉はる)と不倫をしていたのです。

芙美子は「子供ができたから認知して」と迫りますが、河本潤一郎は妻が怖くて「それはできないよ」とうろたえてしまうので「自分の事ばっか!こっちを気遣う振りさえできないの?バカなの。本当クズ」と吐き捨ててしまいました。

やがて、芙美子は病院で出産する事になりますた、河本和代は夫の赤ちゃんを身ごもっている事を知ってしまうのです。

河本和代は、薬を使って河本和代を殺害してしまって、赤ちゃんを取り上げてしまいます。河本潤一郎は妻の無茶苦茶な行動に驚愕してしまいますが「この赤ちゃん可愛いわね、名前は英子が良いと思うの」と言われます。

この英子こそが、のちほど病院で運ばれた妊婦だったのです。もしかしたら、英子は病院に復讐しようとしているのでしょうか?

ドラマ『あの子が生まれる 第3話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com看護師の今泉菜央(演:森田望智)は、夜中に病院を見回っていたら、英子が「無色透明な私」とつぶやきながらフラフラしているのを見てしまって、少し恐ろしく感じ始めてしまいました。

翌日になり、英子が河本和代をジッと睨んでしまったら、何と河本和代は倒れ込んでしまったのです!

英子にとって、河本美恵は自分の母を殺害した人物の娘だったので、まさに仇とも言える女性でした。ところが、河本和代の夫の河本秀明(演:市川九團次)が、英子を診察しようとしたら「ちょうだい、赤ちゃん」と言われてしまいます。

河本美恵は、やがて英子と夫の関係を疑うようになりますが、三角関係は二代に渡って続くのでしょうか?

ドラマ『あの子が生まれる 第4話』のストーリー 

www.akira-movies-drama.com河本潤一郎は、娘を呼び出して「お前は子供を産む事が難しいから、代理出産を考えるしかない」と告げてしまいます。

しかし、河本美恵は「私が、今までどんな思いで」と言葉をつまらせますが、夫の河本秀明は優しい言葉をかけられずガックリとうなだれるしかありませんでした。

河本秀明は、英子の診察をしようとしますが、妻の事が気がかりで頭を悩ませてしまいます。

英子は、河本秀明の心中を見透かすように「私もあなたも、あなたの奥さんもO型。分かるでしょ?」と囁いてしまって、ついに二人は深い関係におちてしまうのです。

しかし、英子は仇の河本美恵に手を緩めず、本人に向かって「産めないんでしょ?私はあなたの代わり」とほくそ笑んでしまうのです!

ドラマ『あの子が生まれる 第5話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com河本秀明が英子の体調を調べようとしたら、胎児に反応がなくて、危険な状態が続こうとしていました。それを聞いた河本美恵は「天罰ね、その子は生まれるべきじゃなかったのよ!」と叫んでしまうので、今泉菜央によって連れ出されてしまいます。

今泉菜央は「そういう事を言うべきではないですよ」と注意しますが「何も知らないクセに」と一触即発に陥ってしまうのです。

そして、看護師たちが英子の診察を続ける中で、河本美恵はある輸血パックを手渡します。ところが、輸血パックから血液が流れていったら、英子の容態が急変してしまったのです!

ドラマ『あの子が生まれる 第6話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com輸血事故により英子は亡くなってしまって、マスコミから叩かれた病院は閉鎖に追い込まれてしまいました。

菜央は病院を辞めてから、勇馬と結婚をして幸せな家庭生活を送っていましたが、人形の夢ばかりを見て悩まされていたのです。その人形は、かつて英子が持っていた物であり、言いようもない不安を抱くようになります。

そこで、菜央は夫に「あの病院と悪夢は関係しているように思うの、病院について調べてきて」と頼みます。

勇馬は河本美恵に話を聞こうとしますが「何も知らないって言ってるでしょ!あいつが悪いのよ。良い加減にしないと警察呼ぶわよ」と生卵をぶつけられてしまうのです。はたして、勇馬は妻を救う事はできるのでしょうか?

ドラマ『あの子が生まれる 第7話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com勇馬は、多くのナースから話を聞いていくうちに「5年前に輸血事故で母子一緒に亡くなったけど、20年前にも全く同じ事があったの」と教えられます。

20年前とは芙美子の事であり、5年前は英子の事でした。河本和代が芙美子を殺害してしまって、河本和代の娘の河本美恵が芙美子の娘の英子を殺害してしまって、二代に渡って因縁めいた関係でした。

勇馬が調べれば調べるほど、あの病院が普通でない事が分かりますが、妻の悪夢は終わる事がなかったのです。

ドラマ『あの子が生まれる 第8話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com優馬は、妻が悪夢に悩まされているのは英子と関係しているに違いないと思うようになります。そこで、英子を育てていた輝子(演:赤座美代子)に会って、何かあれば教えて下さいと頭を下げます。

輝子は「実は、河本和代さんが英子を預けようとしたのだけど、私が断わったら、英子に何をするのか分からない感じだったから引き取ったのよ」と教えてくれました。ところが、英子が成長していったら、河本和代が急にやって来て「これからは私が英子を育てる」と言ってきたのです。

やがて、英子は同じ病院へ行く事になりますが、医療器具に異物を混入してしまいます。その異物は河本和代の体内へ入ってしまって、そのまま亡くなってしまったのです!

ドラマ『あの子が生まれる 第9話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com輝子は「英子が探している物と言えば、あれかもしれない」と言って、ある物を優馬に預けます。優馬は、自宅へ急いで戻って「菜央、ごめん開けてくれないか。鍵が見つからないんだ」と呼びかけます。

菜央が扉へ近づこうとしたら、背後から白目の幽霊が「開けてくれる?」と耳元で囁いてきたのです!あまりの怖さに震えてしまいますが、何とか扉を開けて、夫を中へ入れます。

輝子から預かってきた物とは、赤ちゃんの骨でした。しかし、二人は『これが本当に英子さんが探していた物だろうか?』と不安になってしまいます。

その不安は的中してしまって、菜央は再び悪夢を見てしまうのです。

ドラマ『あの子が生まれる 第10話』のストーリー

www.akira-movies-drama.com菜央の赤ちゃんは決して状態がよくありませんでしたが、生まれようとして、その激痛から苦しくなってしまいます。そこへ元職場の先輩だった佐和子(演:おぞねせいこ)が帝王切開する事になりました。

その頃、優馬はようやく英子が探して欲しい物を見つけ出します。それは何とDVDだったので、すぐにノートパソコンで再生してみたら「ありがとう。拡散して世界中に」」という不気味な声が聞こえてきました。

やがて、菜央の赤ちゃんは無事に生まれますが、河本美恵が自宅で血液が固まってしまって亡くなってしまったのです!それは英子と同じ亡くなり方でしたが、英子の呪いによって殺害されてしまったのでしょうか?

ドラマ『あの子が生まれる・・・第1〜10話』の見所とまとめ

ホラードラマなのに、あまり幽霊が出現しなくて、物足りなく感じてしまう回もありました。しかし、河本家と英子の間で何が起きたのか?それが分からない状態でストーリーが進行していくので、目が離せない展開でした。

血しぶきや幽霊の存在で怖がらせるドラマではなくて、ストーリーで怖がらせる内容だったので、ストーリーの内容を重視する方にはオススメのドラマです。

河本美恵役の芦名星さんが亡くなってしまいましたが、その高い演技力を見ていたら、まだまだ芦名星さんの演技を見てみたかったなぁと思ってしまいましたね。今はただ、芦名星さんのご冥福を祈るのみです。

そして、動画配信『FOD PREMIUM』であれば、ドラマ『あの子が生まれる・・・第1〜10話(最終話)』を見る事ができます。