松永久秀は足利義輝を討つつもりがあった!麒麟がくる 第24回

明智光秀像

大河ドラマ麒麟がくる 第24回 』では、松永久秀(演:吉田鋼太郎)は足利義輝(演:向井理)を討つつもりはなかったと主張していましたが、これは嘘を付いている可能性が高いので、その理由について検証してみました。

大河ドラマ麒麟がくる』シリーズを見られる動画配信

麒麟がくるシリーズは、動画配信U-NEXTで見る事ができます。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『麒麟がくるシリーズ』を 2日間は見る事ができます(2020年6月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

大河ドラマ麒麟がくる 第24回』のキャスト

大河ドラマ麒麟がくる 第24回』は、2020年月9月20日に放送されました。

脚本&語り

女優&男優

大河ドラマ麒麟がくる 第回』に出演する俳優や女優さんたちです。

明智
朝廷
将軍家
その他

大河ドラマ麒麟がくる 第24回』のストーリー

三好一派は、愚かにも将軍 足利義輝を襲撃しようとします。

足利義輝は奮戦しますが、多勢に無勢で討ち取られてしまったのです。三好一派は、足利義栄を将軍にたてようとして、覚慶を幽閉してしまいます。

松永久秀は、自分の息子たちが三好家と共に将軍を討ち果たした事に『あのたわけが!』と狼狽(ろうばい)するばかりでした。

しかし、細川藤孝と協力して、何とか覚慶を救い出します。越前では明智光秀が、将軍の悲報を聞いて激怒します。

松永久秀の所まで乗り込みますが、そこで「朝倉家が、覚慶殿が将軍の器であるなら、越前で引き受けてもよいと言うておる」と聞かされます。

明智光秀は、覚慶に会ってみますが「死にたくなくて大和から出てきたのだが」と弱音を吐かれてしまうので、将軍の器があるとは思えませんでした。

その姿を見て愕然とする明智光秀は、その後に三淵藤英や細川藤孝たちと一緒に『どうしたものか』と思案に暮れます。

そして、明智光秀は越前へ戻って、朝倉義景から「覚慶様を越前に迎えてもよいと思っている。光秀の答え次第じゃがの。どうじゃ、光秀?覚慶様は将軍の器であったか」と聞かれてしまいますが、明智光秀は何と答えるのでしょうか

松永久秀足利義輝を討つつもりがあった!』

松永久秀は、裏切りを恥と思わない武将で、足利義輝を裏切って、三好家を裏切って、織田信長には何回も裏切りを行う男でした。そのような人物が、足利義輝だけは討つつもりがなかったと言っても説得力がないでしょう。

確かに、足利義輝を討った時には、松永久秀大和国にいたと言われていて、その謀反には直接関わっていませんでした。しかし、これは自分が直接は将軍殺しの汚名をきたくない計略と言えるかもしれません。

三好家に気を使って、息子は送ったけど、自分がいかなかった事により汚名をきる事を防いだように思えるのです。松永久秀とは汚い事を平然とやる人物だったので、そのぐらいの事をする可能性は極めて高いでしょう。

大河ドラマ麒麟がくる 第24回』のまとめ

第24回では、足利義輝がついに殺されてしまいましたが、あまりにも惜しい将軍でしたね。清廉潔白の性格にして、何とか足利幕府を立て直そうとした人物だったので、当時は足利義輝の死を惜しんだ民や武将は多かったと言われています。

この謀反によって、三好家は人心を失ってしまって、織田信長の上洛を招いてしまったので、戦国時代の大きな分岐点と言えるでしょう。

これからは、明智光秀がどのような形で、朝倉家から織田家に寝返るのか?その辺りに注目していきたいですね。