向坂千歳役の土村芳が意外なCMに出演?ドラマ『アンサング・シンデレラ』

f:id:akira2013web:20200725073420p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/unsung/index.html

ドラマ『アンサング・シンデレラ 第11話(最終話)』では、向坂千歳(演:土村芳)が母親に反発していましたが、意外なCMにも出演していたので詳しく紹介しましょう。

 

ドラマ『アンサング・シンデレラ』のキャスト

日本の医療ドラマ『アンサング・シンデレラ』は、2020年7月日に放送されました。

脚本&原作

  • 脚本:黒岩勉
  • 原作:荒井ママレ

女優&男優&声優

  • 葵みどり(演:石原さとみ)医師にも意見をする薬剤師
  • 瀬野章吾(演:田中圭)葵みどりの先輩
  • 相原くるみ(演:西野七瀬)葵みどりの後輩
  • 刈谷奈緒子(演:桜井ユキ)薬剤師の仕事についてドライに考える女性
  • 羽倉龍之介(演:井之脇海)ハキハキと喋る薬剤師
  • 工藤虹子(演:金澤美穂)ベテラン薬剤師
  • 販田聡子(演:真矢ミキ)薬剤師たちを指揮する女性
  • 七尾拓(演:池田鉄洋)瀬野章吾にキツくあたる男性
  • 荒神寛治(演:でんでん)薬剤師から魔術師と崇められる存在
  • 豊中瑠衣(演:臼田あさ美)救急センターの医師
  • 小野塚綾(演:成田凌)中華料理店で知り合った男性
  • 向坂千歳(演:土村芳)飲み薬を捨てている患者
  • 向坂世津子(演:朝加真由美)向坂千歳の母親

主題歌

ドラマ『アンサング・シンデレラ』の主題歌は、DREAMS COME TRUEの『YES AND NO』です。

ドラマ『アンサング・シンデレラ』シリーズのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『アンサング・シンデレラ』の前話までのストーリーを見る事ができます。

ドラマ『アンサング・シンデレラ 第11話』のストーリー

葵みどりは、瀬野章吾の治験の事で責任を取り、萬津総合病院を辞めてしまいます。小野塚綾から「あれは、皆んなで行った事だから、葵さんだけのせいじゃないでしょ?萬津総合病院に戻ってきませんか?」と誘われます。

しかし、葵みどりの意思は変わらず、話は平行線をたどりました。そんな時に、葵みどりが担当していた患者の向坂千歳は飲み薬を捨てていたのです!

向坂千歳は、昔から、母親から必要以上に干渉されてしまって、自分が普通の人間ではないように感じている所がありました。その影響もあって、薬を捨てていましたが、それに気づいた葵みどりに説得されて、薬を飲むようになります。

しかし、いつまで経っても干渉してくる母親にうんざりして口論してしまうのです。そんな時に販田聡子は、何とか葵みどりに戻ってきてもらおうと思って、萬津産婦人科医院へ向かいますが、そこに葵みどりの姿はありませんでした。

実は、葵みどりは病気をかかえた妊婦が出産をするには、母親の協力が絶対に必要だと思って、家まで行って向坂世津子に協力を求めようとしたのです。

はたして、葵みどりの想いは親娘の絆を戻す事ができるのでしょうか?

『向坂千歳役の土村芳が意外なCMに出演』

向坂千歳役の土村芳さんは、このドラマでは母親に反発する役でしたが、意外なCMに出演しています。

それは、大事な恋人から指輪を渡されて「今日、何の日だっけ?」と呆気にとられてしまう役です。ドラマでは、母親に反発する役でしたが、CMでは母親になろうとしてる役を演じていて、真逆の役とも言える内容でした。

しかし、様々な役を演じる事が出来るのも、女優さんの大きな魅力と言えます。

多くの役を演じきる土村芳さんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:土村芳
  • 出身地:岩手県
  • 生年月日: 1990年12月11日
  • 星座:いて座
  • 趣味:芸術鑑賞・散歩

ドラマ『アンサング・シンデレラ 第11話』のまとめ

第11話(最終話)では、葵みどりが違う病院に働き始めて、それまでの経緯を伏せる事によって『なぜ辞めてしまったのだろうか?』と興味を惹きつける内容でした。

しかし、最終回なんですから、治験の経緯や終わった後に何があったのか?それをしっかりと描いて欲しかったなと思ってしまいましたね。

このドラマは、最後の最後まで『薬剤師がそんな事をするか?』という批判がつきまとってしまいましたが、そこはドラマなので仕方のない所だったかもしれません。

そして、動画配信『FOD』であれば、ドラマ『アンサング・シンデレラ 第1〜11話』を見る事ができます(2020年8月時点)。