ユリアが宇宙人と親しくなった経緯とは?映画『アトラクション 制圧』

映画『アトラクション 制圧』では、ロシア軍が地球に接近してきた宇宙船を撃墜してしまった事により大きな被害が出てしまいます。ところが、ロシア軍大尉の娘のユリアが宇宙人と親しくなってしまうので、その経緯について紹介しましょう。

映画『アトラクション 制圧』のキャスト

ロシアのSF映画『アトラクション 制圧』は、2017年に制作されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:フョードル・ボンダルチュク
  • 脚本:オレグ・マロビチュコ&アンドレイ・ゾロタレフ  

女優&男優

  • イリーナ・スタルシェンバウム
  • アレクサンドル・ペトロフ
  • リナル・ムハメトフ

映画『アトラクション 制圧』のストーリー

モスクワでは、隕石が観れるという事で、多くの学生たちが隕石がいつ来るのか待ちわびていました。しかし、ユリアだけは父親のレベデフから「高い所へ行ってしまえば、酔っ払いが来る場合もあるので行くな!」と反対されてしまうのです。

ユリアは「何よ!」と頭に来ますが、男友達のチョーマと電話をしてみたら「父親なら今出ていったから大丈夫さ」と誘われてしまって、出ていきました。

しかし、高い所で隕石を見ようとしたら、チョーマはユリアの女友達と二人で、部屋へ戻ってしまうのです。

その頃、ロシアの戦闘機が宇宙船を発見しますが、あまりの巨大さに危険と感じてミサイルを発射!宇宙船は墜落していきますが、その頃ユリアはビルの屋上で一人だけで待っていて、あわや宇宙船に激突する寸前でした。

しかし、ユリアの女友達は命を落としてしまったので、その敵討ちのために宇宙人を仕留めようとするのです。

ところが、ユリアは宇宙人に攻撃しようとしたら、高い所から落ちそうになります。そうしたら、何と!宇宙人がユリアを助けてくれたのです。はたして、宇宙人は何を目的に地球へ接近してきたのでしょうか?

『ユリアが宇宙人と親しくなった経緯』

ユリアの女友達は、撃墜された宇宙船に衝突してしまって亡くなってしまいました。しかし、ユリアは詳細を知らなかったので、宇宙人のせいで友達が失ったと思って、宇宙人に復讐しようとしたのです。

ところが、実際に会った宇宙人は、高い所から落ちそうになったユリアを助けてくれる優しい性格をしていました。命を助けてくれた恩義もあったので、ユリアは宇宙人の傷を直そうとして、次第に親しい関係になっていきます。

映画『アトラクション 制圧』と他の作品を比較

映画『アトラクション 制圧』では、ロシア軍が地球へ接近してきた宇宙船に攻撃してしまって、大きな被害を受けてしまいます。

それから、地球と宇宙の間で、激しく対立していきますが、映画『囚われた国家』ではアメリカ合衆国が宇宙人の傀儡国家(かいらいこっか)に成り下がってしまうのです。

多くのSF映画は宇宙人と戦う作品が多いのですが、囚われた国家では地球外生命体の支配下に置かれる所から始まっていて、斬新な内容になっています。しかし、迫力のあるアクションシーンは皆無に近いので、そこは要注意ですね。

www.akira-movies-drama.com

映画『アトラクション 制圧』のネットの評価

ロシア軍が、いきなり宇宙船を攻撃した事によって、大きな被害が出た事もあって、ネットでは「登場人物たちは、バカが多い」と不満気味の声があがっていました。

実際に宇宙船が地球へ接近してきたら、人類はどういった対応をすれば良いのか?考えさせられる内容になっています。

さらに、自分勝手に行動する若者が中心となって描かれている事について、辟易とした方もいました。この辺りは、年齢が若い時はルールを無視してしまう時があるので、人間の本質をついている映画と言えるでしょう。

参照元https://www.amazon.co.jp/

映画『アトラクション 制圧』のまとめ

ロシアのSF映画なので、ハリウッド映画に比べたら迫力が欠けるかなと思っていましたが、実際に見てみたら全く遜色のない内容になっていて驚きました。

しかし、よくよく調べてみたらソ連SF映画は古いもので、決してアメリカ合衆国に劣るものではありませんでした。しかし、ソ連からロシアへ変わっていき、長い間に渡って不景気に陥っていたので、あまり迫力のあるSF映画を作れなかったようです。

それを考えたら、いよいよ迫力のあるロシアのSF映画が復活したという事なのでしょう。ぜひとも、日本の映画もロシア映画に負けないものを作って欲しいものですね。

動画配信『U-NEXT』であれば、映画『アトラクション 制圧』まで見る事ができます(2020年9月時点)。