朝倉義景が上洛しなくても織田信長に従わなかった理由|麒麟がくる 第25回

明智光秀像

大河ドラマ麒麟がくる 第25回 』では、朝倉義景がハッキリとしない態度を取ってしまいます。史実では、朝倉義景は上洛する事はなかったのですが、それでも織田信長には従わなかったので、その理由について詳しく紹介しましょう。

大河ドラマ麒麟がくる』シリーズを見られる動画配信

麒麟がくるシリーズは、動画配信U-NEXTで見る事ができます。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『麒麟がくるシリーズ』を 2日間は見る事ができます(2020年6月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

大河ドラマ麒麟がくる 第25回』のキャスト

大河ドラマ麒麟がくる 第回』は、2020年9月27日に放送されました。

脚本&語り

女優&男優

大河ドラマ麒麟がくる 第回』に出演する俳優や女優さんたちです。

明智
朝廷
将軍家
織田家
その他

大河ドラマ麒麟がくる 第25回』のストーリー

覚慶が還俗して足利義昭と名乗りましたが、越前の敦賀のとどめ置かれてしまって、細川藤孝は「朝倉殿は上洛する気があるのかないのか?」と不満を漏らしてしまうのです。

朝倉義景がハッキリとしない中で、織田信長がついに斎藤義竜を追放して、美濃を統一していました。明智光秀は、美濃に入って、屋敷を守っていた藤田伝吾と話し合いますが、そこで斎藤龍興は家臣の心が離れていた事を知ります。

明智光秀は、いよいよ織田信長に謁見したら「光秀、わしに仕えぬか?良ければ神輿(足利義昭)をかついでもよいぞ」と言われてしまいます。

明智光秀は『どうしたものか』と悩んでしまいますが、久しぶりに足利義昭に再会します。

今まで将軍の器ではないと思っていた人物でしたが、足利義昭から「今までのワシでは弱い者たちを助けられなかったが、将軍になれば変わってくるかもしれん」と言われます。

明智光秀は『もしかしたら将軍の器かもしれない』と考え直しますが、朝倉家では将軍のために京の都へ上洛する事に反対する者もいました。はたして、足利義昭は将軍になれるのでしょうか?

朝倉義景は上洛しなくても織田信長に従わなかった理由』

朝倉義景は、京の都へ上洛しなくても、最後の最後まで織田信長に従う事はありませんでした。結局の所、何をしたいのか分かりづらいのが、朝倉義景への評価として残っています。

朝倉義景は、天下に号令するほどの野心はなくて、京の都へ軍を出撃するほどの度胸もありませんでした。しかし、織田信長に従わなかったのは『織田家よりも朝倉家のほうが家柄としては上だから』というプライドがあったからです。

しかし、そのプライドのせいで、後に浅井家を不幸のどん底へ突き落として、畿内に騒乱をもたらせる事になります。  

大河ドラマ麒麟がくる 第25回』のまとめ

織田信長がついに美濃を統一しますが、稲葉良通がタダのアホのように描かれていて、この辺りはひどい描き方をしているなと思ってしまいましたね。まぁ、主君をコロコロと変えてしまうので、仕方のない所かもしれません。

そして、足利義昭が弱い者のために立ち上がろうとしますが、史実では野心の多い男で織田信長を袂を分かつ事になります。

この後は、どのようにして織田信長と衝突していくのか?興味深い所ではありますね。