親戚の叔母が清太たちに辛く当たってしまう原因とは?映画『火垂るの墓』

映画『火垂るの墓』では、親戚の叔母が清太たちを引き取りますが、辛く当たってしまいます。なぜ、親戚なのに、そのような事をしたのか?検証してみました。

映画『火垂るの墓』のキャスト

映画『火垂るの墓』は、1988年4月16日に上映されました。

監督&脚本&原作

声優

  • 清太(声:辰巳努)親を失ってしまって、妹と二人で生きようとする少年
  • 節子(声:白石綾乃)清太の妹
  • 清太(声:志乃原良子0)清太と節子の母親
  • 親戚の叔母(声:山口朱美)清太たちにきつく当たる親戚

主題歌

映画『火垂るの墓』の主題歌は、アメリータ・ガリ=クルチさんの『埴生の宿』です。

映画『火垂るの墓』のストーリー

アメリカ合衆国は、日本本州に無差別爆撃を続けていて、多くの日本人を大量虐殺していました。多くの日本人は防空壕に逃げ込みますが、清太の母は空襲による火傷が元で、重症に陥ってしまって命を引き取ってしまうのです。

最後は、蛆虫がわいてしまうほど無残なものであり、清太はあまりの悲惨さに、妹に真実を伝えられないでいました。このままでは、兄弟一緒に飢え死にしてしまうので、親戚の叔母の家に厄介になろうとします。

当初こそ、叔母は同じ家族のように接していましたが、途中で自分の子供だけにまともなご飯を与えて、清太たちには雑炊を与えるようになったのです。

次第に叔母と清太たちは争うようになってしまったので、清太は二人だけで生きていこうと考えて家を飛び出してしまいます。清太は妹を生かすためには、盗みや詐欺でも行って、懸命に生きようとしました。

しかし、周りの大人たちは冷たくあしらわれてしまって、妹の容態は悪くなる一方でした。はたして、清太は妹を救う事ができるのでしょうか?

『親戚の叔母が清太たちに辛く当たってしまう原因』

親戚の家では、清太たちの米のお陰で、最初はマトモな食事にありつける事ができます。しかし、それについて恩着せがましい態度や口調が出てしまう場面があり、この辺りで叔母も『面倒を見てやっているのに』と感情が悪くなっていったのでしょう。

しかも、叔母が家事をしていても、それに感謝するそぶりをするシーンも少なかったので、この辺りも叔母と関係を悪くした一因と考えられます。

映画『火垂るの墓』と他の作品を比較

戦時中の悲惨な内容ばかりがメインになっている『火垂るの墓』に比べて、映画『おもいでぽろぽろ』は、戦後の復興を成し遂げた日本の時代に、農村に向かう女性の話がメインになっています。

おもいでぽろぽろも辛い所はありますが、それは戦時中の辛さに比べたら、どれほど可愛いものか?見比べてみたら良く分かります。しかし、この2つの作品を見る事によって、日本人の生活がいかに向上したのか、よく分かる内容になっています。 

映画『火垂るの墓』のまとめ

ジブリ映画の中で、唯一、辛くなる作品が『火垂るの墓』です。なぜ、これほど辛くなってしまう映画を作ったのか?それは多くのジブリファンたちの間でも論争になってしまうほどです。

反戦映画を作りたかったのか?それとも辛い中でも、兄弟の絆だけは崩れなかった人間愛を主張したかったのか?その見極めは難しい所ですが、戦時中の日本人がいかに苦しんだのか分かる映画になっています。

そして、苦しい時になったら、親戚は全くアテにならない所も描かれていますが、これは『はだしのゲン』でも似たようなシーンがありました。このような内容を見たら、戦争がいかに人間を苦しめるのか、よく分かりますね。