映画『紅の豚』のイタリアの反応を紹介!意外にも好評?

ジブリ映画『紅の豚』では、イタリアが舞台となる物語で、豚になってしまった空軍のエースがカッコよく生きるとは、どのようなものかを行動で示すアニメです。そこで、イタリアでは、どのような反応だったのか?詳しく紹介します。

映画『紅の豚』のキャスト

ジブリ映画『紅の豚』は、1992年7月18日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • ポルコ・ロッソ(声:森山周一郎)豚になってしまった男
  • マダム・ジーナ(声:加藤登紀子)ポルコ・ロッソとは旧知の仲
  • フィオ・ピッコロ(声:岡村明美)ポルコの飛空挺を修理する人物
  • ドナルド・カーチス(声:大塚明夫)空賊連合の用心棒 

主題歌

ジブリ映画『紅の豚』の主題歌は、 加藤登紀子さんの『さくらんぼの実る頃』です。 

映画『紅の豚』のストーリー

真っ赤に染まった飛空挺に乗ったポルコは、元はイタリア空軍のエースでしたが、今はなぜか豚の姿になって賞金を稼ぐ毎日を送っていました。

そんなポルコには、誰も心を寄せ無いものと思われましたが、ホテル『アドリアーノ』を経営している美しい女性のジーナは、密かにポルコの事を想い続けていたのです。

ポルコは、ジーナのホテルへ行きますが、そこで空賊連合の用心棒のカーチスと出会います。お互いに空に生きる者として、何か思う所があったのか、二人はお互いを意識してしまいます。

ところが、翌日になってポルコは飛行機に乗っていたら、機械の調子が悪くなっていたのです。そこへ運が悪い事に、カーチスと遭遇してしまって、撃墜されてしまうのです。

それでも、ピッコロによって、カーチスの飛行機は修理されました。しかし、ポルコを狙うものは、カーチスだけではなくて、秘密警察や軍も狙っていたのです。

なぜなら、ポルコは当時のファシスト政権に力を貸すつもりがなかったからです。ジーナは今まで多くの飛行機乗りの男を失ってきましたが、今度はポルコまで失ってしまう事になるのでしょうか?

紅の豚のイタリアの反応』

飛行機乗りのポルコが豚になっているので、イタリアでは『なんだ、このアニメは?ふざけるな!』という評価が多いのかと思ったら、意外と好評なのです。

なぜなら、イタリアの景色を美しく描いていて、空に生きる男のロマンをしっかりと描いてくれたからです。さらに、ファシスト政権によって国が大きく揺れ動いてしまった過去を、しっかりと描いてくれていて、イタリアの人たちから好評でした。

今まで、イタリアでは『アニメは子供が見るもの』という考え方をしている方が多かったようですが『日本のアニメは子供だけではなくて、大人も一緒に楽しめる』と喜ばれていたのです。

実際に、イタリア国内での『紅の豚』の収益は32万1,823ドルにも達したのです(参照元https://www.cinematoday.jp/news/N0029737

映画『紅の豚』と他の作品を比較

映画『紅の豚』では、人間以上にカッコいい豚が飛行機に乗って、空に生きようとします。

それに引き換え千と千尋の神隠し』では、千尋の両親が意地汚い感じになって、神々に用意された料理を勝手に食べてしまって、汚い感じの豚に変わってしまいます。

同じジブリ映画でも、これほど違う形で豚が描かれてしまうのかと考えさせられてしまいます。もし、その違いをしっかりと見てみたい方は『紅の豚』だけではなくて『千と千尋の神隠し』も見ておく事をおすすめします。

映画『紅の豚』のグッズ

ジブリ映画『紅の豚』のグッズがいくつか販売されていたので、詳しく紹介します(2020年10月時点)。

陶器製のオルゴール

陶器で作られたポルコのオルゴールで、曲名は『さくらんぼの実るころ』です。インテリアとしても、良いアクセントになっているので、ポルコ好きの方にはたまらない商品になっています。

メタルカードケース

紅の豚らしく、真紅に染まった『メタルカードケース』で、名刺で重宝している方がいるほどです。男性にはどうかなという意見もあるようですが、女性に好まれやすいデザインになっているので、色々な場面で使えるカードケースになています。

トートバッグ

紅の豚に関連するものがいくつも描かれている『トートバッグ』も販売されていて、少しカラフルな感じに仕上がっています。しかし、全体的に紺色のデザインになっているので、まとまっている感じのトートバッグです。

サイズは、H40×W35×D11.5cmになっているので、買い物のエコバッグにも重宝できるでしょう。

映画『紅の豚』のまとめ

紅の豚は、日本だけではなくイタリアでも好評だったようですが、自分が見た感じでは『豚じゃなぁ、かっこよくないよな』というのが率直な感想ですね。

カッコいいというのは、こういう事さ……とPRされていましたが、あまりにもカッコよくない顔をしている豚なので、あまり感情移入できない作品になっていました。

飛行機乗りに興味がある方や、イタリアの風景が好きな方にはオススメの作品ではあるので、そこは好みの分かれる所でしょう。