怜役の吉谷彩子がパティシエになる?ドラマ『スーツ2 第10話』

f:id:akira2013web:20200901033602p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/SUITS2/

ドラマ『SUITS/スーツ2 第10話』では、怜(演:吉谷彩子)が幼馴染の鈴木大貴を動揺させてしまいますが、実は、吉谷彩子さんはパティシエ役を熱演した事もあるので詳しく解説しましょう。

ドラマ『SUITS/スーツ2』のキャスト

日本の弁護士ドラマ『SUITS/スーツ2』は、2020年4月13日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

  • 脚本:小峯裕之
  • 演出:平野眞・森脇智延・星野和成

女優&男優&声優

主題歌

ドラマ『SUITS/スーツ2』の主題歌は、B'zの『WOLF』です。

 

ドラマ『SUITS/スーツ2』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『SUITS/スーツ2』の前作となる『SUITS/スーツ』の全話のストーリー・キャスト・見所などを見る事ができます。

ドラマ『SUITS/スーツ2 第10話』のストーリー

幸村・上杉法律事務所の代表選は、蟹江貢に寝返りによって、幸村チカは上杉一志に負けてしまいます。これによって、代表は上杉一志となり、代表選で味方をした弁護士は厚遇して、幸村派を冷遇し始めます。

甲斐正午は、何とか風向きを変えようとしますが、頼みの綱の鈴木大貴は祖母を亡くしたばかりで葬儀に参列しなければいけませんでした。

しかし、葬儀が終わったので、ようやく鈴木大貴が甲斐正午と共闘できるようになります。そこで、上杉一志が書類を偽造して、甲斐正午に罪をなすりつけようとしている事に気付きました。

甲斐正午たちは、上杉一志を再び追い出そうとしますが、書類を偽造したという証拠がありません。そんな時に、蟹江貢が甲斐正午から薬物の匂いがしてきたので、検査を受けるように迫ります。

ところが、甲斐正午は検査を受ける事を拒絶してしまうのです!はたして、甲斐正午は何を考えているのでしょうか?

『怜役の吉谷彩子がパティシエを熱演』

f:id:akira2013web:20201009184335p:plain

出典:https://mantan-web.jp/article/20191102dog00m200029000c.html

スーツ2では、吉谷彩子さんは鈴木大貴の幼馴染であり元恋人の怜を演じていました。少し男心を弄んでしまう所がありますが、そんな役を演じていた吉谷彩子さんは、ドラマ『グランメゾン東京』で、気の強いパティシエを熱演していました。

役柄としては正反対な感じですが、厳しい食の世界で奮闘する姿は、食の世界に生きていない方でも色々と考えさせてくれます。

癒し系の役柄が多い吉谷彩子さんですが、このドラマでは憎まれ役なので、今まで見た事がない吉谷彩子さんを見られるので必見です。

ドラマ『SUITS/スーツ2』を見られる動画配信

織田裕二さん・中島裕翔さんW主演のドラマ『SUITS/スーツ2 第1〜13話』は、動画配信『FOD PREMIUM』に入会すれば見る事ができます。

FODプレミアムの月額料金は888円(税別価格)になりますが、新規登録であれば、2週間以内に解約した場合には、888円はかかりません。

ドラマ『SUITS/スーツ2 第10話』のまとめ

第10話では、ついに上杉一志が代表となって、見返り人事と報復人事を行っていきます。これを見ていたら、自民党の総裁選でも同じような事が行われているなぁとしみじみと感じてしまいます。

少し話は脱線してしまいましたが、今まで鈴木大貴の恋人候補は聖澤真琴だけでしたが、そこに怜も本格的に加わってきたので、今後は三角関係になってきて目が離せなくなってきましたね。