綿貫紗江(観月ありさ)が原告の説明会を延期した魂胆!ドラマ『スーツ2 第14話』

f:id:akira2013web:20200901033602p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/SUITS2/

ドラマ『SUITS/スーツ2 第14話』では、甲斐正午たちが原告団の説明会に出席しようとしたら、そこには誰もいませんでした。実は、この説明会の延期には、綿貫紗江(演:観月ありさ)が関係していたので、延期をした魂胆について解説しましょう。

ドラマ『SUITS/スーツ2』のキャスト

日本の弁護士ドラマ『SUITS/スーツ2』は、2020年4月13日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

  • 脚本:小峯裕之
  • 演出:平野眞・森脇智延・星野和成

女優&男優&声優

主題歌

ドラマ『SUITS/スーツ2』の主題歌は、B'zの『WOLF』です。

ドラマ『SUITS/スーツ2』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『SUITS/スーツ2』の前作となる『SUITS/スーツ』の全話のストーリー・キャスト・見所などを見る事ができます。

ドラマ『SUITS/スーツ2 第14話』のストーリー

上杉一志はチカから追放される時に、過去で起きた不祥事は口外しない事を約束するために契約書にサインをしました。それは、上杉一志を1日も早く追放するための苦肉の策でした。

ところが、上杉一志はそれを逆手に取って、かつて自分と一緒に不倫をした尾形万智子が解雇された事について、不当解雇だと訴える事にしたのです。

幸村・上杉法律事務所は、過去の不祥事について口外できないので、不倫や横領をしたので解雇したとは主張できないので、苦戦をしいられてしまいます。

そんな状況で、上杉一志は幸村・上杉法律事務所へ訪れた所で、玉井伽耶子から「あなたが書類を偽造したんですね?」と過去の事を責められて、2回もビンタされてしまうのです。

ツラの皮が厚い上杉一志は、そんな事は気にもとめず、幸村チカたちと会って「私にとって尾形万智子なんてどうでもいい!君らが小さな案件にてこずっている間に、フォルサム食品案件で、戦えるように準備を万端にしていた」と本性を現します。

人を犠牲にする事を、何とも思わない上杉一志を再び負かす事はできるのでしょうか?

『綿貫紗江(観月ありさ)が原告の説明会を延期した魂胆』

第14話では、幸村チカが外国語で電話をしていましたが、この時はすでに世界3大ファームのひとつである『ダービー総合法律事務所』から力を借りるためでした。

ダービー総合法律事務所の担当 綿貫紗江(演:観月ありさ)がやってきますが、彼女によって説明会は延期されてしまったのです。

なぜ、説明会を延期したのかと言えば、この仕事に手を貸す代わりに幸村・上杉法律事務所を合併しようとしたからでしょう。

さらに綿貫紗江は、甲斐正午の元恋人だったので、この仕事で恩を売る代わりに復縁を迫りたかったのでしょう。そのためには、まずは説明会を延期させて、甲斐正午たちだけで裁判を有利にさせたくなかった可能性が極めて高かったと考えられます。

ドラマ『SUITS/スーツ2』を見られる動画配信

織田裕二さん・中島裕翔さんW主演のドラマ『SUITS/スーツ2 第1〜13話』は、動画配信『FOD PREMIUM』に入会すれば見る事ができます。

FODプレミアムの月額料金は888円(税別価格)になりますが、新規登録であれば、2週間以内に解約した場合には、888円はかかりません。

ドラマ『SUITS/スーツ2 第14話』のまとめ

第14話では、 上杉一志役の吉田鋼太郎さんが二回もビンタされる所が面白くて仕方なかったですね。

上杉一志は、1回ビンタされたにも関わらず、ひるむ事もなく「本当に甲斐くんを愛していたんだ……」と言い終わる途中で、さらにもう1回ビンタされてしまって、爆笑してしまいましたね。

『えぇ!そこでもう1回ビンタされるの?』と思ってしまって、何回も繰り返して見てしまいました。

今回は上杉一志が「君らが勝とうが負けようがどうだって良い!私は君らがもがき苦しむのを見たいだけだ。君らの血を搾り取ってやるからな」とまで言い切ってしまいます。

ここまで悪役に徹するキャラクターがいると、否応なしに次回が気になる所ですが、次はいよいよ最終回ですね。どうなっていくのか期待したい所です。