風間俊や松崎海の取り壊し反対運動が実現した話?映画『コクリコ坂から』

映画『コクリコ坂から』では、風間俊や松崎海たちが校舎の取り壊し反対運動を行いますが、このような事は実現可能なのでしょうか?実は、学生が他の学校の取り壊しを反対して、多くの支援者が出た事があるので、詳しく解説しましょう。

映画『コクリコ坂から』のキャスト

ジブリ映画『コクリコ坂から』は、2011年7月16日に上映されました。

監督&脚本&原作

声優

主題歌

映画『コクリコ坂』の主題歌は、手嶌葵さんの『さよならの夏 〜コクリコ坂から〜』です。

映画『コクリコ坂から』のストーリー

昭和38年の頃、松崎 海は海辺が見えるコクリコ荘で働いていて、ここには画家を目指す美大生や、女医たちがいて賑やかな場所でした。

そんな松崎 海は、いつも欠かせない事があって、それが旗を掲げる事でした。この旗は、戦争で亡くなった父の事を想って行っていたのです。ところが、学校の新聞で『いつも旗を掲げている少女がいる』と書かれてしまいました。

松崎 海は『まさか、自分の事ではないか』と希望に胸をいっぱいにしますが、学校では古くなったカルチェラタン棟を取り壊されそうとする動きが活発化していたのです。

風間 俊は、カルチェラタンを守ろうとしていてい、学校の新聞でも大きく取り上げられるようになります。松崎 海は、次第に、風間 俊に惹かれるようになり、二人は恋人同然のように親しくなっていきます。

ところが、風間 俊に自分の父親の写真を見せたら、態度が急変してしまいます。

松崎 海は、その態度に納得ができず「嫌いになったのなら、ハッキリそう言って」と問い詰めたら「お前の父は、俺の本当の父親なんだ。俺たちは兄弟なんだ」と打ち明けられます。

衝撃的な現実を知った松崎 海は「どうすればいいの」と打ちのめされますが、二人の関係はどうなってしまうのでしょうか?

『風間俊や松崎海の取り壊し反対運動が実現した話?』

風間俊や松崎海たちは、部室として使われていた『カルチェラタン棟』の取り壊しに反対しようとしました。

現実では実現不可能な話のように思うかもしれませんが、島根県津和野町に住む中学一年生の男子が、母校の小学校の取り壊し反対に立ち上がったのです!

この運動に立ち上がった鈴木智也さんは、地域に人たち協力しあって、空家の改修費を『READYFOR』に出してもらうように働きかけて、多くの移住者を呼び込んで、学校が廃校にならないように取り組んでいます。

多くの学校が廃校になってしまう原因は、生徒数の減少なので、このような取り組みは画期的と言えるでしょう。それを中学生の鈴木智也さんの努力がキッカケで動き出したのだから、たいしたものです。

このような話を聞いたら、風間俊や松崎海たちの運動も非現実的とは言えないでしょう。

参照元https://greenz.jp/2014/12/03/sabumies/

映画『コクリコ坂から』と他の作品を比較

ジブリ映画『コクリコ坂』では、学生同士が禁断の恋をしようとしますが『耳をすませば』でも、学生同士の恋愛が描かれています。

耳をすませばでは、禁断の恋という訳ではありませんが、天沢聖司が、本を読む事が好きな女子 月島雫に恋をしていきます。彼女に振り向いてもらうために、図書館で多くの本を読んで、借りた人間の名前を書く所に、自分の名前を書いていきました。

二人は、最初は上手く会話があいませんが、少しずつ二人の関係が親密になっていくのは、アニメ映画であってもラブストーリーが好きな方であれば満足できる可能性が高いでしょう。

www.akira-movies-drama.com

映画『コクリコ坂から』のグッズ

ジブリ映画『コクリコ坂から』では、いくつかグッズが販売されているので、紹介しましょう。

うちわ&ファイル

コクリコ坂からに登場する恋人同士が、うちわとなって登場しています。

さらに、クリアファイルもセットになっているので、 値段は高めですが、ファンの方であれば購入してみるのも悪くはないでしょう。

縁結びのお守り

縁結びのお守りが、青色とピンク色の2種類セットで販売されています。お守りには『コクリコ坂から』が描かれているので、恋人同士の方で、コクリコ坂からが好きな場合には、オススメのグッズですね。

映画『コクリコ坂から』のまとめ

コクリコ坂からでは、二人がメロドラマのような関係に陥ってしまいますが、耳をすませばに比べたら、少しクオリティが低いかなと想ってしまいます。

やはり、時代がだいぶ違っているので、あまり感情移入できないんですよね。

昭和30年代を学生として生きていた方であれば、事情は異なるかと思いますが、そのあたりは個人差の分かれるアニメ映画と言えます。

そして大人が、若者を褒め称えるように大声で喋るシーンがありましたが、あれも少しわざとらしい言い方で『ちょっとなぁ』と思う所でした。

それでも、学校の新聞で、二人が知り合うというのは、今までにないケースだったので、そこだけは良かったと思えます。