岩崎麗子役の純名りさが味わった女性としての屈辱!ドラマ『相棒 シーズン1 第1話』

ドラマ『相棒 シーズン1 第1話』では、岩崎麗子(演:純名りさ)が、女性として最大級の屈辱を味わってしまうので、詳しく解説しましょう。

ドラマ『相棒 シーズン1 第1話』のキャスト

f:id:akira2013web:20201024213716p:plain

出典:https://www.videopass.jp/series/9163

刑事ドラマ『相棒 シーズン1 第話』は、2002年10月9日〜12月25日の間に放送されました。

プロデューサー

女優&男優&声優

  • 杉下右京(演:水谷豊)特命係の警部補
  • 亀山薫(演:寺脇康文)犯人に捕まってしまったドジな刑事
  • 宮部たまき(演:益戸育江杉下右京の元妻にして、料亭『花の里』の初代女将
  • 奥寺美和子(演:鈴木砂羽亀山薫の恋人で、帝都新聞の記者
  • 内村完爾(演:片桐竜次)警視庁の刑事部
  • 中園照生(演:小野了)内村完爾の側近
  • 伊丹憲一(演:川原和久)亀山薫を毛嫌いする刑事
  • 室谷(演:大谷亮介)タカ派の刑事として知られる人物
  • 米沢(演:六角精児)オタクっぽい監察医
  • ダイナマイト男(演:泉谷しげる)ダイナマイトで警視庁に乱入する男
  • 岩崎麗子(演:純名りさ)帝陽物産の秘書室次長
  • 三木英輔(演:矢島健一)帝陽物産の社員で溺れ死んだ人物
  • 篠塚敬一(演:中村育二)三木英輔の同僚
  • 平沼惣一郎(演:浜田晃)帝陽物産の社長
  • 佐々木(演:大津弥生)帝陽物産の受付嬢

ドラマ『相棒 シーズン1』の前作

www.akira-movies-drama.com

上の内部リンクをクリックしたら、刑事ドラマ『相棒 シーズン1』の前作『相棒 pre season』全話のストーリー・キャスト・見所・豆知識などを見る事ができます。

ドラマ『相棒 シーズン1 第1話』のストーリー

亀山薫は、ダイナマイト男に脅されてしまって、警視庁の乱入を許してしまいます。またしても亀山薫は、人質にされてしまって、上司や同僚たちも『あのバカは』と呆れかえってしまいました。

上司たちは、密かに狙撃班を派遣しますが、そんな時に、奥寺美和子が恋人の亀山薫に電話をかけてきて「犯人に取材させて」と頼み込んできたのです。

亀山薫は「バカかお前は!」と取り次ごうしたなかったのですが、意外にもダイナマイト男はノリノリで取材に応じてくれました。

そこへ杉下右京が、ゆっくりと部屋に入ってきて「タバコでも、どうですか?」と優しい言葉をかけて、油断した所で犯人を捕まえたのです。しかし、上司たちは「勝手な事をするな!」と特命係の二人に激怒したのです。

亀山薫は、すっかりスネてしまって、翌日は出勤せずにデパートでさぼろうとしていました。そんな時に、トイレへかけこんできた三木英輔が紙袋を置いていったので『あれ?忘れちゃっているぞ』と気にしてしまいます。

ところが、その三木英輔が後日、水の中で溺れ死んでしまったのです。杉下右京は、どうも事故のようには思えず、捜査しようとしますが、なぜ溺れ死んでしまったのでしょうか?

『岩崎麗子役の純名りさが味わった女性としての屈辱』

岩崎麗子役の純名りささんは、恋人との間に赤ちゃんを身ごもる役を演じていました。ところが、恋人から赤ちゃんを堕ろすように求められてしまって、体の中を器具でかきまぜられる屈辱を味わう役をします。

これは、女性として最高の幸せを一瞬のうちに殺されてしまうだけではなくて、大事な部分を知らない医師に挿入されて、かきまぜられてしまうので、女性としては最大級の屈辱と言えるでしょう。

相棒のドラマで、その事が女性にとって、いかに辛い事か迫真の演技で見せてくれたので、男の自分としては色々と考えさせられるものがありました(実際の映像が流れた訳ではなくて、過去にこういう事があったと涙ながらに語る演技)。 

ドラマ『相棒 pre season 第1話』のまとめ

シーズン1の第1話から、岩崎麗子(演:純名りさ)が思い切った発言をしてきたので、仰天してしまいました。それにしても、今まで女優さんとばかり思っていた純名りささんが歌手としても活躍しているとは、今更ながら知りました。

凄く優しそうな歌声で癒されますね。

そして、シーズン1でも亀山薫が犯人に捕まってしまって『また捕まったんかい!』と突っ込みたくなる内容でした。上司や恋人から呆れられてしまいますが、無理もないですね(苦笑)。