織田信長が京の都から岐阜に戻る理由は3つある?麒麟がくる 第29回

明智光秀像

大河ドラマ麒麟がくる 第29回 』でも、織田信長は京都から岐阜へ戻ってしまいます。京の都では、幕臣や寺院が暗躍していたのに、なぜ岐阜へ何回も引き返してしまうのでしょうか?それには3つの理由があったので、詳しく解説しましょう。

大河ドラマ麒麟がくる』シリーズを見られる動画配信

麒麟がくるシリーズは、動画配信U-NEXTで見る事ができます。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『麒麟がくるシリーズ』を 2日間は見る事ができます(2020年10月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

大河ドラマ麒麟がくる 第29回』のキャスト

大河ドラマ麒麟がくる 第回』は、2020年10月25日に放送されました。

脚本&語り

女優&男優

大河ドラマ麒麟がくる 第回』に出演する俳優や女優さんたちです。

明智
朝廷
将軍家
織田家
その他

大河ドラマ麒麟がくる 第29回』のストーリー

織田信長は、かなり強引な手法で京の都を変えようとしていたので、寺院の者たちは足利義昭に「何とかしてくだされ』と頭をさげてきます。

足利義昭は、織田信長に気づかれないように、寺院に力を貸す事を約束しました。ところが、寺院に力添えしていたのが、幕臣摂津晴門でした。

摂津晴門は、自分のふところに金を収めるために、寺院の者たちに力を貸してあげたのです。

明智光秀は、京の都で幕府がいかに腐りきっているのか痛感してしまって、織田信長に謁見して、その事を伝えようとします。ところが、織田信長は以前から幕府が腐りきっている事を熟知していました。

そして、織田信長は「かつて父が、幕府は帝を守れないので、わしが帝を守らなくてはならぬと言って、帝の屋敷の修理をするために4000貫もの大金をあげた」と笑い飛ばします。

明智光秀は、そんな織田信長の姿を見て、伊呂波太夫から「帝がいかに苦しい想いをしていたのか」という話をしたのを思いだしてしまうのです。そして、いよいよ二条城が完成しますが、これで京の都に太平の世が戻るのでしょうか?

織田信長が京都から岐阜に戻る理由は3つある?』

織田信長が、何度も京の都へ戻ってしまいますが、それには3つの理由が挙げられます。

東に睨みを効かせるため

東には、甲斐・信濃を占領していた武田信玄が控えていたので、いつ西進してくるのか分からなかったので、岐阜にいて東に睨みを効かせる必要がありました。

実際に、武田信玄は領地拡大のためであれば、親戚とも言える諏訪家や今川家を滅ぼしていくので、織田信長武田信玄を警戒するのは当然でしょう。

朝倉討伐の準備

越前の朝倉義景は、織田家を下に見ていたので『あんな成り上がり者に従えるか』と反抗的な態度を取っていました。そのため、このまま朝倉家を見逃す訳にはいかないので、岐阜に戻って朝倉討伐の準備をする必要がありました。

京の都の反乱分子をあぶり出すため

織田信長は、深謀遠慮に長けている所があったので、あえて京の都から離れて、反乱分子の幕臣や寺院が反抗する機会を待っていた可能性もあります。

朝倉義景との挟撃をされる可能性もありましたが、織田信長は『朝倉義景は簡単に出陣できるような男ではない』と見抜いていたのでしょう。そのため、まずは京の都の反乱分子たちが自分にヤイバを向けて、討伐できる口実を作りたかったのかもしれません。

大河ドラマ麒麟がくる 第29回』のまとめ

織田信長が何度も岐阜へ引き返してしまうので、明智光秀木下藤吉郎たちの役目は重大だったと言えますね。

今では、明智光秀織田信長にハッキリと物を申せますが、今後はどのようにして主君との間で確執が起きていくのか?興味がそそられる所です。

そして、かつての主君の朝倉義景が討伐される時に、明智光秀がどのような事を主張するのか?そのあたりにも注目してみたいですね。