松井真由美(永井めぐみ)が殺害しないで済んだ方法!ドラマ『相棒 シーズン1 第2話』

ドラマ『相棒 シーズン1 第2話』では、松井真由美(永井めぐみ)が、猪口達也(演:林京介)を殺害してしまいますが、殺害しないで済む方法もあったと思うので詳しく解説しましょう。

ドラマ『相棒 シーズン1 第2話』のキャスト

f:id:akira2013web:20201024213716p:plain

出典:https://www.videopass.jp/series/9163

刑事ドラマ『相棒 シーズン1 第2話』は、2002年10月9日〜12月25日の間に放送されました。

プロデューサー

女優&男優&声優

  • 杉下右京(演:水谷豊)特命係の警部補
  • 亀山薫(演:寺脇康文)犯人に捕まってしまったドジな刑事
  • 宮部たまき(演:益戸育江杉下右京の元妻にして、料亭『花の里』の初代女将
  • 奥寺美和子(演:鈴木砂羽亀山薫の恋人で、帝都新聞の記者
  • 内村完爾(演:片桐竜次)警視庁の刑事部
  • 中園照生(演:小野了)内村完爾の側近
  • 伊丹憲一(演:川原和久)亀山薫を毛嫌いする刑事
  • 室谷(演:大谷亮介)タカ派の刑事として知られる人物
  • 米沢(演:六角精児)オタクっぽい監察医
  • 神林寿一朗(演:山本圭)妻の言動に困らされる国家公安員
  • 神林淳子(演:洞口依子)神林寿一朗の妻
  • 松井真由美(演:永井めぐみ)神林寿一朗の愛人
  • 猪口達也(演:林京介)行方不明になった人物

ドラマ『相棒 シーズン1』の前作

www.akira-movies-drama.com

上の内部リンクをクリックしたら、刑事ドラマ『相棒 シーズン1』の前作『相棒 pre season』全話のストーリー・キャスト・見所・豆知識などを見る事ができます。

ドラマ『相棒 シーズン1 第2話』のストーリー

亀山薫は、恋人の奥寺美和子と待ち合わせをしていましたが、いつまでたっても恋人が現れないので、イライラしていました。そんな時に、ふと外を眺めたら、何と!隣のビルの屋上から人が飛び降りようとしていたのです。

慌てて、警察に協力要請をしながら、ビルの屋上へ走って行ったら、女性は飛び降りるのを辞めていてしゃがみこんでいました。亀山薫は、ほっとしますが、飛び降りようとした女性から「私、人を殺しちゃったんです」と言われてしまいます。

これには、さすがの亀山薫も驚いて、女性が殺害したという車の所へ行きますが、そこには誰もいませんでした。

あとからやってきた伊丹憲一たちは、遺体がない事に呆れ果てますが、女性が国家公安員 神林寿一朗の妻である神林淳子と分かって驚いてしまうのです。

ところが、あとになって、夫の神林寿一朗は「あれは妻の妄言だった。すまなかったね、迷惑をかけて」と声をかけてきました。

しかし、杉下右京は殺害されたと言われた人物 猪口達也が行方不明になっている事や、車をあわててスクラップにした事などに不審を抱いて、極秘に捜査を続けようとします。はたして、遺体はどこへ行ったというのでしょうか?

『松井真由美(永井めぐみ)が殺害しないで済んだ方法』

松井真由美(永井めぐみ)が、心の病になって妄言をしてしまったのは、最初は夫の浮気が原因と思われていました。

しかし、捜査をしていくに従って、過去の男がガラの悪い奴で、彼女をゆするようになって、それが原因で心の病になった可能性が高かったのです。

柄の悪い猪口達也の要求はエスカレートしていくので、仕方なく松井真由美が殺害したと思われました。ところが、夫は「浮気をしても、本当に妻を愛していたんだ」とも言っていたのです。

そのような事を考えたら、夫に隠そうとしないで、早めのうちに夫へ相談していたら、殺害しないで解決する方法は十分にあったでしょう。

ドラマ『相棒 シーズン1 第2話』のまとめ

相棒 シーズン1 第2話では、殺害された遺体がなくなっていたので『これは、どういう事なんだろう?』と思っていましたが、その種明かしでは、随分と思い切った事をしたなぁと感心してしまいました。

最近では、浮気や不倫をする人間は相当叩かれてしまいますが、今回の夫のように妻を愛していても浮気をしてしまう人物は多いんでしょう。

しかし、浮気や不倫は最低なので、批判されても仕方ないでしょう。それでも、最近のネットのバッシングはやりすぎなので、もう週刊誌に踊らされる事もなく、当人同士の問題なので、第三者は口を挟まないほうが良いのかもしれませんね。