映画『かぐや姫の物語』翁と媼が静かな夫婦喧嘩?

ジブリ映画『かぐや姫の物語』では、仲の良かった翁と嫗が、静かな夫婦喧嘩を行ってしまうので、詳しく紹介しましょう。

映画『かぐや姫の物語』のキャスト

ジブリ映画『かぐや姫の物語』は、2013年11月23日に上映されました。

監督&脚本&原作

声優

主題歌

ジブリ映画『かぐや姫』の主題歌は、二階堂和美さんの『いのちの記憶』です。

映画『かぐや姫の物語』のストーリー

翁は、媼とささやかな夫婦生活を送っていましたが、年老いてしまって、家には子供がいませんでした。そんなある日、翁が竹林に入っていったら、タケノコからまばゆい光が見えてきたのです。

なんと!その光の中には可愛らしい姫がいて、家へ運んでいきます。老夫婦は、姫を育てていきますが、わずか半年で大人の女性へ成長していきました。

しかも、姫は誰からも教わっていない歌を知っていて、その歌をくちずさむと、なぜか涙が流れてしまうのです。

姫の気持ちとは裏腹に、翁は不思議な夢を見るようになって『姫は、きっと高貴な人と巡り合うために誕生したのだ』と考え始めます。姫は、斎部秋田から『かぐや姫』と名前をつけられて、いよいよ高貴な男たちに会う事になりました。

かぐや姫の美貌は有名になっていたので、高貴な男たちは『ぜひとも自分の妻に』と思いますが、5人の男たちは「それぞれ、ある物を持ってきたら良いでしょう」と言われるのです。はたして、かぐや姫の夫になれる者は、誰なのでしょうか?

『土屋太鳳がかぐや姫に?』

女優として活躍している土屋太鳳さんが、かぐや姫になってキレキレダンスのPVを完成させました。

土屋太鳳さんがキレキレダンスを披露する訳ではないのですが、和の美しさと、現代風のミステリアスな歌が、妙にマッチしていて必見です。

『翁と媼が静かな夫婦喧嘩』

翁と媼は、仲の良い夫婦でしたが、かぐや姫の教育を巡って、静かな火花を散らしてしまいいます。それは、翁がかぐや姫と高貴な男をくっつける事に躍起になりますが、嫗はかぐや姫が幸せであれば、高貴な男に嫁がなくて良いと思っていた事でした。

嫗が、夫に直接文句を言うシーンはありませんでしたが、顔の表情で夫に文句を言いたそうになってしまいます。この辺りを見ていたら、本当にかぐや姫を大事に思っていたのは嫗だっと言えるでしょう。

映画『かぐや姫の物語』と他の作品を比較

日本の有名な話を映画化したのが『かぐや姫』であれば、外国の有名な話を映画化したものもあって、それが『赤ずきんです。

赤ずきんは、子供に人気のある話ですが、それを大人が見ても楽しめる作品に変えました。そのため、今までにない赤ずきんを見たい方には、オススメの映画です。

www.akira-movies-drama.com

映画『かぐや姫の物語』のグッズ

ジブリ映画かぐや姫の物語』で、お香立てがグッズとして販売されています。

翁と姫が出会う瞬間を作られているので、ジブリファンだけではなくて、日本の昔話に興味がある方にも、オススメのグッズですね。

映画『かぐや姫の物語』のまとめ

ジブリ映画から、まさか『かぐや姫』が登場するとは驚きましたが、内容を見たら、全体的に、かぐや姫の内容を踏襲しているものです。そのため、あまり驚きとか新発見とかないのですが、少し小悪魔的な、かぐや姫を見られます。

少し、翁と嫗の関係がピリピリとしてしまいますが、その辺りは、嫗がもう少しだけ、かぐや姫を守ってあげて欲しかったですね。