四条さん(池田鉄洋)の娘が久朔満大を睨んだ理由を紹介!ドラマ『バベル九朔 第2話』

ドラマ『バベル九朔 第2話』では、なぜか四条さん(演:池田鉄洋)の娘が久朔満大を睨むので、その理由について紹介しましょう。

ドラマ『バベル九朔』のキャスト

f:id:akira2013web:20201025204929p:plain

出典:https://www.ntv.co.jp/babel/

ホラードラマ『バベル九朔』は、2020年10月20日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 久朔満大-5F(演:菊池風磨)赤い服を着た管理人
  • 後藤健-5F(演:高地優吾)久朔満大の同居人
  • 久朔勝(演:上地雄輔
  • 四条さん-4F(演:池田鉄洋)三流探偵
  • 千加子ママ-B1F(演:佐津川愛美)スナック『SNACKハンター』のママ
  • 双見くん-2F(演:前原滉)雑貨屋『ラブ&ピース』の店主
  • 市川さん-1F(演:アキラ100%レコード店『レコイチ』の店主
  • 蜜村さん-3F(演:村松利史)画廊『ギャラリー蜜』の店主
  • 青野楓(演:カラス女)周りを圧倒する人物
  • 白い服の少女(演:川上凛子)管理人を救おうとする不思議な少女

主題歌

ドラマ『バベル九朔』の主題歌は、Sexy Zoneの『NOT FOUND』です。

ドラマ『バベル九朔』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『バベル九朔』の全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見る事ができます。

ドラマ『バベル九朔 第2話』のストーリー

久朔満大は、不思議な空間で、四条さんが娘と一緒に幸せそうに歩いているのを目撃して屋上ではカラス女に首をしめられてしまいましたが、現実の世界へ戻ってこれました。

『あの世界は何だったのだろうか?』と困惑しながら、まさかと思いながら物置の部屋の扉をあけてみると、再び「バベル」という声が聞こえながら白い服に変わってしまいました。

そこで四条さんと再会する事ができますが「宝くじが当たったので、探偵を辞めて、娘と悠々自適に生活しようと思います」と教えられます。四条さんの娘が「もう探偵の看板はいらないでしょ?」と言われて、父は「そうだな」とアッサリと答えます。

久朔満大は、その看板を寂しそうに見ていたら、なぜか四条さんの娘に『ギラリ』と睨まれてしまうのです!

それに驚いてしまいますが、四条さんと別れた後に、白い服の少女が再び現れて「このバベルでは、人間の夢をエネルギーにしているの」と教えられます。

久朔満大は、四条さんがバベルに個人探偵の夢を食べられていると思って助けようとしますが、救い出す事はできるのでしょうか?

『四条さんの娘が久朔満大を睨んだ理由』

四条さんは、大手探偵事務所で働いていましたが、浮気の調査の仕事ばかりして、浮気を知った妻たちが泣いている姿を見て、だんだんと探偵の仕事に嫌気をさしてしまいます。

その姿を見た娘が「私はバイトをして学費をなんとかするから、パパの好きな仕事をして」と言われて、個人事務所を設立します。しかも、娘が個人探偵事務所の看板のキャッチコピーまで考えたのです。

最初は、久朔満大はその事情を知らなかったので、看板を捨てようとする時には『なんだか夢を諦めるのって寂しいな』と思ったぐらいだったのでしょう。

しかし、四条さんの娘は現実世界ですでに亡くなっていて、バベルの怪物が娘に化けていて、四条さんの夢を食べていました。

そのため、邪魔な看板も捨てたかったのに『このままでは、コイツ(久朔満大)が夢を食べ続ける事を邪魔するかもしれない』と思って、とっさにギラリと睨みつけてしまったのでしょう。

『四条さん役の池田鉄洋が出演した医療ドラマ』 

www.akira-movies-drama.comドラマ『バベル九朔』で、おちゃらけた探偵 四条さん役を演じていた池田鉄洋さんは、医療ドラマ『アンサング・シンデレラ』にも出演していました。

アンサング・シンデレラでは、冷血な薬剤師 七尾拓(演:池田鉄洋)として、瀬野章吾(演:田中圭)に何回も冷たい態度を取ってしまいます。

しかし、ラストシーンに迫っていくと、薬剤師の仲間を助けるために多くの関係者を説き伏せて大活躍します。

ドラマ『バベル九朔』を見られる動画配信

動画配信『Hulu』に入会すれば、ドラマ『バベル九朔 第1〜2話』を見る事ができます。

Huluの月額料金は933円(税別価格)になりますが、新規登録であれば、2週間以内に解約した場合には、933円はかかりません。

ドラマ『バベル九朔 第2話』のまとめ

第2話では、おちゃらけた四条さん(池田鉄洋)さんの意外な過去が発覚して驚かされましたね。少し娘との関係が破局してしまいますが、ホラードラマではありがちな設定とも言えます。

かつて、ホラードラマ『クロユリ団地』でも似たようなストーリーがありました。この辺りはホラードラマとして鉄板の進行とも言えますね。

それにしても、このドラマでは黒髪の女性が多く登場するので、黒髪女子が好きな自分にとっては癒されるホラードラマです。