屋敷蔵人(伊藤健太郎)の3つの行動が挫折から救う?映画『とんかつDJアゲ太郎』

映画『とんかつDJアゲ太郎』では、 屋敷蔵人(伊藤健太郎)が、勝又揚太郎(演:北村匠海)に厳しい態度を取ってしまいます。しかし、その3つの行動を見て、学ぶ事ができれば救われる可能性が高いので詳しく紹介しましょう。

映画『とんかつDJアゲ太郎』のキャスト

f:id:akira2013web:20201031043939p:plain

出典:https://wwws.warnerbros.co.jp/agaru-movie-tdajp/about.html

映画『とんかつDJアゲ太郎』は、2020年10月30日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:二宮健
  • 脚本:二宮健 

女優&男優

  • 勝又揚太郎(演:北村匠海山本舞香に恋をしてDJを目指す男
  • 服部苑子(演:山本舞香)DJが好きな美人女性
  • 屋敷蔵人(演:伊藤健太郎)カリスマ的な存在のDJ
  • 尾入伊織-DJオイリー(演:伊勢谷友介
  • 室満夫(演:加藤諒)旅館で、DJの練習場を提供する男性
  • 白井錠助(演:栗原類)薬局の三代目
  • 平積タカシ(演:前原滉)書店の三代目
  • 夏目球児(演:浅香航大)東横ネオン電飾の三代目
  • 勝又ころも(演:池間夏海)勝又揚太郎の妹
  • 勝又かつ代(演:片岡礼子)勝又揚太郎の母親
  • 勝又揚作(演:ブラザー・トム)勝又揚太郎の父親

主題歌

映画『とんかつDJアゲ太郎』の主題歌は、ブルーノ・マーズの『ラナウェイ・ベイビー』です。

映画『とんかつDJアゲ太郎』のストーリー

勝又揚太郎は、古ぼけた旅館のビルから、双眼鏡を使って、隣のビルにいる綺麗な女性を覗き見していました。そして、深いため息をついて「なんで、自分の世界には、あんな可愛い女の子がいないんだ」と嘆くのです。

そこへ仲間から「おい揚太郎、何しているんだよ。人生ゲームやろうぜぇ」とせまがれてしまっていたら、妹から電話がかかってきて、早くトンカツ屋に戻って仕事するように言われてしまいます。

仕方なく、両親が経営しているトンカツ屋に戻ったら、クラブの所でDJオイリーにトンカツを出前で届ける事になってしまいました。そしてスタッフから「よかったらクラブを見てみる?」と誘われて見る事になりました。

そうしたら、クラブには隣のビルにいた可愛い女の子 服部苑子がいたのです!そして、DJの音楽に合わせて踊る彼女の姿を見ていたら、自分も猛烈にDJになりたくてDJオイリーに「僕にDJを教えて下さい」とせがみます。

最初は反対していたDJオイリーでしたが、泊まる所がなかったので『コイツの世話をする振りをして泊めてもうらか』と悪巧みをして、適当にDJを教え始めます。はたして、こんな師匠のもとで、揚太郎は苑子を振り向かせられるDJになれるのでしょうか?

『屋敷蔵人(伊藤健太郎)の3つの行動が挫折から救う』

屋敷蔵人(伊藤健太郎)は、 勝又揚太郎に3回も厳しい態度に臨んでしまいますが、挫折から立ち直れない人間にとって、学べる所が多くありました。

独りよがりのDJぶりを批判

勝又揚太郎は、初ステージで観客をあまり見ないで、自分の好きなように音楽をかけてしまいます。そのため、途中で客の熱気が冷めていくのを気づかないで、音楽を続けてしまいました。

途中で、その事に気付いてパニックに陥ってしまい、音楽を止めてしまいます。そこで屋敷蔵人が急いでやってきて「独りよがりな行動は、DJに向いていないよ」と叱責されてしまうのです。

そして、屋敷蔵人が変わりにDJをして、すぐに観客たちの熱気が戻っていきました。この事から、自分が好きなようにやるのではなくて、周りの事を考えながら行動をするのがいかに大事なのか?よく分かるでしょう。

推薦者が窮地に陥った現状をさとす

DJオイリーは、最初は適当にDJを教えていましたが、やる気にみなぎっていた勝又揚太郎を見直して本気で教え込んでいきます。

そして、初ステージの舞台を勝又揚太郎に任せますが、そこで弟子が大失敗をしてしまうのです。

ステージが終わった後に、屋敷蔵人は勝又揚太郎に「これでDJオイリーはまずくなったね」と教えてきました。

人から任された時に、期待に応えられなかったら、推薦者の顔に泥を塗ってしまうので、その分のリスクは覚悟しなければいけません。

もしも、期待に応えられなかった時には、推薦してくれた人のメンツを取り戻してやるという意気込みを持って、次に望んだほうが良いでしょう。

静かに同じ戦場へ立つ

勝又揚太郎は、初ステージに負けた後に、第2ステージで見事なDJぶりを披露していきます。そこへあのカリスマ的な屋敷蔵人が、隣へ並んで、一緒にDJをしようとします。

誰もが、きつい事を言ってきた人間には身構えてしまいますが、勝又揚太郎は『今までの自分とは、違うものを見せてやる』と闘志を燃やしました。

この事から、ライバルや嫌いな人間から打ちのめされた時には、それを糧にして頑張れば、挫折から立ち直る事もできるでしょう。

とんかつDJアゲ太郎』は受難続きの映画?

とんかつDJアゲ太郎は、上映前から受難続きの映画でした。なぜなら、出演者の伊勢谷友介被告は覚醒剤の使用で逮捕されて、伊藤健太郎容疑者は車のひき逃げで逮捕されてしまいました(現在は釈放)。

スタッフ関係者から「もう勘弁してくれよ」という声もあがり、共演者の北村匠海さんは「無事に上映できて良かった」と胸をなでおろすほどでした。

そして、伊藤健太郎さんと仲が良いと言われている山本舞香さんは、マスコミの前でも気丈に振る舞って、なんとか『とんかつDJアゲ太郎』は無事に上映された訳です。

とんかつDJアゲ太郎』のパンフレット

とんかつDJアゲ太郎のパンフレットに書かれている内容を少しだけ紹介します。

初めてのクラブ入門

DJが、音楽をかける時のテクニックや機材の名前などが紹介されているので『DJは、どうやって音楽をかけるのか?』そのあたりの疑問を解決する事ができるパンフレットになっています。

この映画を見るまでは、DJのイメージといえば、レコードをこするテクニックばかりでしたが、その他にも多くのレコードを発掘したり、タイミングに合わせて音量を一気に上げたりして、その奥の深さに脱帽しました。

美味しいトンカツの揚げ方

DJの映画と言えども、トンカツとDJの共通点を面白おかしく描いた作品なので、パンフレットにはトンカツを美味しく作る方法が書かれています。材料の種類や使い方から、揚げる時の温度など細かく書かれていました。

そのため、トンカツを美味しく作ってみたい方は、一度でも良いので、目を通しておく事も悪くはないでしょう。

映画『とんかつDJアゲ太郎』と他の作品を比較

映画『とんかつDJアゲ太郎』で、主演として活躍していた北村匠海さんは『勝手にふるえてろ』 にも出演しています。

この映画では、オタク女子から『イチ』と言われて、何年も想われ続けてしまう男性でした。しかし、女性と再会した時に名前を覚えていなかったので、女性を落胆させてしまうのです。

その残酷なまでに冷たい結果になってしまう役を見事に演じていて『静』な演技でしたが、とんかつDJアゲ太郎ではエネルギッシュな役を演じていて『動』の演技をこなしていました。

二つの映画で『静』と『動』の役を分けて演じていましたが、今まで静のイメージが強かっただけに、今回の『とんかつDJアゲ太郎』で、今までのイメージを見事にくつがえすほどの役を演じきっていましたね。

www.akira-movies-drama.com

映画『とんかつDJアゲ太郎』のまとめ

映画館の予告で、とんかつとDJに共通点を見出す映画が流れていたので『へぇ、面白そうな映画だな、映画館で見たら音響システムも揃っているし、大音量のDJの音楽も聴けるな』と期待していました。

しかしです!重要な役を任されていた二人の出演者が逮捕されるという残念な結果になってしまいました。映画自体は凄く面白いのですが、やはり犯罪を行ってしまった俳優が登場するので、素直に感動できない所があるのも事実です。

この辺りは『作品にまで罪がない』という意見や『犯罪者が出演する作品を流すのはけしからん』という意見に分かれてしまって、映画ファンやドラマファンの難しい葛藤がある訳です。

それでも、とんかつ屋の三代目が、好きな女の子に振り向いてほしくてDJになろうとする所は『分かる!その気持ちは同じ男として分かるぞ』と感情移入してしまいました。

ただし、JPOPのヒット曲も流してくれる事を期待していたのですが、洋楽が多かったので、そこは残念でしたね。