佐々木 杏奈が湿っ地屋敷を知っていた理由とは?映画『思い出のマーニー』

ジブリ映画『思い出のマーニー』では、佐々木 杏奈が湿っ地屋敷を初めて訪れたにも関わらず「前から知っているような気がする」とつぶやいてしまいます。そこで、なぜ初めての屋敷なのに、以前から知っていたのか?考察してみました。

映画『思い出のマーニー』のキャスト

ジブリ映画『思い出のマーニー』は、2014年7月19日に上映されました。

監督&脚本&原作

声優

  • 佐々木 杏奈(声:高月彩良)内気な少女で周りに打ち解ける事ができない性格
  • マーニー(声:有村架純)大岩家の近くの屋敷に住む少女
  • 佐々木 頼子(声:松嶋菜々子)佐々木 杏奈の育ての親
  • 大岩 清正(声:寺島進)怖い話が好きなオジさん
  • 大岩 セツ(声:根岸季衣)大岩 清正の妻
  • 信子(声:頼経明子)佐々木 杏奈と口論してしまうポッチャリ女子

主題歌

ジブリ映画『思い出のマーニー』の主題歌は、プリシラ・アーンの『Fine On The Outside』です。 

映画『思い出のマーニー』のストーリー

佐々木 杏奈は、幼い頃に両親を失ってしまって、親戚の佐々木 頼子のもとで育てられますが、なかなか周りに打ち解ける事ができずに心を閉ざす毎日を送っていました。

そのため、佐々木 頼子は『学校でも孤独になっているのではないか?』と心配になってしまい、自分の親戚にあたる大岩清正・セツ夫妻のもとでしばらく住んでみない?と提案します。

仕方なく佐々木 杏奈は、大岩清正・セツ夫妻のもとで暮らし始めますが、近くの入江で不思議な湿っ地屋敷を発見したのです。ところが、初めて見たハズなのに、以前にも見た事が気がしました。

それからというもの、佐々木 杏奈は何度も湿っ地屋敷の夢を見てしまって、そこに金髪の少女を何回も見かけてしまいます。

佐々木 杏奈は、些細な事で同年代の女子を豚呼ばわりしてしまって、口論に発展してしまいます。とんでもない事を言ってしまったと思って、ボートで逃げ出そうとしたら、途中で動かなくなってしまったのです。

その時に助け出してくれたのが、夢の中に登場した金髪の女性マーニーでした。

マーニーは、この事は二人だけの秘密にして欲しいと言って、二人はそれから一緒にパティーなどを楽しんで、夢のようなひと時を過ごします。ところが、ある日からマーニーは姿を現さなくなってしまいました。はたして、この少女は何者なのでしょうか?

『佐々木 杏奈が湿っ地屋敷を知っていた理由』

 佐々木 杏奈は、湿っ地屋敷に訪れた事が今まで無かったのに、なぜか以前から知っているようでした。その秘密は、マーニーが、実は身内の人間だったからでしょう。

これ以上、言うのはネタバレになるので、あまり詳しく言えませんが、身内の人間がマーニーなので、その湿っ地屋敷についての話をどこかで聞いていたのではないでしょうか?

断片的にしか覚えていなかったので、湿っ地屋敷を見た時に、全てを思い出せなくても、どこかで知っている気がすると思ったのでしょう。

映画『思い出のマーニー』と他の作品を比較

佐々木 杏奈が、何とも不気味な湿っ地屋に引き寄せられてしまいますが、映画『ゴーストホーム・アローン』も不気味な屋敷が舞台になります。

ゴーストホーム・アローンでは、主人公の姉が親の前では良い子を演じますが、親が家から離れた途端に弟を放っておいて、外で男と遊んでしまうのです。

弟は、子供なのに、たった一人で地下のゴーストと戦う事になりますが、悲しい悲劇が待ち構えていました。それは、あのホーム・アローンシリーズとは打って変わって、ハッピーエンドには程遠い映画なので、心して見る必要はあります。

www.akira-movies-drama.com

映画『思い出のマーニー』のグッズ

ジブリ映画『思い出のマーニー』のグッズが販売されていて、それが卓上フィギュアです。

卓上フィギュアは、値段が相当高くなっていますが、可愛らしいマーニーを卓上で眺める事ができます。

そのため、ファンの方であれば、検討してみる価値はあるでしょう。

映画『思い出のマーニー』のまとめ

ジブリ映画『思い出のマーニー』では、佐々木 杏奈が湿っ地屋敷に入って行って、運命が変わっていきました。

そして、謎の少女マーニーと出会いますが、こういったミステリアスなアニメ映画も良いですね。

耳をすませば』や『魔女の宅急便』のようなストレートなアニメ映画のほうが好きですが、何が起きるのか?分からない展開になっている所が見ていて飽きませんでした。

今回は、珍しく少女が男性に恋する展開ではなくて、女性と女性の間で生まれる友情について描かれていたので、その所もジブリ映画の中では特殊な作品と言えますね。