弁護士のかおり役の松下由樹はダンスが得意?ドラマ『相棒 シーズン1 第8話』

ドラマ『相棒 シーズン1 第8話』では、弁護士かおり(演:松下由樹)が刑事たちを苦しめますが、実は、松下由樹さんはダンスが得意だったので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『相棒 シーズン1』のキャスト

f:id:akira2013web:20201024213716p:plain

出典:https://www.videopass.jp/series/9163

刑事ドラマ『相棒 シーズン1 第8話』は、2002年10月9日〜12月25日の間に放送されました。

プロデューサー

女優&男優&声優

  • 杉下右京(演:水谷豊)特命係の警部補
  • 亀山薫(演:寺脇康文)犯人に捕まってしまったドジな刑事
  • 宮部たまき(演:益戸育江杉下右京の元妻にして、料亭『花の里』の初代女将
  • 奥寺美和子(演:鈴木砂羽亀山薫の恋人で、帝都新聞の記者
  • 小野田公顕(演:岸部一徳)特命係と深い関わりのある警視監
  • 内村完爾(演:片桐竜次)警視庁の刑事部
  • 中園照生(演:小野了)内村完爾の側近
  • 伊丹憲一(演:川原和久)亀山薫を毛嫌いする刑事
  • 室谷(演:大谷亮介)タカ派の刑事として知られる人物
  • 米沢(演:六角精児)オタクっぽい監察医
  • 角田六郎(演:山西惇)組織犯罪対策の第5課長で、特命係へよく来る人物
  • かおり(演:松下由樹)警察を苦しめる敏腕弁護士
  • 黒岩繁(演:長谷川朝晴)通り魔事件の容疑者
  • 宮城義之(演:松山鷹志東京地検の検察官
  • ミカ(演:三鴨絵里子)通り魔事件の被害者
  • 吉岡邦夫(演:加藤四朗)裁判長

ドラマ『相棒 シーズン1』の前作

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、刑事ドラマ『相棒 シーズン1』の前作『相棒 pre season』全話のストーリー・キャスト・見所・豆知識などを見る事ができます。

ドラマ『相棒 シーズン1 第8話』のストーリー

亀山薫は、強引な捜査手法を問われてしまって、弁護士のかおりから「あなたは、対した証拠もないのに、被告から持ち物を改めようとしましたよね?しかも相手が了承していないのに、バッグの中を調べました。違いますか」と厳しく追及されます。

正直者のか亀山薫は「そうです」としぶしぶ答えますが、追及はやまず「しかも任意同行なのに、相手の同意を得ないで警察署まで突き出しましよね」と責められてしまうのです。亀山薫は全てを認めて、杉下右京は「亀山君の完敗ですね」とつぶやきます。

伊丹憲一刑事も「事情聴取の時に怪我をさせませんでしたか?」と責められますが「さぁ?してませんね。どこかで、ぶつけたんじゃにですか」とシラを切り通しました。しかし、証拠不十分や強引な捜査をした事により、黒岩繁は無罪となります。

しかし、黒岩繁は後になって「先生のお陰で助かりました。一度無罪になったら、もう同じ事件で罰せられる事はないんですよね」と不敵を笑みを浮かべるので、かおりは『もしかしたら、この子は本当に犯人なのではないか』と心配するようになります。

その頃、恥をかかされた亀山薫と伊丹憲一は異色のタッグを組んで、黒岩繁が他の事件を起こすのではないかと手ぐすねひいて自宅周辺で張り込みますが、本当の犯人は誰なのでしょうか?

『弁護士のかおり役の松下由樹はダンスが得意』

f:id:akira2013web:20201101071450p:plain

出典:松下由樹 | NHK人物録 | NHKアーカイブス

弁護士のかおり役の松下由樹さんは、刑事ドラマで活躍する女優さんというイメージが強いのですが、意外にも若い頃はダンスが得意だった女性でした。

若い頃は、アイドルのバックダンサーも務めた事もありますが、なぜダンスがそこまで上手いのかと言えば、アメリカでダンスを学ぶために留学した事があったからです。

そこまでダンスが上手い方が、女優業に集中するのも珍しい話ですが、ダンスをした事によって身体能力が高まったハズなので、それは女優として大いに役立っている事でしょう。

そんな松下由樹さんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:松下由樹
  • 星座:かに座
  • 趣味:生け花・タップダンス
  • 血液型:O型
  • 出身地:愛知県名古屋市
  • 生年月日:1968年7月9日

ドラマ『相棒 シーズン1 第8話』のまとめ

第8話では、松下由樹さんが弁護士役としての苦悩を演じていましたが、今の日本は犯罪者に甘すぎないか?と思ってしまいましたね。

しかも、一度でも無罪になったら、同じ事件で罪を問えないというのも大雑把すぎる感じがします。

今は、何回も婦女暴行を働く男が釈放されては同じ事件を犯しますが、その度に司法が「被告が反省している」だの「被告に更生できる余地がある」だのと言っています。

そのように軽い罪にした裁判官や弁護士によって、釈放された犯罪者が再犯した場合には、裁判官や弁護士の名前や顔をニュースで報道して欲しいものですね。

あとは、軽い罪にして再犯した場合には、懲戒免職や減俸などを適用する法律を整備して欲しいものです。

そして、動画配信『TELASA』に入会すれば、ドラマ『相棒 シーズン1〜18』まで見る事ができます(2020年11月時点)。