コンドウキョウコが俺を挑発した理由とは?映画『探偵はBARにいる』

映画『探偵はBARにいる』では、コンドウキョウコが俺-探偵に依頼を頼んできたのに、なぜか挑発的な態度を取ります。なぜ、最初はそんな頼み方をしたのか?考察してみました。

映画『探偵はBARにいる』のキャスト

映画『探偵はBARにいる』は、2011年9月10日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 俺(演:大泉洋)女に振り回される探偵
  • 高田(演:松田龍平)俺の相棒
  • 沙織(演:小雪)夫を亡くしてしまったクラブのママ
  • 霧島敏夫(演:西田敏行)沙織の夫
  • 田口晃(演:武井椋)則天道場の関係者に殺害されてしまった青年
  • 田口幸平(演:有薗芳記)田口晃の父親
  • 田口康子(演:阿知波悟美)田口幸平の妻
  • 相田(演:松重豊)桐原組の若頭
  • カトウ(演:高嶋政伸)探偵を何度も苦しめる男
  • 大畑(演:桝田徳寿)ケラーオオハタのマスター

主題歌

映画『探偵はBARにいる』の主題歌は、カルメン・マキの『時計をとめて』です。

映画『探偵はBARにいる』のストーリー

ススキノのバー『ケラーオオハタ』に探偵がくつろいでいたら、コンドウキョウコという女から電話がかかってきました。その女は、最初は手厳しい事を言ってきましたが、途中で低姿勢で頼み込んでくるので、探偵はその依頼を引き受ける事にします。

依頼を引き受けた探偵は、弁護士である南にカマをかけてみたら、カトウたちに連行されてしまうのです!手を縛られた探偵は、大きな穴に放り込まれて、雪で生き埋めにされる所でした。

何とか自力で脱出する事はできましたが『これ以上、くだらない事に突っ込むと殺すぞ』という脅迫だったのは明らかです。

ここまでコケにされた探偵は『引き下がってられるか』と意地になって、事件について調べていったら、放火されたビルから遺体で発見されたのが、コンドウキョウコだった事が発覚しました。

探偵は、様々な方面から調べていったら、暴行で殺害された霧島敏夫の妻 沙織が、新たな男と結婚をして、金を荒稼ぎしている事が分かります。最初は、沙織は泣き夫の事ばかり考えている女性だと信じていたので、裏切られた気持ちになってしまいました。

はたして、探偵に依頼を頼んできたコンドウキョウコとは誰なのでしょうか?

『コンドウキョウコが俺を挑発した理由』

コンドウキョウコが、最初に俺を挑発してきたのは、探偵のプライドを刺激して、少しでも興味を持ってもらいたかったからでしょう。

そして、次の電話で低姿勢に頼めば、最初に怒らせた感情を少しは落ち着かせる事ができるという冷静な計算があったように思えます。しかし、声からして、誰の声かは分かるものかとは思いますが、そこはもう少し工夫して欲しい所でしたね。

映画『探偵はBARにいる』が見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、死者を復活させる映画『探偵はBARにいる』を見る事ができます(2020年11月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。

映画『探偵はBARにいる』と他の作品を比較

映画『探偵はBARにいる』では、大泉洋さんが何度もぶっ飛ばされながらも、コミカルに奮闘していく所が、なかなか面白い作品になっています。

そして、うるさくわめきちらす探偵に比べて、相棒役の松田龍平さんの物静かな演技が、良い対比になっていました。

それに比べて、映画『探偵ミタライの事件簿』では、名探偵の御手洗潔(演:玉木宏)が冷静に難事件を解決していきますが、助手役の広瀬アリスさんが口うるさくまとわりついてきます。

その関係は『探偵はBARにいる』と対照的な人間関係になっています。

コミカルなミステリー映画が好きな方であれば『探偵はBARにいる』のほうがオススメですが、美青年・美女の組み合わせの探偵モノが好きな方には『探偵ミタライの事件簿』のほうがオススメですね。

www.akira-movies-drama.com

映画『探偵はBARにいる』のまとめ

大泉洋さんが探偵として活躍する映画なので、以前から気になっていましたが、やはり良い味を出してくれますね。

生き埋めにされようとする時に、大騒ぎするのは、まさにハマリ役という感じがします。以前から、TV番組で地元の北海道をウリにしていたので、札幌市の歓楽街を舞台にした映画に出演できるのも納得です。

ラストシーンでは、花嫁が次々にピストルをぶっ放していきますが、それが爽快感と悲壮感の両方を感じさせるもので、ラストはしんみりとした感じで終わってしまう映画ですね。