矢野諒役の池田優斗は英雄の役も演じていた?ドラマ監察医 朝顔2 第話

ドラマ『監察医 朝顔2 第2話』で、矢野諒役&矢野一馬役として出演していた池田優斗さんは、実は日本を代表する英雄の役を演じていた事もあるので、詳しく紹介しましょう。

ドラマ『監察医 朝顔2』のキャスト

f:id:akira2013web:20201103062827p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/asagao2/index.html

医療ドラマ『監察医 朝顔2』は、2020年11月2日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 万木朝顔(演:上野樹里)現場まで足を運ぶ監察医
  • 万木平(演:時任三郎)万木朝顔の父親
  • 桑原真也(演:風間俊介)万木朝顔の恋人であり、新米刑事
  • 夏目茶子(演:山口智子)万木朝顔たちの上司
  • 藤堂雅史(演:板尾創路)ベテランで大人しい性格をした法医学者
  • 藤堂絵美(演:平岩紙)藤堂雅史の妻
  • 安岡光子(演:志田未来)アルバイトとして監察医の現場で働く女性
  • 高橋涼介(演:中尾明慶)陽気な検査技師
  • 愛川江梨花(演:坂ノ上茜)キビキビと動く女刑事
  • 山倉伸彦(演:戸次重幸)強盗犯の係長
  • 熊田祥太(演:田川隼嗣)法医学で働く青年
  • 丸屋大作(演:杉本哲太)検死官で、厳格な性格
  • 三輪(演:金ちゃん)少年野球チームの監督
  • 矢野諒(演:池田優斗)野球の才能があまりなかった少年
  • 矢野一馬(演:池田優斗)野球の才能が優れている少年

主題歌

ドラマ『監察医 朝顔2』の主題歌は、折坂悠太 の『朝顔』です。  

ドラマ『監察医 朝顔2』の前作

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、医療ドラマ『監察医 朝顔2』の前作『監察医 朝顔』の全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見る事ができます。

ドラマ『監察医 朝顔2 第2話』のストーリー

男の子が、グラウンドに倒れてしまって、警察は事故か事件なのか?詳しく捜査を始めました。しかし、監察医たちが調べようと思っても、腹部に強い衝撃がある事は分かったのですが、叩かれて殺害されたのか?その判断を決めかねない状況だったのです。

亡くなったのは、矢野諒という少年でしたが、その母親と双子の兄弟の矢野一馬が遺体を見に行ってきます。本当に亡くなった遺体が、矢野諒なのか確かめるためです。

母親は遺体を見て泣き叫んでしまって、兄弟の矢野一馬は椅子に座り込んで黙り込んでしまいます。

矢野一馬は、翌日になってクラスメートたちから「亡くなったのが一馬のほうだったら、やばかったな」と声をかけてきました。

実は、二人とも野球をしていたのですが、亡くなった矢野諒は野球の才能があまりなかったのに、一馬のほうは野球の才能が優れていたのです。

警察は、野球の監督の指導が厳しかったという情報をキャッチしたので「もしかしたら、監督の指導がいきすぎて命を落としたのではないか?」と疑います。しかし、万木朝顔は「亡くなったのは、矢野一馬くんのほうではないでしょうか」と疑問をていしてしまうのです。はたして、今回の真相はどうなっているのでしょうか?

『矢野諒役の池田優斗が演じていた英雄の役』

www.instagram.com矢野諒&一馬役の池田優斗さんは、まだ若い事もあって、多くの少年役を演じていて、大河ドラマ麒麟がくる』では、松平元信役を演じていたのです。

松平元信とは、徳川家康が若い頃の名前であり、後に天下人となり戦国の世を終わらした人物を演じていました。

そのほかにも平清盛』や『西郷どん』などにも出演していて、多くの時代劇ドラマにも出演しています。ゆくゆくは、大人になった徳川家康役を演じる事があるかもしれませんね。

実際に、小栗旬さんは、幼い頃の石田三成と、大人になった石田三成の両方を演じた事があるので、その可能性は十分にあるでしょう。

そんな池田優斗さんのプロフィールは、以下の通りです。

  • 名前:池田優斗
  • 星座:かに座
  • 趣味:カード集め・カラオケ・ダンス
  • 血液型:A型
  • 出身地:埼玉県
  • 生年月日:2005年6月25日

ドラマ『監察医 朝顔2』を見られる動画配信

上野樹里さん主演の医療ドラマ『監察医 朝顔 第1〜11話・特別編』と『監察医 朝顔2 第1〜2話』は、動画配信『FOD PREMIUM』に入会すれば見る事ができます。

FODプレミアムの月額料金は888円(税別価格)になりますが、新規登録であれば、2週間以内に解約した場合には、888円はかかりません。

ドラマ『監察医 朝顔2 第2話』のまとめ

多くの大河ドラマに出演していた池田優斗さんが、1人2役を演じていた事には驚かされましたね。しかし、兄弟は比較されやすいので、弟の苦労がよく伝わってくる内容で、いたたまれなかったです。

最初は、兄弟が何か隠しているようだったので、兄弟が殺害したのかな?と思っていたら、今度は監督が疑われて、その次は父親が疑われていきました。

そのため、誰が犯人なのか分からない感じになっていて、目の離せない展開だったのは良かったですね。ラストシーンでは、思いがけない人物が、朝顔の家に現れるので、その謎が気になってしまいました。