ミチがアヤの幻影を見てしまう原因とは?映画『劇場版 零 ゼロ』

映画『劇場版 零 ゼロ』では、ミチ(演:森川葵)がアヤ(演:中条あやみ)の幻影を見てしまうので、その原因について解説しましょう。

映画『劇場版 零 ゼロ』のキャスト

映画『劇場版 零 ゼロ』は、2014年9月26日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • アヤ(演:中条あやみ)部屋にこもってしまう少女
  • ミチ(演:森川葵)アヤの呪いを気にするクラスメート
  • イツキ(演:美山加恋)行方不明になってしまう女子
  • カスミ(演:山谷花純)アヤの写真を欲しがる女子
  • 麻生真由美(演:中村ゆり)学園のシスター
  • 麻生崇(演:浅香航大)貯水場へ出入りする青年
  • メリーさん-草薙和美(演:中越典子)女の子だけにかかる呪いを知っている女性
  • 学園長(演:美保純)学園の秘密を守る学園長

主題歌

映画『劇場版 零 ゼロ』の主題歌は、JAMOSAの『LOVE AIN'T EASY』です。

映画『劇場版 零 ゼロ』のストーリー

学園では、アヤは美しい女子で有名でしたが、部屋にこもりっきりになってしまって、カスミは『どうしたのだろうか』と心配してしまいます。

ところが、カスミが行方不明になってしまって、ミチは『何が起きているというのか』と困惑していたら、廊下にアヤがボーッと立ち尽くしていました。

授業中にどうしたのだろうかと思いながら、正面を振り向きますが、やはり気になって後ろを振り返ったら、いつの間にかアヤが近くに立っていたのです。そして顔をゆっくりと近づいて「私の呪いを解いて」と耳打ちしてきました。

しかし、学園の怪現象はまだ続いてしまって、今度はカスミに続いて、イツキまで行方不明になってしまうのです。

行方知れずとなる女子は続いてしまって、マスコミは「五人もの少女が行方不明になっているので、集団自殺の可能性もあります」と報道するようになりました。

多くの生徒たちは、アヤが現れて、命を奪ってくるという噂が流れて、アヤを殺害しようと走り回るようになります。しかし、ミチは「アヤはしっかりと生きている人間だから、幽霊のような事はない」と体を張って守ります。

しかし、学園ではアヤによく似ている写真にキスをしたら、呪いを受けてしまう現象は多く続いていて、女子たちは疑心暗鬼に陥ってしまうのです。はたして、学園の呪いを解く事はできるのでしょうか?

『ミチがアヤの幻影を見てしまう理由』

ミチは、アヤの幻影を見てしまって、とり殺される所でした。しかし、このミチの幻影は、本物ではなくて、実はミチの姉妹の幽霊です。

これ以上はネタバレになるので言いませんが、アヤの姉妹は訳あって命を落とす事になりますが、学園の呪いによって苦しめられていました。

そこで、多くの女子に呪いをかけていく訳ですが、あくまでもアヤではなかったので、ミチは途中から懸命になってアヤを助けようとしたのです。

アヤとミチであれば親友同士ですが、アヤの姉妹であれば、ミチに呪いをかける事に全く躊躇(ちゅうちょ)する必要がなかったので、近づいてきた訳ですね。

しかし、アヤの姉妹は、アヤとソックリだったので、最初は多くの女性がアヤの幻影と勘違いしてしまいました。

映画『劇場版 零 ゼロ』が見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『劇場版 零 ゼロ』を見る事ができます(2020年11月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。

映画『劇場版 零 ゼロ』と他の作品を比較

映画『劇場版 零 ゼロ』は、学園を舞台にしたホラーですが、それ以上に先が読めないホラー映画もあって、それが『アナザー Another』です。

『アナザー Another』は、推理作家として有名な綾辻行人先生の作品が原作となっているだけあって、最後の最後まで何が起きるのか分からない内容になっています。

さらに、手に汗を握る展開になっていくので、演出だけではなくて、ストーリーだけでもハラハラとした世界観になっているのです。

映画『劇場版 零 ゼロ』のまとめ

多くのドラマで活躍する中条あやみさんが、出演しているホラー映画という事もあり、あの名作ゲームを実写化したものという事もあって『どんな映画になっているのかな?』と期待していました。

しかし、ゲームに比べたら、写真を撮るシーンが少なかったので、思ったほどゲームに近い内容ではなかったなという感じがしましたね。それでも、女性ばかりの学園で、官能的な雰囲気になっていて、美しさと怖さが入り混じった演出は良かったです。

そして、中条あやみさんが幽霊役も演じていましたが、スリムな顔立ちが幽霊役としてはハマリ役だったので、今後もホラー映画で活躍して欲しいですね。