犬養隼人たちは雛森めぐみを簡単に逮捕する方法があった?映画『ドクター・デスの遺産』

映画『ドクター・デスの遺産』では、犬養隼人(演:綾野剛)が、ドクターデス 雛森めぐみ(演:木村佳乃)を逮捕する事に苦戦をします。ところが、雛森めぐみを簡単に逮捕する方法があったので、詳しく紹介しましょう。

映画『ドクター・デスの遺産』のキャスト

f:id:akira2013web:20201113122623p:plain

出典:https://wwws.warnerbros.co.jp/doctordeathmovie/

映画『ドクター・デスの遺産』は、2020年11月13日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:深川栄洋
  • 脚本:川﨑いづみ
  • 原作:中山七里

女優&男優

  • 犬養隼人(演:綾野剛)ドクターデスを批判する刑事
  • 犬養沙耶香(演:田牧そら)犬養隼人の娘
  • 高千穂明日香(演:北川景子)犬養隼人のバディ
  • 沢田圭(演:岡田健史)犬養隼人に少し憧れている刑事
  • 室岡純一(演:前野朋哉)地道な捜査をする刑事
  • 青木綾子(演:青山美郷)馬籠から通報を受けた巡査
  • 麻生礼司(演:石黒賢)犬養隼人たちの上司
  • 雛森めぐみ(演:木村佳乃安楽死殺人を繰り返すドクターデス
  • 寺町亘輝(演:柄本明)ドクターデスと疑われる老人

主題歌

映画『ドクター・デスの遺産』の主題歌は、Alexandrosの『Beast』です。

映画『ドクター・デスの遺産』のストーリー

真夜中に、少年は警察に「お父さんが知らない医者に殺された」と110番をかけます。高千穂明日香は子供からの通報なので、イタズラとは思いましたが、念のためにバディの犬養隼人と一緒に少年を尋ねようとします。

そうしたら、本当に少年の父親は殺害されていて、葬儀場で火葬される所だったのです!少年は知らない医師がやってきて殺害したと言っても、少年の母親は「あの人は私たちを救ってくれたんです」と言って、安楽死してくれた医師をかばうのです。

刑事たちが捜査したら、100人以上を安楽死したドクターデスの模倣犯と分かり、その模倣犯の助手 雛森めぐみを捕まえます。

雛森めぐみは「私は、最初鎮痛剤を打っているものと思っていたんです」と潔白を証明しますが、安楽死についてはあまり問題と考えない所がありました。しかし、犬養隼人は「ドクターデスは、ただの薄汚い殺人者だ」と罵るのです。

その後に、雛森めぐみを釈放して、ドクターデスと思われる寺町亘輝を逮捕しますが、実は寺町亘輝のほうが助手で、雛森めぐみがドクターデスだった事が分かります。

さらに、雛森めぐみは犬養隼人の娘を誘拐して、強引に安楽死させようとするのです。はたして、犬養隼人たちは娘を救う事ができるのでしょうか?

『犬養隼人たちは雛森めぐみを簡単に逮捕する方法』

犬養隼人たちは、闇サイトで安楽死を勧めるドクター・デスを捕まえる事に苦戦をします。しかし、映画を見ていて思った事として『なぜ、囮捜査(おとりそうさ)をしないのか?』と思ってしまいました。

家族がいる刑事が、サイトに『私の家族が重病なので、安楽死させて下さい』と頼み込めば、簡単にドクターデス 雛森めぐみを逮捕できたハズです。

少し、サスペンス映画としては、ツメが甘いなぁと思ってしまう瞬間でしたね。 

映画『ドクター・デスの遺産』と他の作品を比較

映画『ドクター・デスの遺産』で、熱血漢の刑事として活躍していた綾野剛さんは、映画『亜人』では、究極の悪役として永井圭(演:佐藤健)を苦しめます。

凄く残忍な方法で、多くの人々を殺害していきますが、その一方で「来ちゃった♬」と笑顔で銃を乱射する所は、かなりのサイコパスな感じがします。

そのダークヒーローぶりは、アクション映画が好きな方であれば、虜になるかもしれません。

www.akira-movies-drama.com

映画『ドクター・デスの遺産』のパンフレット

f:id:akira2013web:20201113124915j:plain

映画『ドクター・デスの遺産』のパンフレットに書かれている内容を少しだけ紹介します。 

綾野剛のコメント

綾野剛さんは、娘を救おうとする犬養隼人だけではなく、家族を楽にさせてあげたいと願う人も登場しますが、この映画は『家族の再生』とコメントしています。

それだけ安楽死は、簡単に善か?それとも悪か?とは言えない禁断のテーマと言えるでしょう。

北川景子のコメント

北川景子さんは、人生が100年も伸びていきているので、長く生きる事が幸せな事なのか?それを考えさせられるような内容になっていると感じたようです。

確かに、長く行きていたら、寝たきりになって不自由な暮らしをする事になってしまいますし、抗がん治療を受けるケースさえあります。その時に苦しんでいたら、やはり多くの人は安楽死したいと考えてもおかしくはないでしょう。

映画『ドクター・デスの遺産』のまとめ

ドクター・デスの遺産は、もっとスピード感のあるものと思っていたら、予想していたよりはテンポが悪くて、スピード感があるのはラストシーンぐらいでしたね。

それは凄く残念な所であり、もう少しスピード感のある内容にして欲しかったかなと思いました。

しかし、雛森めぐみ役の木村文乃さんが「薄汚い犯罪者」と言った犬養隼人に復讐するために、犬養沙耶香に対して「あなたのお父さんはね、あたなの看病・育児・仕事で凄く疲れているの?それでも生きたいの?」と嘘を言ってしまうのは唖然としました。

しかも、雛森めぐみが「そういうのはね、負担っていうの、分かる?ふー、たー、ん」と言って、ドクターデスのサイトで安楽死を希望するように仕向けるのは、凄い迫力でしたね。

雛森めぐみが、白衣の姿になって廊下の奥から手招きをして、犬養沙耶香を安楽死の現場へ向かわせる所は『本当に死神のようだ』と思って身震いするほどの迫力がありました。

スピード感だけは残念でしたが、その他には見所の多い所もあって、かなり満足度の高いサスペンス映画でしたね!