映画『ファンタジー・アイランド』のストーリーと見所

映画『ファンタジー・アイランド』では、 何でも夢が叶う楽園の島に多くの若者たちがやってきます。しかし、それには大きな罠がしかけられていたので、この映画のストーリーや見所などを詳しく紹介しましょう。

映画『ファンタジー・アイランド』のキャスト

映画『ファンタジー・アイランド』は、アメリカ合衆国で2020年2月14日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:ジェフ・ワドロウ
  • 脚本:ジェフ・ワドロウ&ジリアン・ジェイコブズ&クリストファー・ローチ
  • 原作:ジーン・レヴィット 

女優&男優

映画『ファンタジー・アイランド』のストーリー

マディソンは「変な奴に連れてこられたの」と電話で助けを求めたら「分かりました、助けに行きますよ。マディソンさん」と言われます。「ちょっと待って、何で名前を知っているの?」と不審に思ったら、そこへ覆面の男たちが乱入してきたのです!

哀れにも、マディソンは連れ去られますが、そこには『ミスターローク』という名前がありました。

翌日になり、多くの若者たちが夢の島『ファンタジー・アイランド』へやってきます。歓迎してくれる男ミスターロークが、何者かも知らずに。

ここでは、どんな夢も叶うと聞いていたのですが、最初は『本当か?』と思う若者もいました。ところが、オルセンは恋人と再会できたり、スローンはいじめっ子に復讐できたりして、本当に夢が叶っていったのです。

ところが、途中で夢は狂気に変わっていき、スローンが少しだけ復讐したいと思っていたのに、いじめっ子は命を落としかねない状況に陥ってしまいます。さらに、犯罪者集団に命を狙われる参加者も出始めました。

実は、オルセンたちの中に裏切り者が一人だけいて、その一人が復讐しようとして、若者たちが集められたのです。はたして、その裏切り者は誰なのでしょうか?

映画『ファンタジー・アイランド』が見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『ファンタジー・アイランド』を見る事ができます(2020年11月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。 

映画『ファンタジー・アイランド』と他の作品を比較

映画『ファンタジー・アイランド』は、夢の島というよりは楽園に多くの若者たちが来るので、夢のあるような映画に仕上がっていました。

それと良く似ている映画が『コンフィデンスマンJP プリンセス編』です。

コンフィデンスマンJP プリンセス編では、詐欺師たちが夢の島で、大金を掴もうとするので、序盤はよく似ていますね。

しかし、ファンタジー・アイランドは後半からミステリーホラー映画になって、コンフィデンスマンJP プリンセス編は後半からアクション映画のようになるので、途中から違う映画になっていくのは意外性があって面白い作品になっています。

www.akira-movies-drama.com

映画『ファンタジー・アイランド』のまとめ

最初は、ファンタジー映画かなと思っていたら、思いがけない展開になっていって『これはミステリー映画だったのか』と驚かされました。

ホラー映画というくくりにもなっていますが、怖さはそれほどのものではないので、やはりホラーよりはミステリー映画として見たほうが良いでしょう。

一番の見所は誰が犯人かという事と、夢だった島が悪魔の島に変わる所でした。多くの若者たちが奈落の底へ一気に突き落とされるのは、スリル感があって良かったですね。

しかし、参加者の人数が少し多かったのと、分かりづらいストーリーは、少しいただけなかったです。