ダニエルズが幻覚を見たのは薬のせいではない?映画『シャッター アイランド』

映画『シャッターアイランド』では、ダニエルズ保安官(演:レオナルド・ディカプリオ)が、シャッターアイランドで幻覚症状を見てしまいます。それは精神病院の医師から渡された薬が原因なのか検証してみたので、参考にしてみて下さい。

映画『シャッター アイランド』のキャスト

映画『シャッター アイランド』は、2010年4月9日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

映画『シャッター アイランド』のストーリー

1954年、ダニエルズとオールの保安官たちは、孤島(シャッターアイランド)の精神病院から女性の囚人レイチェルが脱走したと知らされて、どこへ脱走したのか調べに行く事にします。

ところが、孤島の精神病院へ行ってみたら、そこは精神的に安定していない囚人ばかりがいました。さらに、昔は拷問をしていたので、それを絵に書いている物があり、戸惑うばかりでした。

ダニエルズたちは、囚人を一人ずつ呼んで「レイチェルは、どんな奴だった?」と聞いても、みんな同じように「レイチェルは自分の子供が生きていると思っていて、ここを自分の家だと考えていた」と口をそろえます。

『これは、医師が同じように言うように命じているな』とイラついてしまいますが、この病院で起きている陰謀を暴いてやると息巻いてしまいます。実は、以前にも陰謀の多い病院があったので、ここにも何かあるに違いないと以前から睨んでいました。

ところが、オールは「もしかしたら、陰謀の多い連中が、アンタがかぎまわろうとするから、ここへ来るように仕向けたんじゃないか?」と言うので、ダニエルズも嫌な予感がしてきました。

はたして、この病院は、何を隠しているのでしょうか?

映画『シャッター アイランド』が見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『シャッター アイランド』を見る事ができます(2020年11月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。

映画『シャッター アイランド』と他の作品を比較

映画『シャッターアイランド』の主演俳優レオナルド・ディカプリオさんの代表作と言えば、やはり『タイタニックでしょう。

このタイタニックは、実話をもとにして制作された映画で、豪華客船タイタニックが沈没する前に、船の間で身分違いの恋をしてしまう二人が、船が沈みきるまで必死に生きようとします。

特に、タイタニックの艦首でレオナルド・ディカプリオさんが『鳥のような気分だろう?』と恋人の両腕を広げるシーンは、多くの方たちを感動させました。

www.akira-movies-drama.com

ダニエルズが幻覚を見たのは薬のせいではない?

ダニエルズは、シャッターアイランドの精神病院では拷問や人体実験を行っていると疑っていました。ところが、知らないうちにダニエルズは、怪しい薬を貰っていて、幻覚症状を見るようになっていたのです。

医師たちは、たたみかけるようにダニエルズを追い詰めてきたので「自分は、妻が娘たちを殺害してしまったので、それから、現実にはあり得ないものを見てしまって」と言い始めます。

そのため、現実に犯罪を行なったのか?それとも薬のせいなのか?それをあえて、視聴者に考えさせる設定になっていました。

しかし、本当にそのような犯罪を起こしていたら、保安官として派遣するのではなくて、最初から連行する形で島へ向かっていたでしょう。そのような事を考えたら、ダニエルズが幻覚症状を見たのは、やはり薬のせいだと思うのです。

映画『シャッター アイランド』のまとめ

全体的に暗いストーリーが進行していきますが、やはり孤島へ向かう感じは、いかにもミステリー映画という感じがして良いですね。

ただし、暗いシーンばかりではなくて、もう少し華やかで明るい感じのシーンもあれば、その対比も見れて良かったような気もします。

そして、ラストシーンの終わり方は、少しモヤモヤ感が残るような形だったので、もう少しスッキリとした終幕にして欲しかったですね。