リメンバーアラモは米国の裏工作で起きた?ドラマ『タイムレス シーズン1 第5話』

ドラマ『タイムレス シーズン1 第5話』では、アラモの戦いが展開されていって、後のリメンバーアラモにつながります。しかし、このリメンバーアラモは米国の裏工作で起きたものと言えるので、その理由について詳しく紹介しましょう。

ドラマ『タイムレス』のキャスト

ドラマ『タイムレス』は、2016年10月3日〜2017年2月20日まで放送されていました。

原案

女優&男優&声優

  • ルーシー・プレストン(演:アビゲイル・スペンサー)美しき歴史教授
  • ベンジャミン・ケイヒル(演:ジョン・ゲッツ)ルーシーの実の父親
  • ノア(演:ダニエル・ディ・トマソ)ルーシーの婚約者
  • キャロル・プレストン(演:スザンナ・トンプソン)ルーシーの母親
  • ワイアット・ローガン(演:マット・ランター)陸軍デルタフォースの曹長
  • ルーファス・カーリン(演:マルコム・バレット)タイムマシンのエンジニア
  • ガルシア・フリン(演:ゴラン・ヴィシュニック)タイムマシンを盗んだ人物
  • コナー・メイソン(演:パターソン・ジョセフ)メイソン工業の社長
  • デニース・クリストファー(演:サキナ・ジャフリー)国土安全保障省の要人
  • ジヤ・マーリ(演:クローディア・ドゥーミット)メイソン工業のエンジニア
  • アンソニー・ブルール(演:マット・フリューワー)タイムマシンの開発者
  • エマ・ウィットモア(演:アニー・ワーシング)リッテンハウスの幹部
  • ニコラス・ケインズ(演:マイケル・レイディ)リッテンハウスの新リーダー
  • ジェシカ・ローガン(演:トーニャ・グランツ)ワイアットの妻

ドラマ『タイムレス』の前話までのストーリー 

www.akira-movies-drama.com

上の内部リンクをクリックしたら、SFドラマ『タイムレス シーズン1 第1〜5話』を見る事ができます。

ドラマ『タイムレス シーズン1 第5話』のストーリー

1836年3月5日アラモでは、メキシコ軍に包囲されてしまったので、味方に援軍を要請していましたが、もしも援軍が来なければ全滅は必至でした。

後に『リメンバーアラモ』の発端となる戦いが始まろうとしていたのです。そこへフリンがタイムスリップして、サンタ・アナ将軍に謁見して「イザベル女王からの贈り物です、我々は、メキシコを支援します」と接近しようとします。

実は、フリンは、テキサス独立の動きを抑えようと企んでいたのです!そのような事になれば、アメリカ合衆国の歴史が大きく変わってしまうので、ルーシーたちはフリンの企みを阻止しようと動き出します。

ところが、フリンはアラモ側の中佐を暗殺してしまって、テキサス独立が難しくなっていきました。さらに、メキシコ軍は赤旗をひるがえしてしまって、女・子供まで虐殺される恐れまで出てきたのです。

ルーファスは、水路から女・子供だけでも逃がそうとし考えて、石床に穴を開けようとします。しかし、その間にもメキシコ軍の猛攻は続いてしまって、アラモ側は被害が拡大していきました。

はたして、ルーファスたちは女・子供たちを助ける事はできるのでしょうか?

『リメンバーアラモは米国の裏工作』

アラモは、もともとメキシコの領土でしたが、そこで独立運動が起きてしまいます。そこでメキシコ軍はアラモの反乱軍を滅ぼしますが、米国から多くの移民もいたので、ここで米国は『リメンバーアラモ(アラモを忘れるな)』と叫びます。

しかし、これはメキシコが非人道的な行為をしたというよりは、米国の裏工作が効いていたという説が有力です。

まず、米国は多くの移民をテキサスに送り込んでいて、そこで反乱を起こさせようと計画します。その計画を事前に察知したメキシコは、反乱を抑えようとしますが、米国は『メキシコは非人道的な事を行った、アラモを忘れるな!」と大宣伝しました。

米国は、相手をつぶそうと考えた場合には、ワザと挑発をして、相手に攻撃をさせて「リメンバー」と叫ぶ事を何回も行っています。

大日本帝国も、米国にいきなり攻め込んだ訳ではなくて、譲歩に譲歩を重ねても、米国はそれを突っぱねたので『もう戦争しかない』と踏み込んだ訳です。

米国に憧れている日本人は多くいますが、今まで米国は何回も裏工作をしかけてきて、メキシコ・大日本帝国北ベトナムイラクアフガニスタンと戦争を続けています。

ドラマ『タイムレス 』を見られる動画配信

フリンから時代を守るドラマ『タイムレス  シーズン1〜2』は、動画配信『Hulu』に入会すれば見る事ができます。

Huluの月額料金は933円(税別価格)になりますが、新規登録であれば、2週間以内に解約した場合には、933円はかかりません。

ドラマ『タイムレス シーズン1 第5話』のまとめ

第5話で、アラモの戦いが出てきますが、これは米国側では正義の戦争ですが、メキシコ側にしてみれば米国の裏工作による戦争になります。

一口に戦争と言っても、生まれた国によっては、全く違う戦争に見える訳です。それが戦争の難しい所であり、人間の愚かしい所でもありますね。

この後も、米国はメキシコへの攻撃を止める事はなく、次々に領土を拡大していきます。しかし、現代では中国の台頭もあって、中国・ロシア・中東が手を握ったら、いよいよ米国の世紀は終わるかもしれません。