佐藤良人と竹中静香の違いは3つある?映画『フード・ラック!食運』

映画『フード・ラック!食運』では、佐藤良人(演:NAOTO)と竹中静香(土屋太鳳)たちが本物の焼肉店を見つけようとします。しかし、二人には大きな違いが3つもあったので詳しく紹介しましょう。

映画『フード・ラック!食運』のキャスト

f:id:akira2013web:20201120193220p:plain

出典:https://movies.shochiku.co.jp/foodluck/

お笑い芸人の寺門ジモンさんが監督を務めた異色のグルメ映画『フード・ラック!食運』は、2020年11月20日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:寺門ジモン
  • 脚本:寺門ジモン
  • 原作:寺門ジモン 

女優&男優

  • 佐藤良人(演:NAOTO)食運が高いフリーター
  • 竹中静香(演:土屋太鳳)食べログを優先してしまう女性
  • 佐藤安江(演:りょう )佐藤良人の母親
  • 新生英二(演:石黒賢ネクスト・エイジの社長
  • 古山達也(演:松尾諭)良い加減なグルメ評論家
  • 吉田智洋(演:寺脇康文)マウンテンの店長
  • 滝沢二郎(演:白竜)焼肉店『川崎苑』の店長
  • 滝沢百合子(演:東ちづる)滝沢二郎の妻
  • 西田貴博(演:矢柴俊博)パン屋『ブーランジェリー・ニシダ』の店長
  • 的場涼子(演:筧美和子焼肉店『粋』の店長
  • 尾崎実(演:大泉洋)カレー屋『大空』の店長
  • 豊川忠義(演:大和田伸也焼肉店『スタミナ亭』の店長
  • 石原雄司(演:竜雷太)割烹料理店『味都』の店長

主題歌

映画『フード・ラック!食運』の主題歌は、 ケツメイシの『ヨクワラエ』です。

映画『フード・ラック!食運』のストーリー

佐藤良人は、幼い頃から母親の愛情を一身に受けて育てられていて「ほら、最初はいただきますでしょ?そして、美味しいと感じた時に飲み込んでごらん」と教わっていました。

ところが、大人になった佐藤良人は、母が経営している店から逃げるように飛び出して行ったのです。

ネクスト・エイジの社長 新生英二は、部下の竹中静香を連れていって「コイツ、佐藤良人っていうんだけど、お前たち二人で、本物の焼肉店だけを紹介するサイトを作り上げて欲しい」と頼み込みます。

家賃も払えない佐藤良人は、その仕事を引き受けますが、お店を全く調べずに直感でグルメ店へ入っていくので、竹中静香から『この人はお店をチェックしないで選んでいくなんて、本当に大丈夫なの?』と戸惑ってしまいます。

しかし、佐藤良人は直感だけで味の良いお店をしっかりと選べるので、問題がないように見えました。ところが、グルメ評論家の古山達也は深い因縁があって、お店の中で焼肉の味について激しく口論してしまうのです!

そんな時に、佐藤良人は母が倒れたと知らされて、かつて母が作っていたメニューを復活させてあげたいと思いますが、上手くいくのでしょうか?

『佐藤良人と竹中静香(土屋太鳳)の決定的な違い』

佐藤良人と竹中静香(土屋太鳳)の決定的な違いは、大きく分けて3つあります。

  1. 焼肉の食べ方
  2. 料理店の見つけ方
  3. 母親の存在

まず、佐藤良人は焼肉の焼き方から食べ方まで独特なものがあって、竹中静香が焼肉をすぐ食べようとしても、手で静止して最も美味く感じる時に肉を小皿へ持っていきます。

竹中静香はお店を見つける時にはネットで十分に下調べをしてから入っていきますが、佐藤良人は店の外観や匂いだけで入るべきお店か決めていくのです。

二人の決定的な存在は母の記憶です。竹中静香は若いうちから母を亡くしたので母の味の記憶がありません。それに引き換え、佐藤良人は母から食べ方やグルメの味について教え込まれたので、この違いはグルメに関する考え方に大きな違いを生み出しました。 

映画『フード・ラック!食運』のパンフレット

フード・ラックのパンフレット

映画『フード・ラック!食運』のパンフレットの内容を少しだけ紹介します。

根岸苑の味

佐藤良人の母が生み出したメニューの味は、多くのお店へ引き継がれていきました。パンフレットでは、どのようなお店で、根岸苑の味が引き継がれていったのか詳しく載っています。

牛肉の部位

牛肉には、様々な部位や内臓などがあって、それはレバー・タン・ハラミだけではなくて、ギアラ・センマイ・マルチョウなどがあります。

パンフレットでは、2つの図で、部位や内臓などが紹介されているので、これを見たら焼肉店でメニュー選びに大いに役立つ事でしょう。

映画『フード・ラック!食運』と他の作品を比較

『フード・ラック!食運』では、シングルマザー(演:りょう)が息子に肉料理を振る舞いますが、それに引き換え『461個のおべんとう』では、シングルファザー(演:井ノ原快彦)が息子に毎日おべんとうを作ってあげます。

特別なグルメが出される訳ではないのですが、男が仕事をしながら、息子のためにおべんとうを作り続ける姿には、思わずホッコリとさせられるものがありますね。

www.akira-movies-drama.com

映画『フード・ラック!食運』のまとめ

寺門ジモンさんが制作をした映画なので、特上グルメを多く見られるかなと思っていましたが、特上の素材を使ったものが出てくる訳ではなくて、料理人が特上とは言えない肉を美味しく感じられるように仕上げたものでした。

この辺りは、タダのグルメ番組とは大きく違う所だなぁとうならされる所でしたね。そして、今作では土屋太鳳さんやNAOTOさんたちが、料理の美味しさを顔の表情で美味く表現していましたね。

土屋太鳳さんは、美味しさを口から外へ吐き出すように感じられる表情の作り方をしていましたが、それに引き換えNAOTOさんは、口の中へ美味しさを飲み込んでいくような表情の作り方をしていて、その違いが良かったですね。

そして、根岸苑のぬか漬けに洗剤が紛れ込んでいて、お店を閉める事になりましたが、その謎が解明されていくので、少しミステリーな感じになっている所は、この映画の大きな見所です。