坂井亜衣のように首吊りから息を吹き返す実例があった?ドラマ監察医 朝顔2 第4話

ドラマ『監察医 朝顔2 第4話』では、坂井亜衣(演:椚ありさ)が首吊りの状態から息を吹き返しましたが、そのような実例は中東でもあったので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『監察医 朝顔2』のキャスト

f:id:akira2013web:20201103062827p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/asagao2/index.html

医療ドラマ『監察医 朝顔2』は、2020年11月2日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 万木朝顔(演:上野樹里)現場まで足を運ぶ監察医
  • 万木平(演:時任三郎)万木朝顔の父親
  • 桑原真也(演:風間俊介)万木朝顔の恋人であり、新米刑事
  • 夏目茶子(演:山口智子)万木朝顔たちの上司
  • 藤堂雅史(演:板尾創路)ベテランで大人しい性格をした法医学者
  • 藤堂絵美(演:平岩紙)藤堂雅史の妻
  • 安岡光子(演:志田未来)アルバイトとして監察医の現場で働く女性
  • 高橋涼介(演:中尾明慶)陽気な検査技師
  • 愛川江梨花(演:坂ノ上茜)キビキビと動く女刑事
  • 山倉伸彦(演:戸次重幸)強盗犯の係長
  • 熊田祥太(演:田川隼嗣)法医学で働く青年
  • 丸屋大作(演:杉本哲太)検死官で、厳格な性格
  • 忍(演:ともさかりえ朝顔の身内
  • 坂井亜衣(演:椚ありさ)被害者
  • 坂井美優(演:高梨臨)坂井亜衣の姉

主題歌

ドラマ『監察医 朝顔2』の主題歌は、折坂悠太 の『朝顔』です。  

ドラマ『監察医 朝顔2』の前作

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、医療ドラマ『監察医 朝顔2』の前作『監察医 朝顔』の全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見る事ができます。

ドラマ『監察医 朝顔2 第4話』のストーリー

朝顔の祖父は、ある歯を見ながら「じいちゃんは朝顔に言わなくてはいけない事があるんだ」と思いつめた感じで言いますが、結局は何も言えず「何を言おうとしたのか忘れてしまった」とごまかしてしまいます。

警察署では、朝顔の義理の姉が配属される事になって、周囲の人間が驚いてしまいますが、そこで「横浜のマンションで、変死体が発見!」という知らせが届きます。遺体は、Webデザイナーの坂井美優で、首が閉められたような跡がありました。

坂井美優の姉 坂井亜衣は、刑事から「誰かとトラブルになっていませんでしたか?」と聞かれたら「妹は付き合っている男がいたんですが、なかなか別れてくれなかったので、多分アイツです」と答えます。

しかし、坂井美優の彼氏を事情聴取してみたら「僕と彼女の間で別れ話は出ていなかったのですが、よく姉の文句を愚痴っていました」と供述して、二人の間で主張が違っていたのです!

現場は密室だったので、捜査は難航してしまいますが、はたして犯人は誰なのでしょうか?

『坂井亜衣のように首吊りから息を吹き返す実例』

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 椚 ありさ (@chibicco_)

www.instagram.com坂井亜衣は、首吊りの状態から息を吹き返しましたが、中東のイランでも絞首刑を実行された男が息を吹き返した事があったのです(上のインスタは、坂井亜衣役の椚ありささんです)。

この男は再び絞首刑にされそうになる所を、1度は絞首刑にされたのだからという理由で、1つ減刑されて終身刑にされました。

参照元https://www.afpbb.com/articles/-/3001991

首吊りには高い所から、一気に首へ衝撃を与えた場合であれば、かなりの高い確率で命を落とします。しかし、足がついた状態では命を落とさずに済む事があります。 

ドラマ『監察医 朝顔2』を見られる動画配信

上野樹里さん主演の医療ドラマ『監察医 朝顔 第1〜11話・特別編』と『監察医 朝顔2 第1〜話』は、動画配信『FOD PREMIUM』に入会すれば見る事ができます。

FODプレミアムの月額料金は888円(税別価格)になりますが、新規登録であれば、2週間以内に解約した場合には、888円はかかりません

ドラマ『監察医 朝顔2 第4話』のまとめ

第4話では、首吊りになっていた状態がある事が分かりましたが、自殺だったのか?それとも殺害されていて、犯人は恋人だったのか?はたまた姉だったのか?

分からないままストーリーが進行していったので、目が離せない展開で良かったですね。

しかし、序盤で夏目茶子が臭いセリフを吐いていくシーンは、少し唖然とさせられてしまいました。

あそこまで、臭いセリフを吐かなくても良いんじゃないのかなぁと思ってしまいます。