森田由美(山口紗弥加)の父親が殺害された手口とは?映画『富江 replay』

f:id:akira2013web:20201124035001j:plain

映画『富江 replay』では、森田由美(演:山口紗弥加)の父親が富江を管理していたかのように見えましたが、なぜか殺害されてしまいます。そこで、どのようにして殺害されてしまったのか?その手口について紹介しましょう。

映画『富江 replay』のキャスト

映画『富江 replay』は、2000年2月11日に上映されました。

監督&脚本

  • 監督:光石冨士朗
  • 脚本:玉城悟 

女優&男優

  • 森田由美(演:山口紗弥加)父を探す少女
  • 川上富江(演:宝生舞)謎の多い美女
  • 佐藤文仁(演:窪塚洋介)親友を心配する男性
  • 武史(演:松尾政寿)佐藤文仁の親友
  • 森田健三(演:菅田俊)森田由美の父親
  • 森田陽子(演:金久美子)森田由美の母親
  • 立花(演:遠藤憲一)飛び降り自殺してしまった医師
  • 木下敦子(演:冨樫真)森田健三と不倫していた看護師

主題歌

映画『富江 replay』の主題歌は、Yukari Freshの『Raymondo』です。

映画『富江 replay』のストーリー

武史と佐藤文仁は、夜中に病院で談笑していましたが、途中で佐藤文仁はお腹の調子が悪くなってトイレへ駆け込んでしまいます。

ところが、その間に謎めいた美女が、裸の姿で武史の前に現れたのです!

武史は女性が心配になって、家へ連れていきますが、病院では大きな異変が起きていました。医師たちが次々に辞めていった上に、院長の森田健三が行方不明になっていました。

森田由美は、行方不明になった父親を探そうとして、病院から帰ろうとしたら、何と屋上から医師が飛び降り自殺してきたのです!あまりの恐ろしさに悲鳴をあげてしまいます。

その頃、佐藤文仁は武史の事が心配になっていましたが、武史は助け出した富江の魅力にハマってしまって、精神が壊れかかっていたのです。

しかし富江は、そんな武史をゴミのように捨てようとするので、ついに武史は凶器を使って富江を殺害してしまいます。森田由美は、父親が使っていたノートを見ていたら、富江について書かれていましたが、そこは血文字のように見えました。

森田由美は、佐藤文仁に父の失踪について相談しようとしますが、殺害されたハズの富江がなぜか生きていて、佐藤文仁を操って森田由美を追い詰めようとするのです!

はたして、富江は何を企んでいるのでしょうか?

『森田由美(山口紗弥加)の父親が殺害された手口』

森田由美(山口紗弥加)の父親は、最初は水槽の中に富江を入れて監視していました。しかし、次第に自分の体が言う事を聞かずに『殺せ、殺せ、殺せ、殺せ』と何かに命じられているかのように動こうとしていたのです。

必死に体の暴走を止めようとしますが、口の中が血だらけになりながら、悶絶してしまいます。森田由美の父親は、頭を壁に何度もうちつけてしまって、ついには命を失ってしまう事になりました。

ノートには富江の事を化け物と書いてありましたが、富江が常人では考えられない力を使って、森田由美の父親の体を操り命を奪ったのでしょう。

映画『富江 replay』が見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『富江 replay』を見る事ができます(2020年11月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。

映画『富江 replay』と前作を比較

映画『富江 replay』では、富江の力によって、精神がおかしくなって命を落としていく者が続出していきます。

そして、映画『犬鳴村』でも、村の祟りによって精神に異常をきたしてしまって命を落としていく者が出てしまいます。

ただし、犬鳴村のほうが、襲われる者にはそれなりの理由があったので、何かと納得のできる内容に仕上がっていますね。

www.akira-movies-drama.com

映画『富江 replay』のまとめ

富江シリーズの第2弾では、病院で怪しげな事が行われててしまって、その過程でついに恐ろしい富江の暴走が始まってしまいます。医師たちが襲われるのであれば、分かりますが、関係のない若者たちまで襲われてしまうのは不憫な感じがしましたね。

それにしても、富江は美しいのですが、あまりにも恐ろしい怨霊のような感じがするので近づきがたい存在です。それでも、男は美しい女性に惹かれてしまう訳ですから、困ったものです。