佐々木菜奈(武田玲奈)たちが部屋に閉じ込められた理由!映画『真・鮫島事件』

映画『真・鮫島事件』では、佐々木菜奈(武田玲奈)たちが都市伝説の鮫島事件に関わってしまったら、なぜか異世界の密室に閉じ込められてしまいます。そこで、なぜ密室に閉じ込められたのか?その理由を紹介しましょう。

映画『真・鮫島事件』のキャスト

f:id:akira2013web:20201127144256p:plain

出典:https://samejimajiken-movie.com/

映画『真・鮫島事件』は、2020年11月27日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:永江二朗
  • 脚本:永江二朗
  • 製作:伊藤修嗣&上野境介&木俣誠 

女優&男優

  • 佐々木菜奈(演:武田玲奈)リモート飲み会を楽しみにする女性
  • 佐々木将輝(演:佐野岳)妹の危機を救おうとする兄
  • 仲瀬フミ(演:小西桜子)音大に通っていた女性
  • 戸高亮(演:濱正悟)オカルトをバカにする男性
  • 迫水裕貴(演:林カラス)仲間と廃墟に行ってしまった男性
  • 山田鈴(演:鶴見萌)廃墟に行ってしまった事を後悔する女性
  • 桧山あゆみ(演:水島里菜)行方不明になってしまった女性
  • 浅野匠(演:山形啓将)桧山あゆみの恋人
  • 管理人(演:しゅはまはるみ)マンションの管理人

主題歌

映画『真・鮫島事件』の清水理子(虹のコンキスタドール)の『ツグム。』です。

映画『真・鮫島事件』のストーリー

コロナウイルスが流行していたので、佐々木菜奈たちは自宅で『リモート飲み会』を開催します。ところが、参加するハズの桧山あゆみがいつまでもパソコンの画面に出てこなかったので、不審を抱いてしまいます。

そうしたら、迫水裕貴や山田鈴たちが「実は、あゆみと3人で、ある心霊スポットへ行ったんだ」と重い口を開きます。

仲間たちから心霊スポットについて強く追及されてしまって、山田鈴が『鮫島事件』と口に出したら、いきなり停電してしまったのです!ブレーカーを上げても電気は付かない中、なぜかパソコンだけが付いている状態でした。

外を見たら、白い煙のようなものがただよっていたのです。そんな中で、佐々木菜奈の兄から電話がかかってきて「部屋に戻ってきたけど、菜奈は今どこにいるんだ?」と言われてしまいます。

佐々木菜奈は嫌な予感がして、兄にビデオ通話を開いてもらったら、そこは自分がいるはずの部屋だったのに、兄がいる部屋は電気がついていて、自分がいる同じ部屋は真っ暗だったのです。

異世界に閉じ込めらた事が分かった仲間たちは、佐々木将輝に助けを求めますが、はたして、どうなってしまうのでしょうか?

『佐々木菜奈(武田玲奈)たちが部屋に閉じ込められた理由』

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by 武田玲奈 (@rena_takeda)

www.instagram.com佐々木菜奈(武田玲奈)たちが部屋に閉じ込められたのは、鮫島事件で殺害された人間が大きく関わっているでしょう。

この映画に出てくる鮫島事件では、女性を強姦した鮫島をこらしめてやろうと数人の男たちが立ち上がって、鮫島を部屋に監禁して何度も暴力をふるいます。

最終的には、ある部屋に閉じ込めて餓死させてしまうので、鮫島の呪いに関わった者たちは同じように異世界で部屋に監禁されてしまうのでしょう。

映画『真・鮫島事件』と他の作品を比較

2020年に都市伝説を映画化したのは『真・鮫島事件』だではなくて『犬鳴村』もあります。

犬鳴村では、村へ訪れた恋人たちが、のちに悲劇にあってしまって、その後も村の呪いは続いていく事になります。真・鮫島事件では同じ部屋でずっと怯えるシーンばかりなので、変化があまりないのが実情です。

それに引き換え、犬鳴村のほうが、様々な場所へいくので、変化が多いので飽きづらいホラー映画になっています。

www.akira-movies-drama.com

映画『真・鮫島事件』のパンフレット

鮫島事件のパンフレット画像

映画『真・鮫島事件』のパンフレットに書かれている内容を少しだけ紹介します。

武田玲奈のコメント

主演を務めた武田玲奈さんは、この映画に出演する事になって、都市伝説になっている鮫島事件について調べたようです。しかし、調べても「よく分からなかった」とコメントしていますが、それもそのはずです。

この都市伝説は『あるにはあるが、その内容は詳しい事が分からない』という謎の多いものだからです。それでも、目がぱっちりとしている武田玲奈さんが、怯えてしまうシーンは、その大きな瞳に吸い込まれるような魅力があって良かったですね。 

監督のコメント

真・鮫島事件を制作した永江二朗監督は、海外の映画『マザー』に大きく影響を受けたようで、それが今回の作品につながったようです。

マザーは、あまり効果音が使われていないので、臨場感のある怖さをよく伝えてくる作品です。それは、今作と共通するものが多くありますが、これは個人差があるので、好きな方もいれば、好きになれない方もいるでしょう。

映画『真・鮫島事件』のまとめ

ホラー映画好きの自分としては、今年では最後のホラー映画の上映作として、かなり期待していました。しかし、同じ部屋で、ずっと物音に怯えるシーンばかりが続いてしまって『同じ部屋ばかりっていうのはなぁ』と途中でウンザリとしてしまいました。

ラストが近づいて、ようやく佐々木将輝が、鮫島事件の現場へ向かって、呪いを終わらせるためにある扉を閉めようとしますが、あまりにも同じ部屋の時間帯が長すぎましたね。

それでも、決まった順番で、部屋を移動していかなければ、最後の扉へたどりつけないというのは、都市伝説っぽくて、そこだけは良かったですね。

個人的には、映画館でホラー映画を見ている時に、トイレへ何度も行くお客は勘弁して欲しいです。暗い中で、後ろから足音が聞こえてくる時は心臓に悪いので、ホラー映画の時だけは勘弁して欲しいです(苦笑)。