森野智也役の上川周作が話題作の映画に出演!ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚 第6話』

f:id:akira2013web:20201031234135p:plain

出典:https://www.nhk.jp/p/ts/2LQ2GR6Y2M/episode/te/Z2677PVV5N/

ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚 第6話』では、森野智也役として出演していた上川周作さんが、話題作の映画に出演していたので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』のキャスト

ホラードラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』は、2020年10月31日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 脚本:古家和尚
  • 演出:渡辺良雄&葛西勇也&石川慎一郎&鈴木航
  • 原作:木元哉多

女優&男優&声優

  • 閻魔堂沙羅(演:中条あやみ)死者を地獄か天国に裁く閻魔の娘
  • 武部健二(演:村上淳)事件解決のために手段を選ばない刑事
  • 森野智也(演:上川周作)武部健二の後輩

ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』の全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見る事ができます。 

ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚 第6話』のストーリー

武部健二刑事は、優秀な男で事件を簡単に解決してきましたが、かなり荒っぽい事もして、事件の解決も狩を楽しむような感覚でした。

しかし、後輩の森野智也が不手際を起こしてしまって、武部健二まで捜査チームから外されてしまって、不機嫌になってしまうのです。

そこで、武部健二は一人で勝手に捜査をしていったら、容疑者と睨んでいたシミズが自殺をして『自分が殺害事件を起こしてしまいました』と遺書を残していました。

しかし、武部健二は「ピースが何か合わん」と納得できずにいて、捜査を続けようとしたら、後ろからナイフで刺されてしまったのです!

あの世で、閻魔堂沙羅から「あなたは刑事として優秀ですが、最後でしくじってしまいましたしねぇ。しかし、あなたを殺害した人間を当てたら生き返られるゲームをしますか?間違ったら地獄ですけどね」と嫌味を言われてしまいます。

武部健二刑事は、そのクイズをする事にしますが、当てる事はできるのでしょうか?

『森野智也役の上川周作が話題作の映画に出演』

森野智也役の上川周作が、話題作の映画『劇場』に出演しました。

この劇場が、なぜ話題作なのかと言えば、お笑いタレントから芥川賞作家になれた又吉直樹さんが執筆した小説が原作になっているからです。

劇場も火花と同じように、若者が夢を見て上京しますが、挫折を味わってしまう切ないストーリーになっています。

多くの方が同じような体験をしていると思うので、この映画を見たら昔を思い出してしまうかもしれませんが、そこから何か学び取れるものがあるかもしれませんので、見ておく価値はあるでしょう。

そんな映画『劇場』に出演していた森野智也さんのプロフィールは以下の通りです。

  • 名前:森野智也
  • 星座:みずがめ座
  • 趣味:イラスト制作
  • 出身地:大分県
  • 生年月日:1993年2月18日

ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚 第6話』のまとめ

第6話では、村上淳さんがしぶい演技をしていて、しびれてしまいましたね。最初は無茶苦茶な捜査をするキャラクターだなぁと思っていましたが、ラストシーンでのしんみりと喋る所は良かったですね。

まぁ、普通にあんな捜査をしたら絶対に問題になって、懲戒免職ものだと思いますが、そこはドラマなので仕方のない所でしょう。それにしても、NHKドラマなので、登場人物もロクに公式HPからは発表もないので、調べられる情報が限られてしまいます。

こんな事で、受信料を取るんだから、ひどい話ですよね。