ベルスニッケルの狙いはサンタの追放ではない?映画『クリスマス・クロニクル PART2』

映画『クリスマス・クロニクル PART2』では、元エルフのベルスニッケルの狙いは、サンタの追放のように見えますが、実はそうではなかったと思うので、詳しく紹介しましょう。

映画『クリスマス・クロニクル PART2』のキャスト

f:id:akira2013web:20201205192627p:plain

出典:https://eiga.com/movie/94011/

アメリカ合衆国のクリスマス映画『クリスマス・クロニクル PART2』は、Netflixで2020年11月25日から配信されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • サンタクロース:子供たちにプレゼントを配るサンタクロース
  • ミセス・クロース:サンタクロースの妻
  • ケイト・ピアース:母親の態度に納得できない少女
  • テディ・ピアース:ケイトの兄
  • クレア・ピアース:ケイトとテディの母親
  • ダグ・ピアース:ケイトとテディの父親
  • ボブ:ケイトに恋をする男性
  • ジャック:ボブの息子
  • ベルスニッケル:サンタクロースを恨む少年 

映画『クリスマス・クロニクル PART2』のストーリー

ケイトは、父親が殉職してから2年しか経っていないのに、母親のクレアが他の男性ボブと仲良くしている事に嫌悪感を抱いてしまいます。

兄のテディから「母さんも幸せそうにしているんだから、許してやれよ」と言われても納得できませんでした。そんな時に、クレアとボブが二人っきりになりたくて、ケイトがボブの息子ジャックの面倒を見る事になってしまいました。

しかし、ケイトは抜け出そうとして、ベルスニッケルが運転する乗り物で逃げようとします。

そこへ、ジャックがこっそりと入っていた事に途中で気づいて、ケイトは驚いてしまいますが、ベルスニッケルは「よい旅を!」と言って、二人を異世界へ吹っ飛ばしてしまうのです。

二人が迷い込んだ世界は、サンタがいる北極の世界だったのです。サンタは二人を発見して、すぐに自宅へ連れていって、妻のミセスと一緒に話しを聞いてみる事にします。

サンタたちは『それは悪さばかりしていた元エルフのベルスニッケルの仕業だな』とすぐに気づきました。ベルスニッケルは、悪さばかりしていたので、エルフから人間に姿を変えられてしまって、こうなったのはサンタのせいだと逆らうみしていたのです。

それからも、ベルスニッケルはサンタの世界をメチャクチャにしようと邪魔しにきますが、はたしてサンタたちは今年も子供たちにプレゼントを贈れるのでしょうか?

『ベルスニッケルの狙いはサンタの追放ではない?』

ベルスニッケルは、サンタを追放しようとしているかのように見えますが、サンタの妻に責められたら「そこまでするつもりはなかった」と謎の釈明をしてしまいます。

恐らく、ベルスニッケルは、サンタたちを困らせようとしていましたが、本気でサンタたちを追放しようとしていなかったのでしょう。

子供が親に反抗して、自分に構ってほしいような気分でいたので、困らせる気はあっても、予想以上の結果が出てしまったら「いや、そこまでするつもりはなかったんだ」と子供のような言い訳をしてしまった訳です。

そのため、星を仮に手に入れていたとしても、一時的に自分の世界を作った後に、すぐにサンタに会いたがっていたはずです。そのため、ベルスニッケルの本当の狙いは、サンタたちに構って欲しかっただけなのでしょう。 

映画『クリスマス・クロニクル PART2』と前作を比較

映画『クリスマス・クロニクル PART2』では、元エルフとの戦いばかりが続いてしまって、心温まるシーンはそれほどありません。

ところが、前作『クリスマス・クロニクル』は、全体的に明るいストーリーになっているのです。そのため、明るい気持ちでクリスマス映画を楽しみたい方には、今作よりも前作のほうがおすすめですね。

www.akira-movies-drama.com

映画『クリスマス・クロニクル PART2』のまとめ

クリスマス・クロニクルが全体的に明るいストーリーになっているので、PART2も明るいストーリーになっているのかと思いましたが、サンタとベルスニッケルの死闘ばかりが続いてしまって、クリスマス映画というよりはSF映画のように感じてしまいます。

実際に、何回も時空を飛び越えて動きながら、ベルスニッケルの復讐を阻止しようとします。もう少し、前作のように明るいストーリーで仕上げて欲しかったかなという感じはしましたね。

それでも、多くのエルフが登場して、前作と同じように甘いファンタジーの世界が広がっているのは良かったです。

映画『クリスマス・クロニクル』・『クリスマス・クロニクル PART2』は、動画配信『Netflix』に入会すれば、見る事ができます。