皆川千登勢役の岸田今日子はムーミン?ドラマ『相棒 シーズン2 第21話』

f:id:akira2013web:20201107115425p:plain

出典:https://www.videopass.jp/series/10366

ドラマ『相棒 シーズン2 第21話』では、皆川千登勢役の岸田今日子さんをネットで検索したら『ムーミン』というキーワードが出てくるので、ムーミンと何の関係があるのか紹介しましょう。

ドラマ『相棒 シーズン2 第21話』のキャスト

刑事ドラマ『相棒 シーズン2』は、2003年10月8日〜2004年3月17日の間に放送されました。

プロデューサー

女優&男優&声優

ドラマ『相棒 シーズン1』の前作

www.akira-movies-drama.com

上の内部リンクをクリックしたら、刑事ドラマ『相棒 シーズン2』の前作『相棒 シーズン1』全話のストーリー・キャスト・見所・豆知識などを見る事ができます。

ドラマ『相棒 シーズン2 第21話』のストーリー

浮浪者たちが炊き出しの所で集まっていたら、そこに死刑囚の浅倉禄郎が現れてしまって、周囲の人間は驚いてしまいます。

すぐに浅倉禄郎は、永井紘子の事情聴取を受けてしまって、東京拘置所へ移送されていきました。ところが、浅倉禄郎は記憶を失っていたので、知り合いの亀山薫は「俺の事まで忘れてしまったのかよ」と頭に血がのぼってしまうのです。

東京拘置所では、職員たちが上司を殺害された恨みを晴らしやろうと考えて、浅倉禄郎をいじめてしまいます。それに気づいた中津一義は「何をしているんだ、お前らは!」と叱責しますが、職員たちは不満そうな表情を浮かべてしまいました。

ところが、催眠療法で浅倉禄郎の記憶を戻そうとしたら、何と浅倉禄郎が独房で首吊り自殺をしてしまうのです。

杉下右京たちはあの男が自殺する訳がないと考えて『もしかしたら、浅倉禄郎の記憶が戻られると困る人間が殺害してしまったのではないか』と疑います。

かつて浅倉禄郎が行ってきた犯罪の中で解決していなかったものとして、前の刑務主任の殺害事件がありました。浅倉禄郎以外が殺害して、その者が過去の犯罪の真実が明るみに出る事を恐れた可能性が出てきました。

はたして、浅倉禄郎は本当に自殺なのでしょうか?

『皆川千登勢役の岸田今日子ムーミン

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by くり蔵 (@kurizo_chow)

www.instagram.com皆川千登勢役の岸田今日子さんは、瀬戸内米蔵(演:津川雅彦)と激しい火花を散らして、かなりの怪演ぶりを発揮しました。

実は、そんな岸田今日子さんは、アニメ『ムーミン』で声優を務めていた事があって、それが関係していてネットで『ムーミン』というキーワードが浮上しているのです。

岸田今日子さんはインパクトのある演技をしますが、声優としては心が安らぐような声をしているので、ムーミンのキャラクター役にはピッタリだったのでしょう。

ドラマ『相棒 シーズン2 第21話』のまとめ

第21話では、ついに浅倉禄郎がいなくなってしまいましたね。かなり存在感のある人物だっただけに、少し寂しい感じがします。

岸田今日子さんと津川雅彦さんの対決は、迫力があって良かったですね。妖怪と恐れられるのも少し分かる気がしました。それにしても、首吊り自殺は他殺のケースもあるので、なかなか難しいものがありますね。 

そして、動画配信『TELASA』に入会すれば、ドラマ『相棒 シーズン1〜18』まで見る事ができます(2020年12月時点)。