アマンダがグレアムを恋人にした決め手を考察!映画『ホリデイ』

f:id:akira2013web:20201212152821j:plain

映画『ホリデイ』では、男にうんざりとしていたアマンダが、グレアムの恋人になろうとします。なぜ、アマンダがグレアムであれば良いと思えたのか?決め手なった要因について考察してみました。

映画『ホリデイ』のキャスト

アメリカ合衆国の恋愛映画『ホリデイ』は、2007年3月24日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

映画『ホリデイ』のストーリー

クリスマスの前の時期に、アイリスはジャスパーの事が好きでしたが、ジャスパーは違う女性と婚約しようとしていたので深く傷ついていました。

ところが、傷ついているのはアイリスだけではなくて、アマンダという女性も同じでした。

アマンダは、恋人のイーサンの帰りがいつも遅いので「彼女と寝たんでしょ?もし違うなら寝ていなかったって心から誓って。絶対に、あなた浮気してたんでしょ」と問い詰めて、家から追い出すだけでは飽き足らず、イーサンの顔を二発も殴ってしまいます。

そこで、アイリスは思い切って、ネットで家を交換してみない?と提案してみて、アマンダは人生を変えたいと思って提案に乗りました。アマンダは、男はたくさんと思っていて、アイリスの家に住み始めたら、そこへアイリスの兄がやってきたのです。

素敵な男性という事もあって、少し良い雰囲気になってしまって、はずみでキスをしてしまいます。ところが、途中で止まらなくなり、深い関係におちてしまいます。

その頃、アイリスもアマンダの家で住み始めたら、マイルズという男と知り合ってしまいます。マイルズは彼女がいますが、優しくて明るい性格をしていたので、次第にマイルズに惹かれていったのです。

お互いに、男で傷ついたのに、二人は新天地で新たな男と知り合って、止まっていた時計の針が少しずつ動き始めます。はたして、二人は幸せをつかめるのでしょうか?

『アマンダがグレアムを恋人にした決め手を考察』

アマンダは、当初こそ、グレアムとは一夜限りの関係のハズでした。しかし、お酒にだらしない二人は、その後も添い寝をしてしまって、ズルズルと関係を続けていきます。

次第に、気持ちが収まらなくなったアマンダが、グレアムの家に行ったら、家の中には誰かがいるようでした。それに感づいて帰ろうとしたら、グレアムには子供がいたのです。

ここまでであれば、裏切られたような気分になるかもしれませんが、グレアムの妻は2年前になくなっていたのです。そのため、結婚していなかったというのは嘘ではありませんでした。

男で傷ついたアマンダが、グレアムと恋人の関係になれたのは『今回も騙されたの?』と思っていたら、実は完全に裏切っていた訳ではありません。

今は良きシングルファザーになっていただけだったので、そのギャップであまり悪い気にはならなかったのでしょう。

そして、前の恋人とは違って、裏切った訳でもないのに、アマンダの意見にもよく耳を傾けてくれるので、その聞き上手な所も恋人候補の決め手になった可能性は高いです。

映画『ホリデイ』が見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『ホリデイ』を見る事ができます(2020年12月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。

映画『ホリデイ』と他の作品を比較

映画『ホリデイ』は、男に裏切られた女同士が、家を交換しあって、新しい男と知り合って、真実の恋が生まれようとする作品です。

それに引き換え、映画『グレイテスト・ショーマン』では、育ちの良いチャリティ・バーナム(演:ミシェル・ウィリアムズ)が、貧乏な男 P.T.バーナム(演:ヒュー・ジャックマン)と結婚して、献身的に支える作品です。

二人の関係は途中で壊れかかってしまいますが、なんとか立ち直っていき、ラストで奇跡が起きていくのです。

両方の作品とも、感動的な作品になっているので、恋愛映画が好きな方であれば、見比べてみるのも悪くはないでしょう。

www.akira-movies-drama.com

映画『ホリデイ』のまとめ

クリスマス映画と言えば、これだ!と多くのブロガーが進めているのが『ホリデイ』です。

そこまで有名な映画というなら、どれほどのものかなと思って、見てみたら『なるほど、感動的な映画ではあるけど、クリスマスという感じでもないかな』と思ってしまう作品でしたね。

確かに、恋人同士がクリスマスの時期に見るのは悪くないと思うのですが、もう少しクリスマスの感じを出していたら、クリスマス映画の筆頭になれたのではないかと思ってしまいます。

それでも、男に傷ついた女性同士が、家を交換しあうという発想は凄く面白かったですね。そして、若い頃のキャメロン・ディアスはやっぱり最強だったなぁと感慨深くなりました。あの美しさは、人種を超えて多くの人が惚れてしまうでしょうね。