新山美久(長澤樹)がコンテナでしていた事を考察!ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚 第7話』

f:id:akira2013web:20201031234135p:plain

出典:https://www.nhk.jp/p/ts/2LQ2GR6Y2M/episode/te/Z2677PVV5N/

ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚 第7話』では、新山美久(長澤樹)が母に隠れて、コンテナで何かをしていたようなので、何をしていたのか考察してみました。

ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』のキャスト

ホラードラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』は、2020年10月31日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 脚本:古家和尚
  • 演出:渡辺良雄&葛西勇也&石川慎一郎&鈴木航
  • 原作:木元哉多

女優&男優

  • 閻魔堂沙羅(演:中条あやみ)死者を地獄か天国に裁く閻魔の娘
  • 新山律子(演:牧瀬里穂)優秀な女性デザイナー
  • 新山美久(演:長澤樹)新山律子の娘
  • 飯塚町子(演:湖条千秋)新山律子の父親
  • 川澄吾郎(演:徳井優)悪どい消費者金融の男 

ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』の前話までのストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』の全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見る事ができます。 

ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚 第7話』のストーリー

新山律子は、頑張って娘を育ててきましたが、そこへ消費者金融の川澄吾郎が現れて「あなたのお母さんが借金を作って逃げてしまったんですわ」と言ってきました。

その母は、幼い時に自分を虐待していた上に、人を殺害してしまったのです。今まで、ひどい目にあわされてきたので「あの人とは、もう無関係です」と言って、突っぱねます。

ところが、川澄吾郎はしつこくつきまとってきて、会社でついに人殺しの子という事がバレてしまいます。さらに、別れた夫から「今の妻が、娘を引き取っても良い」と言ってきたのです。

色々と考えて、娘に全てを話して、娘の考えを尊重するようにしました。しかし、その後に自分を見捨てた母がやってきて「金をくれなければマンション中に殺人者の娘ってバラすわよ」と脅されてしまいます。

新山律子は、怒りが爆発してしまって、携帯電話を使って母の頭を殴りつけてしまいますが、母は逃亡してしまったのです。

さらに、川澄吾郎から「あなたのお嬢さんの秘密を知っています。一目がつかないようにあるコンテナへ行って下さい」と言われます。新山律子は、そのコンテナへ向かいますが、その先に待っているものとは?

『新山美久(長澤樹)がコンテナでしていた事を考察』

新山美久(長澤樹)がコンテナでしていた事は、おそらく祖母から「お前の母に襲われたから責任を取れ」とか言われて、コンテナの中で男に体を売るように迫られたのではないでしょうか?

そうであれば、体中が泥だらけになっているのも納得できますし、母に何も言えず入院できたのも納得できます。

川澄吾郎は、飯塚町子につきまとっていたので、何をしようとしてたのかも察知する事は容易なハズなので、それを新山律子に伝える事もできたのでしょう。

ドラマ『閻魔堂沙羅の推理奇譚 第7話』のまとめ

第7話では、新山美久(長澤樹)がコンテナで何をしていたのか?それが謎でしたね。

おそらく援助交際をしていたのか?それとも売春をやらされていたのか?どちらにしろ、かなり切ない内容になりそうなので、逆に外れて欲しいぐらいです。

それにしても、新山律子の母親はひどい奴でしたね。逆に命を落とさなかったのは残念な限りでした。早く次回の内容を見たいのですが、1週間は長いので気長に待ちたいと思います。