矢神勇磨が手島伯朗を負け犬呼ばわりしていた理由とは?ドラマ『危険なビーナス 第10話』

ドラマ『危険なビーナス 第10話』では、ついに犯人が捕まりますが、最後の最後まで、矢神勇磨が手島伯朗を負け犬呼ばわりしてしまいます。そこで、なぜ、いつまでも負け犬呼ばわりするのか考察してみました。

ドラマ『危険なビーナス』のキャスト

f:id:akira2013web:20201029072853p:plain

出典:https://www.tbs.co.jp/kikenna_venus/story/ep1.html

ミステリードラマ『危険なビーナス 第10話』は、2020年10月11日から放送開始されました。

脚本&演出

女優&男優&声優

  • 手島伯朗(演:妻夫木聡)独身の獣医で、綺麗な女性に目がない人物
  • 蔭山元美(演:中村アン)手島伯朗の助手
  • 矢神楓(演:吉高由里子)手島伯朗の弟の妻と名乗る女性
  • 兼岩憲三(演:小日向文世)手島伯朗の叔父
  • 矢神勇磨(演:ディーン・フジオカ)矢神家の養子で手島伯朗と仲が悪い
  • 矢神明人(演:染谷将太)手島伯朗の弟
  • 支倉百合華(演:堀田真由)隆司と祥子の娘
  • 君津光(演:結木滉星)矢神家で働く使用人
  • 永峰杏梨(演:福田麻貴)矢神家の看護師
  • 矢神佐代(演:麻生祐未)康之介の養女
  • 兼岩順子(演:坂井真紀)禎子の妹
  • 支倉祥子(演:安蘭けい)矢神家前当主と後妻の娘
  • 支倉隆司(演:田口浩正)祥子の夫
  • 矢神牧雄(演:池内万作)現金より価値のある物を探す男性
  • 矢神康之介(演:栗田芳宏)矢神家の前代の当主
  • 矢神康治(演:栗原英雄)矢神家の現在の当主
  • 矢神禎子(演:斉藤由貴)手島伯朗の母親
  • 矢神波恵(演:戸田恵子)矢神家の当主の妹

主題歌

ドラマ『危険なビーナス』の主題歌は、back numberの『エメラルド』です。

ドラマ『危険なビーナス 第話』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、ミステリードラマ『危険なビーナス 第1〜10話』のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見る事ができます。

ドラマ『危険なビーナス 第10話』のストーリー

矢神家で再び会議が行われますが、そこで矢神波恵が「矢神康之介は、私が付き合っている男に女性を送って、私に男と破局するように仕向けられたんです。そこで、私は矢神康之介を毒殺する事にしたんです」と衝撃的な事を打ち明けます。

手島伯朗は絶句しますが、犯人から「後天性サヴァン症候群の研究記録と交換条件で、明人を解放する」と言われていたので、あの絵を見つけるしかありませんでした。

そのためには、楓や矢神勇磨たちと一緒に協力するしかなかったのですが、もう背に腹は代えられませんでした。しかし、3人で一緒に母親の家を探してみても、土の中を掘り続けてみても、全く何も見つかりませんでした。

しかし、矢神勇磨が天井裏から研究資料を見つけ出したので、手島伯朗は唖然としてしまいます。なぜなら、天井裏なら以前にも探していたのですが、研究資料は見つからなかったからです。

そこで不審に思った手島伯朗は帰る途中で、引き返していって、家の中へ入って行き犯人を見つけ出したのです。その人物は意外な男だったのですが、犯人の不手際のせいで家が炎に包まれてしまいます。

はたして、一連の犯人は何者なのでしょうか?

『矢神勇磨が手島伯朗を負け犬弱ばりしていた理由』

矢神勇磨が手島伯朗を負け犬弱ばりしていたのは、逃げ続ける男を見ていて、イライラしていたというのは大きいでしょう。しかし、それだけではなくて、今回は『たまには勇気を出したら、どうだ?』と背中を押したかったハズです。

それは、矢神勇磨がある女性に少しだけ感情移入して、ある女性と手島伯朗が一緒になって幸せになって欲しいと思いたかったのかもしれませんね。

ドラマ『危険なビーナス 第10話』のまとめ

犯人は楓かと思いましたが、最後の最後で思いっきり外してしまいました。危険なビーナスというのだから、最後は楓が犯人であって欲しかったですね。

さすがに、あの男が犯人というのは反則ですよ。さすがに、ずっと遺産争いに関わっていなかったのだから、それは分かりません(苦笑)。

それでも、多くの謎があり、なかなか楽しめたミステリードラマでしたね。1話で完結するものでは物足りないので、やはり、1つの事件について何話も取り上げるほうが、色々と推理できるので面白いです。