鹿手袋啓介(西村まさ彦)が窃盗しても無罪?ドラマ『相棒 シーズン3 第3話』

f:id:akira2013web:20201212081511p:plain
出典:https://www.videopass.jp/series/10366

ドラマ『相棒 シーズン3 第3話』では、鹿手袋啓介(西村まさ彦)が窃盗の疑いがありましたが、なぜか杉下右京は逮捕しようとしません。そこで、なぜ、窃盗しても無罪になってしまうのか紹介しましょう。

ドラマ『相棒 シーズン3 第3話』のキャスト

刑事ドラマ『相棒 シーズン3』は、2004年10月13日〜2005年3月23日の間に放送されました。

プロデューサー

  • 島川博篤

女優&男優&声優

ドラマ『相棒 シーズン1〜2』のストーリー

www.akira-movies-drama.com

上の内部リンクをクリックしたら、刑事ドラマ『相棒 シーズン1〜2』のストーリー・キャスト・見所・豆知識などを見る事ができます。

ドラマ『相棒 シーズン3 第3話』のストーリー

伊丹憲一たちは、小松原を見送ろうとする途中で、ピストルを奪われて自殺されてしまいました。あまりの不手際に、内村完爾が「何をしているんだ、お前たちは!」と叱責してしまいます。

このままでは、面目丸つぶれと思って焦る伊丹憲一でしたが、捜査上で入手した写真を亀山薫に見せてきました。それは、亀山薫の恋人が鹿手袋啓介と仲よさそうにしている浮気写真だったのです。

睨みつけてくる亀山薫に対して、伊丹憲一は「誤解すんじゃねぇぞ、心配して持って来た訳じゃねぇぞ、ただの嫌がらせだ」と言って笑いをこらえてしまうので、亀山薫は『コノヤロウ』と思ってしまうのです。

しかし、杉下右京はその写真を見てしまって『やはり二人は、そういう関係になっていたのか』と言葉を失ってしまうのです。

杉下右京たちは、捜査を続けていく上で、加賀谷秀之が怪しいと睨んで、アリバイについて聞きに言ったら「あの時は、他の秘書官と一杯やっていたんだ」と答えられます。

アリバイは完璧のように見えますが、杉下右京たちは犯人を見つけられるのでしょうか?

『鹿手袋啓介(西村まさ彦)が窃盗しても無罪』

杉下右京は、亀山薫の彼女が鹿手袋啓介と浮気をしている写真を見てしまいます。そこへ角田六郎が「何の写真だ?事件か?」と詰め寄ってくるので「そうですねぇ、これはある意味。窃盗ですかねぇ」と答えてしまいます。

これには、亀山薫が気まずそうにしていますが、これは人の彼女の気持ちを盗んで浮気をしたという意味で『窃盗』と言われたのでしょう。

結婚していない彼女と浮気しても、日本では罪に問われないので、このような窃盗では無罪放免となってしまう訳です。

それで、窃盗でも無罪となってしまうケースなんですね。

ドラマ『相棒 シーズン3 第3話』のまとめ

第3話では、鹿手袋啓介が人の気持ちを盗んでしまいますが、ラストシーンでは亀山薫を殴りつけてしまうので『ムチャクチャな男だな』と思ってしまいましたね。

どのような理由をつけても、彼氏がいる女性に手を出すほうが最低だとは思いますけどね。

それにしても、杉下右京が加賀谷秀之にいやらしくつきまとうのは、相変わらずという感じですが、ユーモアのあるしつこさだったので、思わず笑ってしまいました。

そして、動画配信『TELASA』に入会すれば、ドラマ『相棒 シーズン1〜18』まで見る事ができます(2020年11月時点)。