死体の腐敗で死亡推定時刻が狂う理由を解説!ドラマ監察医 朝顔2 第7話

ドラマ『監察医 朝顔2 第7話』では、死体の腐敗具合によって死亡推定時刻が変わってしまったので、なぜ腐敗によって死亡推定時刻が変わったのか紹介しましょう。

ドラマ『監察医 朝顔2』のキャスト

f:id:akira2013web:20201103062827p:plain

出典:https://www.fujitv.co.jp/asagao2/index.html

医療ドラマ『監察医 朝顔2』は、2020年11月2日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 万木朝顔(演:上野樹里)現場まで足を運ぶ監察医
  • 万木平(演:時任三郎)万木朝顔の父親
  • 桑原真也(演:風間俊介)万木朝顔の恋人であり、新米刑事
  • 夏目茶子(演:山口智子)万木朝顔たちの上司
  • 藤堂雅史(演:板尾創路)ベテランで大人しい性格をした法医学者
  • 藤堂絵美(演:平岩紙)藤堂雅史の妻
  • 安岡光子(演:志田未来)アルバイトとして監察医の現場で働く女性
  • 高橋涼介(演:中尾明慶)陽気な検査技師
  • 愛川江梨花(演:坂ノ上茜)キビキビと動く女刑事
  • 山倉伸彦(演:戸次重幸)強盗犯の係長
  • 熊田祥太(演:田川隼嗣)法医学で働く青年
  • 丸屋大作(演:杉本哲太)検死官で、厳格な性格
  • 五十嵐京介(演:松角洋平)神奈川県警の監察官
  • 田村聖奈(演:中村里帆)桑原に撃たれる女性
  • 桐谷大和(坂本慶介)桑原に撃たれた男性

主題歌

ドラマ『監察医 朝顔2』の主題歌は、折坂悠太 の『朝顔』です。  

ドラマ『監察医 朝顔2』の前作

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、医療ドラマ『監察医 朝顔2』の前作『監察医 朝顔』の全話のストーリー・キャスト・豆知識・見所などを見る事ができます。

ドラマ『監察医 朝顔2 第7話』のストーリー

丸屋大作は、朝顔の力になれないかと思って協力しようとしますが、それを県警に見つかってしまって「何をしているんですか、丸屋さん。これは責任問題になりますよ」と注意されてしまうのです。

実は、五十嵐京介が「朝顔は桑原容疑者の妻なので、捜査から外すように」と丸屋に言っていました。それを無視するかのような態度を取ってしまったので、丸屋も捜査から外される事になってしまいます。

しかし、夏目茶子の計らいで、安岡光子に解剖を任せて、朝顔にはサポートをさせる事にしました。サポートであれば、誰が行ったのか記入する必要がなかったので、県警にバレる心配はなかったのです。

それからも、五十嵐京介はしつこく桑原を犯人扱いして、厳しい取り調べを行なっていました。しかし、桐谷大和の足には撃たれた後がようやく分かり、桑原の主張がある程度まで正しかった事が判明しました。

さらに、桐谷大和は暑い時期にコンテナに収容されていた事も分かり、死亡推定時刻に誤差がある事まで分かったのです。桑原が容疑者である可能性は低くなりましたが、犯人は誰なのでしょうか?

『死体の腐敗で死亡推定時刻が狂う理由を解説』

桐谷大和は、ピストルで撃たれた後にコンテナに入って、暑い中で保管される事により腐敗が進んでしまって、死亡推定時刻が変わりました。

なぜ、このように気温や室温によって、死亡推定時刻が変わるのかと言えば、遺体の肝臓を測って死亡推定時刻を測る場合があるからです。

人間は死んでしまったら、肝臓の温度は下がっていきますが、暑い所のほうが肝臓の温度は下がりづらくなります。そのため、暑いコンテナに保管されていたら、死亡推定時刻が変わるのは当然と言えるでしょう。

そのため、ミステリードラマで死亡推定時刻が出てきたとしても、遺体があった場所を途中で変えているのかもしれないと思いながら、見ていれば、今まで違った楽しみ方でミステリードラマを見れるかもしれません。

参照元https://webmanga.link/sibousuiteijikoku/

ドラマ『監察医 朝顔2』を見られる動画配信

上野樹里さん主演の医療ドラマ『監察医 朝顔 第1〜11話・特別編』と『監察医 朝顔2 第1〜7話』は、動画配信『FOD PREMIUM』に入会すれば見る事ができます。

FODプレミアムの月額料金は888円(税別価格)になりますが、新規登録であれば、2週間以内に解約した場合には、888円はかかりません。

ドラマ『監察医 朝顔2 第7話』のまとめ

朝顔2 第7話では、死亡推定時刻が変わってしまうので『なんで?』と思ったら、死亡推定時刻の測り方が原因していたんですね。

この知識を生かしておけば、今後のミステリードラマの記事を掲載する時に、犯人を当てやすくなるかもしれません。

それにしても、桑原の容疑が晴れた時に、五十嵐京介は何も言わずに立ち去っていくのを見ていたら『いやいや、謝らんかい!』と突っ込みたくなりましたね。本当にヒドイ男でしたね。

それでも、桑原が犯人ではない事は当たったので、まぁ良かったかなという感じです。