小峰夕月役の羽田美智子が映画であの偉人を熱演!ドラマ『相棒 シーズン3 第4話』

f:id:akira2013web:20201212081511p:plain
出典:https://www.videopass.jp/series/10366

ドラマ『相棒 シーズン3 第4話』で、小峰夕月役として出演していた羽田美智子さんが、映画であの偉人を熱演していたので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『相棒 シーズン3 第4話』のキャスト

刑事ドラマ『相棒 シーズン3』は、2004年10月13日 - 2005年3月23日の間に放送されました。

プロデューサー

  • 島川博篤

女優&男優&声優

ドラマ『相棒 シーズン1〜2』のストーリー

www.akira-movies-drama.com

上の内部リンクをクリックしたら、刑事ドラマ『相棒 シーズン1〜2』のストーリー・キャスト・見所・豆知識などを見る事ができます。

ドラマ『相棒 シーズン3 第4話』のストーリー

亀山薫は朝方まで寝ていたら、奥寺美和子から電話で「右京さんが免職になったみたいよ」と教えられて「えぇ!」と驚いてしまうのです。亀山薫は、大河内春樹に「俺たちが朱雀武比古を捕まえたから、免職話もたち消えでしょう?」と詰め寄ります。

ところが、朱雀武比古と裏でつながっていた警察庁の主席監察官 木佐貫功は『こんな事になったのは杉下右京のせいだ』と逆恨みして免職にされてしまったのです。

警視庁で大きな動きがある中で、大きな事件が起きようとしていました。

古谷彦六が夜遅くまで執筆をしていたら、妻の小峰夕月から「庭に誰かいる。強盗かもしれない」と言われて、庭を覗いてみると本当に不審者がいたので警察へ通報します。

ところが、家に入ってきたのは妻のマネージャーでしたが、妻とマネジャーは共謀して古谷彦六を射殺してしまうのです。

亀山薫は、捜査一課の刑事たちから「あの人が辞めたんだってな?送別会を開くなら呼べよ、行ってやるから」と茶化されていました。ところが、海音寺菊夫は『杉下右京は使える男だな』と考えて、自分の所で特命係を復活させてしまいます。

杉下右京は現場復帰したら、いきなり古谷彦六を殺害した容疑者として、妻の小峰夕月が怪しいと睨みます。小峰夕月は強盗に撃たれたと供述していたので、簡単に捕まえる事はできなかったのですが、逮捕できるのでしょうか?

『小峰夕月役の羽田美智子が映画であの偉人を熱演』

小峰夕月役の羽田美智子さんが、映画『この道』で、与謝野晶子役を熱演していました。

与謝野晶子と言えば、日露戦争へ従軍しようとする弟を想って『君死にたまふことなかれ』という言葉を発表した事で、大きな話題を呼びました。

この時は、祖国が強くならなければ西欧諸国の植民地になる時代だったので、身内が戦場へ行く時に心配の声をあげるのは、タブー中のタブーだったのです。戦争末期では「お国のために死んできなさい」というのが、合言葉になったほでした。

それほどの偉人を演じるという事は、羽田美智子が日本の大女優として認められている証拠でしょう。

そんな羽田美智子さんのプロフィールは、以下の通りです。

ドラマ『相棒 シーズン3 第4話』のまとめ

相棒シーズン3 第4話では、小峰夕月(演:羽田美智子)がマネージャーと一緒に芝居のようなセリフを言った後に夫を殺害してしまうので『その間に逃げられたら、どうするんだろう』と想ってしまいました。

まぁ、ピストルを向けているので簡単には逃げられないと思いますが、少しでも抵抗していたら『強盗に襲われた』という供述を崩す事は可能なハズです。

そこはピストルを向けられているので、怖くて動けないという人間の心理が動いてしまたのだろうなぁと想ってしまいましたね。

そして、動画配信『TELASA』に入会すれば、ドラマ『相棒 シーズン1〜18』まで見る事ができます(2020年11月時点)。