落雷で生き返ったテスが破滅しない方法を紹介!映画『リバース・オブ・ブリッツ』

映画『リバース・オブ・ブリッツ』で、テスが生まれて間もなく死にますが落雷で生き返り母親たちに復讐します。そこで、テスが破滅しないで済む方法を紹介するので参考にしてみて下さい。

映画『リバース・オブ・ブリッツ』のキャスト

アメリカ合衆国のホラー映画『リバース・オブ・ブリッツ』は、2018年に制作されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:ジュリアン・リチャーズ
  • 脚本:マイケル・メイヒン

登場人物

  • テス:生まれて間もなく死ぬが、雷により蘇生した女性
  • レナ:テスの母親
  • ケン:医師でありテスを育てるが襲うとする男
  • ヘクト:レナの担当医師
  • フォックス:殺害事件を追いかける刑事

映画『リバース・オブ・ブリッツ』のストーリー

病院で死産になってしまった赤ちゃんが、横たわっていましたが、落雷により電流が赤ちゃんに注がれてしまいます。そうしたら、赤ちゃんが生き返りました。医師のケンは密かに赤ちゃんをテスと名付けて家へ持ち帰って16年も育てていきます。

ケンは美しい少女になったテスを襲おうとますが、テスは超能力が備わっていて、ケンを殺害してしまうのです。テスの母親レナは、自分の娘の埋葬をしないで、病院に処分を任せていましたが、今まであまり気にしないようにしていました。

テスは、その事を恨み、担当医師を脅迫して、自分の母親がレナである事をつきとめます。しかし、担当医師にも責任があると考えて、エレベーターに逃げ込んだ担当医師を見逃さず、エレベーターを一気に落としてしまったのです。

それから、テスはついにレナの居場所を突き止めて、オーディションに参加する事になりレナと一緒に仕事をする事になってしまいます。

テスは感情の赴くまま、邪魔な人間を殺害していき、やがて母親にも牙を向けるようになります。はたして、レナの運命はどうなってしまうのでしょうか

『落雷で生き返ったテスが破滅しない方法』

落雷で生き返ったテスが破滅していったのは、性格がゆがんでいて貧しいケンに育てられてしまったからです。

もしも、レナが死んだ赤ちゃんを引き取って埋葬しようとしていたら、落雷で生き返った娘を引き取れたハズなので、幸せな生活を二人で送れたはずです。

そのため、死産であっても、病院任せにしないで、自分でしっかりと埋葬しようと努力するべきでした。

映画『リバース・オブ・ブリッツ』が見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『リバース・オブ・ブリッツ』を見る事ができます(2020年12月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。

映画『リバース・オブ・ブリッツ』と他の作品を比較

映画『リバース・オブ・ブリッツ』では、雷によって生き返った赤ちゃんが、大人になって見殺しにした母親を復讐していく恐ろしいホラー映画です。

それに引き換え、映画『アデライン 、100年目の恋』では、雷に打たれたアデライン が老化しない体になってしまって、かつて愛した男の息子と恋に落ちてしまいます。

二つとも雷によって、特異体質になってしまいますが、ホラーと恋愛という違いがあり、その違いを見比べてみるのも悪くはないでしょう。

www.akira-movies-drama.com

映画『リバース・オブ・ブリッツ』のまとめ

落雷で生き返ったテスが、最初から母に復讐しようとする映画かと思っていたら、母親に歩み寄ろうとしていた瞬間もありました。

さらに、死産の原因は、母親が逆子とわかりつつも、お腹に傷を残したくないと考えて帝王切開を拒んでしまった事も関係していました。帝王切開しないで、無理に出産しようとして、へその緒が赤ちゃんの首に巻きついて窒息死してしまいます。

そういった事を考えたら、レナは赤ちゃんを2回は見殺しにしたような所があるので、何かと痛ましいストーリーでしたね。