佐々木蔵之介が後味悪いと言われた意外な理由?映画『Jam Films(HIJIKI編)』

f:id:akira2013web:20201219182731j:plain

映画『Jam Films(HIJIKI編)』では、佐々木蔵之介がピストルで撃たれてしまって、少女から「後味悪いね」と言われてしまいます。ところが、この言葉には他にも違う意味が込められていると思うので詳しく紹介しましょう。

映画『Jam Films(HIJIKI編)』のキャスト

映画『Jam Films(HIJIKI編)』は、2002年12月28日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 男(演:佐々木蔵之介)ヒジキが苦手な男性
  • 女(演:秋山菜津子)男を叱りつける女性
  • 義理の妹(演:氏家恵)義理の妹

映画『Jam Films(HIJIKI編)』のストーリー

男は、食卓にあがっているヒジキを見て、汗ばんでしまいます。そこへ発煙筒のような物が投げ込まれてしまって、警察から「人質に手を出すな!大人しく出て来い」 と呼びかけられmす。

女は「何かしたんだろう?今のうちにヒジキでも食っておきな。ムショのシャリはまずいよぉ」とほくそ笑みます。それに何も答えられないでいると、母親らしき者から「贅沢な想いをさせられなかったのを恨んでいるのかい」と説得されます。

その言葉を聞いた女は「一人っ子で留守番でもさせられたのかい?」と声をかけると、男は泣き始めてしまいました。ところが、女は「甘ったれんじゃないよ!私なんてテレビなんて見られないで、ラジオしかなかったんだよ」と叱りつけます。

ビクッとしてしまう男に追い打ちをかけるように「中学は出たのかい」とたたみかけると、静かに男はうなずきます。女は「贅沢な!私なんて小学は3年しか行ってないよ」と叱責してしまうのです。

おまけに男が米を食っている事を知ったら「私なんて、パンの耳を食って育ったんだよ!ちっきしょおう」と叫び始めるので、男は銃を女に向けてしまいます。

しかし、男は思いとどまって撃つのを辞めて、外へ出ようとしたら、女から「待ちな、ひじきでも食ってきな」と声をかけたら「僕、ひじき苦手なんです!」と断ってしまうのです。

佐々木蔵之介がヒジキを通して訴えたかったもの』

男(演:佐々木蔵之介)は、ヒジキが食べられないと言いつつも、貧しい家族がせっかく出してくれた物だからと思って、思いっきり頬張ります。

そして、改心した男は銃の先端に白い布をかぶせて、白旗を振るように意思表示しようとしますが、それは警察たちから『射撃してくる気だ』と勘違いされて撃たれてしまうのです。

この時に、少女が「後味悪いね」と言いますが、会心した男が撃たれて後味悪いという意味と、あれだけ多くのヒジキを食べたので後味が悪いというのもかけているのではないでしょうか?

今作は、暗いストーリーの中にユーモアを感じさせる所があるので、そのように感じてしまいます。

映画『Jam Films(HIJIKI編)』が見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『Jam Films(HIJIKI編)』を見る事ができます(2020年12月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。

映画『Jam Films(HIJIKI編)』と他の作品を比較

映画『Jam Films(HIJIKI編)』では、立てこもった男に、家族たちが「私たちのほうが不幸だったんだよ」と言ってしまうストーリーでした。

こういった不幸を全面に出した映画では、比較にならないほどの名作があって、それが『おしん』です。ドラマでは全世界で大ヒットして、昔の日本を代表する作品として、全世界で、そのイメージが定着したほどです。

おしんでは、貧しい農家の娘が、わずかな米と引き換えに、奉公に出かけますが、無実の罪で責められてしまうのです。それからも苦労が続きますが、おしんは逆境に負けずたくましく成長していきます。

www.akira-movies-drama.com

映画『Jam Films(HIJIKI編)』のまとめ

Jam Filmsは、訳の分からないストーリーが多くて、どこか『世にも奇妙な物語』に近いものを感じさせます。そして、HIJIKI編では、ヒジキがメインのように見えて、何を訴えたいのか?分かりづらくしていう感じです。

視聴者が『結局、何を伝えたいの?』と困惑してしまいますが、それが大きな謎となって惹きつける事を狙ったのではないでしょうか?まぁ、一言で言えば、つらまらない内容ですね(苦笑)。

それでも、佐々木蔵之介ファンであれば、必死な表情で演じている所を見られるので、一度は見ておくのも悪くはないかもしれません。