我孫子沙織(川栄李奈)のカッコ良い恋愛観は必見!ドラマ『#リモラブ 第10話』

f:id:akira2013web:20201016072442p:plain

出典:https://www.ntv.co.jp/remolove/

ドラマ『#リモラブ 〜普通の恋は邪道〜 第10話』では、我孫子沙織(演:川栄李奈)がカッコ良い恋愛観を力説しますが、それは多くの人たちにとって参考になるので詳しく紹介しましょう。

ドラマ『#リモラブ』のキャスト

産業医ドラマ『#リモラブ』は、2020年10月14日から放送開始されました。

監督&脚本&原作

女優&男優&声優

  • 大桜美々(演:波瑠)普通の恋愛ができない産業医の女性
  • 八木原大輝(演:髙橋優斗)診療室勤務の新人看護師
  • 富近ゆり(演:江口のりこ)精神科の非常勤医師
  • 朝鳴肇(演:及川光博)出世を楽しみにする人物
  • 朝鳴保(演:佐久間玲駈)朝鳴肇の息子
  • 岬恒雄(演:渡辺大)熱をごまかそうとする男性社員
  • 青林風一(演:松下洸平)朝鳴肇の部下
  • 五文字順太郎(演:間宮祥太朗)コロナ対策をバカにする人物
  • 我孫子沙織(演:川栄李奈)大胆な考えを持つ女子社員
  • 乙牧ひろ吉(演:西堀亮)居酒屋『おと』の店主
  • 乙牧栞(演:福地桃子)乙牧ひろ吉の一人娘で、八木原大輝の彼女
  • 深杉明彦(演:今井隆文)カネパル健康管理室で働く人物
  • 駒寺夏樹(演:ついひじ杏奈)カネパル健康管理室の医師

主題歌

ドラマ『#リモラブ』の主題歌は、福山雅治さんの『心音』です。 

ドラマ『#リモラブ』の全話のストーリー

www.akira-movies-drama.com上の内部リンクをクリックしたら、二次元に恋する産業医のドラマ『#リモラブ』の全話のキャスト・ストーリー・豆知識・見所などを見る事ができます。 

ドラマ『#リモラブ 第10話』のストーリー

大桜美々は、青林風一と喧嘩をしてしまいますが、そのうちメッセージを送ってきてくれるだろうと待ち望みます。しかし、青林風一は何もメッセージを送ってくれなかったので『どういうつもり?』と引っ込みがつかなくなってしまいました。

ところが、翌日になり会社が分社化して産業医を辞めさせようとした時に、何と喧嘩をしたハズの青林風一が『大桜美々を守る会』を立ち上げてくれたのです。大桜美々は『喧嘩をしたのに、そんな事をしてくれたのか』と感慨深くなってしまいます。

会社の帰り道で、二人はお互いに謝りあって、なんとか仲直りできました。しかし、青林風一がプロポーズしてみたら『えぇ?』という顔をされたので、ダメなのかぁと落ち込んでしまうのです。

ところが、大桜美々は我孫子沙織や富近ゆりたちと一緒に食事をしながら、どうやって恋愛していくべきかと相談します。

実は、富近ゆりは朝鳴肇と良い感じで距離が縮んでいましたが、朝鳴肇の息子から「新しいお母さんはいらない」と影で言われてしまったのです。

色々と悩みながら、クリスマスの時期がやってきますが、オクテだと思われていた青林風一からメッセージが送信されてきました。はたして、青林風一は、どんなメッセージを送ってきたのでしょうか?

我孫子沙織(川栄李奈)のカッコ良い恋愛観は必見』

我孫子沙織(川栄李奈)は、青林風一と別れてしまいますが、前に付き合った恋人の事は悪く言わないと力説します。そんな事を言ってしまえば、過去の自分も否定する事になるし、あまりカッコ良い感じはしません。

さらに、前に付き合っていた恋人を悪く言っていたら、今まで自分の事を良いと思っていた異性の人が『この人と付き合って破局したら、自分も同じような事を言われるかもしれない』と思われてしまうでしょう。

そのような事を考えたら、我孫子沙織(川栄李奈)のカッコ良い恋愛観は、多くの人にとって必見と言えます。

ドラマ『#リモラブ』を見られる動画配信

泥棒一家の娘と警察一家の息子が禁断の恋をするドラマ『リモラブ 第1〜10話』は、動画配信『Hulu』に入会すれば見る事ができます。

Huluの月額料金は933円(税別価格)になりますが、新規登録であれば、2週間以内に解約した場合には、933円はかかりません(2020年12月時点)。

ドラマ『#リモラブ 第10話』のまとめ

大桜美々と青林風一が喧嘩をして、険悪な雰囲気がただよってしまいましたが、最終回になって、やはり仲直りしましたね。

それにしても、我孫子沙織(演:川栄李奈)の恋愛観はカッコ良いですね。人として、前に付き合っていた人の事を悪く言わないようにしたいと思っていても、感情のある生き物は簡単に割り切れるものではありません。

しかし、前の恋人を悪く言っても、何も解決しないので、よほどの事をされない限りは我孫子沙織のように振る舞いたいものですね。