斎藤利三の生涯で明智光秀の人徳が分かる?麒麟がくる 第38回

明智光秀像

大河ドラマ麒麟がくる 第38回 丹波攻略命令』では、斎藤利三明智光秀に従うようになりますが、この斎藤利三の生涯によって明智光秀の人徳がよく分かるので、その理由について紹介しましょう。

大河ドラマ麒麟がくる』シリーズを見られる動画配信

麒麟がくるシリーズは、動画配信U-NEXTで見る事ができます。U-NEXTは月額1,990円かかりますが、初入会の方であれば無料で『麒麟がくるシリーズ』を 2日間は見る事ができます(2020年12月時点)。

さらに、アニメや映画・電子書籍など多くの物を見る事も可能です。

大河ドラマ麒麟がくる 第38回』のキャスト

大河ドラマ麒麟がくる 第38回』は、2020年12月27日に放送されました。

脚本&語り

女優&男優

大河ドラマ麒麟がくる 第回』に出演する俳優や女優さんたちです。

明智
朝廷
将軍家
織田家
その他

大河ドラマ麒麟がくる 第38回』のストーリー

織田信長は、明智光秀に使者を遣わして「一両日中に、三淵藤英を切腹させよ」と厳命しました。しかし、今まで三淵藤英と親交の深かった明智光秀は、何とか生き延びてもらえるように働きかけますが、三淵藤英はそれを断り切腹してしまいました。

明智光秀は、細川藤孝たちと共に河内国へ攻め込んで、三好や本願寺の残党を撃破します。

そして屋敷へ戻ってきたら、斎藤利三が「稲葉一鉄が顔に向かって草履を投げ込んできた上に、次々に主君を変わるような人物なので、そんなお方よりも明智様に従いたいと思いまして何卒」と頭を下げてきたのです。

明智光秀は、その言葉にすぐ返事はできなく、頭を悩ませてしまいますが、織田信長に謁見して斎藤利三稲葉一鉄に返す事ができませんと申し出ます。

織田信長は、最初こそ腹を立ててしまいますが「お前に与力として細川藤孝を与えるゆえ、丹波国を任せる」と言い放って、丹波国を攻略する事になりました。

明智光秀丹波の豪族に力を貸して、何とか調略できないかと思案にくれますが、近衛前久から調略で済むような者たちではないと言われてしまいます。やむなく、明智光秀丹波に出撃して長い戦いの幕が切って落とされたのです!

斎藤利三の生涯で明智光秀の人徳が分かる?』

斎藤利三は、春日局の父上であり、最後の最後まで明智光秀に従った人物です。一説では、織田信長を討つ事は無謀と説得しますが、最後まで主君と共に羽柴勢と戦った忠臣でした。

本能寺の変の後に、明智光秀細川藤孝筒井順慶に味方してもらえなかったので、石田三成と同じように人徳がないように思っている方はいるかもしれません。

しかし、これは明智光秀の根回しが足りなかっただけで、明智光秀に味方をして裏切った武将はあまりいません。明智光秀の家臣の多くは最後まで一緒に戦っており、いかに家臣たちから慕われていたのか?よく分かる事例と言えるでしょう。 

大河ドラマ麒麟がくる 第38回』のまとめ

麒麟がくる 第38回では、ついに斎藤利三が出てきましたね。明智の家臣の中でも有名な忠臣ですが、このドラマでは稲葉一鉄がかなり悪く書かれていますね(苦笑)。

それはともかくとして、次はいよいよ丹波の戦が本格的になっていきますが、この丹波を攻略できた事は、織田信長に絶賛されているので、国替えの話には本当に納得できなかったのでしょう。

今後は、どのような武将が戦で活躍していくのか?期待して見守りたいと思います。