ソ・ソグが一番醜いと思えたのはゾンビではない?映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』では、ソ・ソグたちがゾンビに追いかけ回されますが、ゾンビよりも醜いと思えるものがあったので詳しく紹介しましょう。

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』のキャスト

韓国のパニック&ゾンビ映画新感染 ファイナル・エクスプレス』は、2017年9月1日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:ヨン・サンホ
  • 脚本:パク・ジュスク&ジョースーク・パーク

女優&男優

  • ソ・ソグ(演:コン・ユ)仕事と家庭の狭間で苦しむエリート社員
  • スアン(演:キム・スアン)ソ・ソグの娘で、釜山へ行きたがる少女
  • キム代理(演:キム・チャンファン)個人投資家を心配する代理
  • ユン・サンファ(演:マ・ドンソク)妻を大事にするポッチャリとした男性
  • ミン・ヨングク(演:チェ・ウシク)女友達の告白に返事できない男子
  • ソンギョン(演:チョン・ユミ)ユン・サンファの妻

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』のストーリー

ソ・ソグはキム代理に「資産をすぐに売却しろ」と言って「いや、それでは個人資産家たちが」と心配しますが、全く意に介しません。家に帰ったら、娘から「釜山へ明日行きたい」と駄々をこねられて、仕方なく娘と二人で釜山へ行く事になります。

二人は新幹線KTXに乗りますが、そこに足を怪我した不審者が乗り込んでいたのです。その時、トイレに不審者がいるという事で、乗務員が「切符はありますか?」と聞いたら「みんな死ぬんだ」と謎の言葉をうめくだけでした。

外では、大掛かりなデモが行われていましたが、危機は電車の中にも忍び寄っていて、11号車ではゾンビのような女性が現れて、女性乗務員が襲われてしまったのです。

噛みつかれたものは、次々とゾンビになってしまい、電車は阿鼻叫喚の世界へ変わってしまいます!ゾンビの大群はソウルでも大暴れしてしまって、政府は軍を投入する事になりました。

新幹線は釜山行きでしたが、大田(テジョン)へ行く事になり、駅に付き次第、軍隊が車内のゾンビを鎮圧する事になります。

しかし、駅には多くのゾンビが追いかけてくるので、すぐに違う電車に乗り込んで釜山を目指します。しかし、仲間たちは違う車両に乗っていてトイレに逃げ込みますが、ゾンビに完全に囲まれました。

ソ・ソグたちはトイレに向かおうとしますが、家族を救う事はできるのでしょうか?

『ソ・ソグが一番醜いと思えたのはゾンビではない』

ソ・ソグたちは、ゾンビに追いかけ回されますが、同じ韓国人たちに車両の扉を閉められてしまって、ゾンビのいない車両に入れずに苦戦してしまいました。

まだ感染していなかった者たちにしてみれば、ゾンビから逃げてくるソ・ソグたちが感染していないとは判断がつかなかったので、車両に入れる訳にはいかなかったのです。

そのために、貴重な仲間が感染してしまって、ソ・ソグたちはゾンビよりも人間の心のほうが醜いと思ったハズです。

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』が見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』を見る事ができます(2020年12月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』と他の作品を比較

韓国の映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』は、その圧倒的な迫力から、全世界で絶賛されましたが、その映画の続編が2021年1月1日に上映されます。

その名も『新感染半島 ファイナル・ステージ』です。元旦に上映されるという事は、日本でもいかに注目されているのか、よく分かるでしょう。

ただし、今作のように新幹線の密室の車両とは違うので、今作のようなスリルを味わえないのかもしれませんが、そこをどうやって次回作を制作していくのか?今から期待大ですね。

映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』のまとめ

韓国のゾンビ映画という事は、日本と同じぐらいのレベルかな?と思っていたら、想像以上の迫力で驚かされました。もしかしたら、ハリウッド以上ではないかなと思うほどの内容です。

車両でゾンビに追いかけ回されていく中で、自分たちだけが助かりたいと思って、同じ韓国人を見捨てようとするのは人間の醜さがよく現れていましたね。これは車両でなければ出来ない演出だったので、よく考えついたなと思える内容でした。

見た目の派手さだけではなくて、自分たちだけが助かれば良いと思える人間と、なんとか仲間を助けたいと思える人間のせめぎ合いが見れて、最後の最後までうならされる映画です。

絶体絶命の中でも、妻を助けようとする夫や、娘を守りたいと思える父親たちが大変な思いをしていくので、今まで見てきた中のゾンビ映画の中でも、1番感動できる内容で良かったです。