映画『怪盗グルー』シリーズのストーリー・声優・見所

映画『怪盗グルー』シリーズのストーリー・声優・豆知識・見所などを紹介するので、参考にしてみて下さい(スピンオフ作品も含みます)。

映画『怪盗グルーの月泥棒』のストーリー・声優

グルー(声:笑福亭鶴瓶)は、怪盗として大きな仕事をしようとして、月を小さくして盗んでやろうとします。

しかし、ロケット開発のために、銀行から融資してもらおうと思っても、パーキンス(声:内海賢二)から「まずは月を小さくできる縮ませ光線銃を手に入れてからだ」と言われてしまうのです。

融資を受けられないまま、パーキンスの息子ベクター(声:山寺宏一)に先を越されてしまって、月を取られてしまいました。グルーは、ベクターの屋敷から盗もうとしますが、鉄壁の守りで、うかつに入れません。

そこで、施設に入っている三姉妹 マーゴ(声:須藤祐実)・イディス(声:矢島晶子)・アグネス(声:芦田愛菜)たちを迎え入れて、三人をベクターの屋敷に向かわせて、その隙を狙って盗もうと企むのです!

www.akira-movies-drama.com

映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』のストーリー・声優

怪盗グルー(声:笑福亭鶴瓶)は、三姉妹を我が子のように可愛がっていて、怪盗から足を洗っていました。ところが、反悪党同盟のルーシー(声:中島美嘉)に襲われてしまい、反悪党同盟の本部へ拉致されてしまうのです!

そこで、サイラス・ラムズボトム(演:坂口芳貞)が「極悪人が危険や薬物を使おうとしているので調査して欲しい」と言ってきます。怪盗グルーは、当初こそ反対していましたが、ロクに仕事もない事から、ルーシーと共に調査する事にします。

怪盗グルーは、怪盗エル・マッチョ(演:中井貴一)を見かけますが、まだ証拠がないという事で逮捕もできません。はたして、怪盗グルーやルーシーたちは危険薬物の使用を阻止できるのでしょうか?

www.akira-movies-drama.com

映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』のストーリー・声優

ブラッド(声:松山ケンイチ)は、幼い時から悪党としての実力を発揮していて「僕ちゃん、悪い子」とはしゃぎまくる男でした。

それは大人になってからも変わらなかったので、グルー(声:笑福亭鶴瓶 )やルーシー(声:中島美嘉)たちは、ブラッドを追い詰めますが、あと一歩の所で取り逃がしてしまいます。

仕方なく本部へ戻ったら、反悪党同盟のリーダーが、サイラス・ラムズボトム(演:坂口芳貞)からヴァレリー(声:いとうあさこ)に代わってしまうのです。

ヴァレリーは「あのブラッドを取り逃がすなんて!」と二人の責任を追求してしまって、グルーたちは解雇されてしまいました。

グルーは落ち込みますが、双子の兄弟のドルー(声:笑福亭鶴瓶)が、フリッツ(声:山寺宏一)を使いに送ってきて「屋敷に招待したい」と言ってきたのです。

それから、グルーはドルーたちと協力して、ブラッドからお宝を奪い取ろうとしますが、思わぬトラップが待ち受けていたのです!

www.akira-movies-drama.com

映画『ミニオンズ』のストーリー・キャスト

太鼓の昔から、地球上にはミニオンたちが長い旅を続けて居て、主と思える悪党を探し求めていました。しかし、氷の洞窟に住み始めてからは、その居心地の良さから、悪党を探す事を辞めてしまいます。

ケビン(声:多田野曜平)は『このままではいけない』と思って、ボブ(声:佐藤せつじ)やスチュアート(声:青山穣)たちと共に、悪党を探す旅へ出かける事にしました。

そして、大悪党大会に参加して、華麗な怪盗スカーレット(声:天海祐希)に認めてもらい、イギリスのエリザベス女王(声:雨蘭咲木子)の王冠を取って来る事になります。なぜなら、スカーレットはイギリスの征服を狙っていたからです。

ところが、ケビンたちは名剣エクスカリバーを引き抜いてしまって、イギリス国王に祭り上げられてしまいます。その出来事を知ったスカーレットは激怒して、ミニオンたちと激しい戦いを繰り広げる事になってしまうのです!

www.akira-movies-drama.com

映画『怪盗グルー』シリーズが見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『怪盗グルーの月泥棒』・『怪盗グルーのミニオン危機一髪』・『怪盗グルーのミニオン大脱走』・『ミニオンズ』などを見る事ができます(2020年12月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。

映画『怪盗グルー』シリーズの見所

怪盗グルーシリーズは、ディズニーのアニメに引けを取らないほどの人気を誇っていて、ユニバーサル・スタジオの顔になっています。

最初こそ悪党だったグルーは、三姉妹やルーシーを溺愛するようになって、だんだんと子煩悩や愛妻家になっていく所は思わず微笑ましく感じる所です。

吹き出すほど笑えるようなコメディ映画ではありませんが、可愛く感じるキャラクターの活躍や、グルーの破茶滅茶な言動や行動には惹きつけられるほどの魅力がありますね。