柏木渚が田沼翼と付き合った理由とは?映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』

映画『かぐや様は告らせたい』では、柏木渚がバカにしていた田沼翼と付き合ってしまうので、その理由について考察してみたので参考にしてみて下さい。

映画『かぐや様は告らせたい』のキャスト

f:id:akira2013web:20210106184606p:plain

出典:https://kaguyasama-movie.com/

映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』は、2019年9月6日に上映されました。

監督&脚本&原作

女優&男優

  • 四宮かぐや(演:橋本環奈)生徒副会長にして、お金持ちの令嬢
  • 白銀御行(演:平野紫耀)四宮かぐやと対決する生徒会長
  • 藤原千花(演:浅川梨奈)生徒会を盛り上げる女子
  • 石上優(演:佐野勇斗)生徒副会長と会長の間で翻弄される男子
  • 早坂愛(演:堀田真由)四宮かぐやに仕える近習
  • 柏木渚(演:池間夏海)ドSな性格をしている女子
  • 田沼翼(演:ゆうたろう)柏木渚に告白する男子
  • 白銀の父(演:髙嶋政宏)白銀御行の父親
  • 白銀圭(演:深尾あむ)白銀御行の妹
  • 田沼正造(演:佐藤二朗)四宮かぐやを診察する医師

主題歌石上 優

映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』の主題歌は、King & Princeの『koi-wazurai』です。

映画『かぐや様は告らせたい』のストーリー

四宮かぐやは、生徒会の副会長であり、お金持ちの令嬢だったので、周りの生徒とはオーラが違っていました。そんな四宮かぐやには、狙っている男子がいて、それが生徒会長の白銀御行だったのです。

二人とも、プライドが高くて相手の事が気になっても、告白したほうが負けと思っていました。

1年の時は関係に何も変化がなくて、2年生になってしまったので、さすがに二人とも焦ってきて『どうやったら、相手に告らせてやろうか?』と張り合うようになったのです。

四宮 かぐやは、白銀 御行にトラップを仕掛けて、告白させる事ができそうでした。

ところが、白銀 御行と仲の良い石上 優が邪魔をしてきて、四宮 かぐやは『このヤロウ!』と睨みつけてきたので『このままでは殺されてしまう』と焦ってしまいます。その後も二人は戦い続けていきますが、ついに四宮 かぐやは倒れてしまいます。

担当医師の田沼 正造は『これは恋の病だ』と驚きますが、四宮 かぐやと白銀 御行の頭脳戦は、どちらに軍配が上がるのでしょうか?

『柏木渚が田沼翼と付き合った理由』

柏木渚は、田沼翼に「彼女いるの?」と聞いておいて、彼女がいないと知ったら、他の女子に言いふらしてバカにしていました。そんな柏木渚が田沼翼に告白されたら、意外と受け入れてしまいます。

それは、今までオクテだと思っていた男子から、強引に迫られたので、そのギャップに萌えてしまったのでしょう。

さらに『この男なら、自分の言う通りの動かせられる』と少し考えた可能性もあり得ますね。

映画『かぐや様は告らせたい』が見られる動画配信

動画配信『U-NEXT』に入会すれば、映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』を見る事ができます(2021年1月時点)。

月額1990円(税別価格)はかかりますが、新規登録の場合であれば、登録してから31日以内に解約したら、1990円はかかりません。

映画観るなら<U-NEXT>

映画『かぐや様は告らせたい』と他の作品を比較

映画『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』では、橋本環奈 さんが四宮かぐや役として、かなりの頭脳戦を展開していきます。

実は、映画『新解釈・三国志』でも頭の良い女性として、橋本環奈さんが出演しています。その登場人物とは、諸葛亮孔明の妻です。ところが、諸葛亮周瑜に斬首されそうになっても、全く気にせず「ローン!」と麻雀を楽しむような鬼嫁だったのです。

そんな無茶苦茶な所がありますが、その破天荒な性格が、逆に面白く感じてしまうので、コメディ好きの方から橋本環奈ファンの方まで、オススメの映画ですね。

www.akira-movies-drama.com

映画『かぐや様は告らせたい』のまとめ

橋本環奈さんは、多くのコメディ映画で活躍していたので、今作でもコミカルな役でおおいに笑わせてくれました。

あれだけ可愛らしい女優さんでも、ここまで面白い演技をしてくれるので、かなり貴重な存在と言えますね。

それにしても、美男美女がお互いに相手に告らせようとするのは、斬新な感じがして良かったです。

恋愛映画では、相手が自分の事を受け入れてくれるのかドキドキするものが多いのですが、今作はそういう駆け引きとは違うので、最後まで飽きずに見られましたね。

個人的には、藤原千花が下品な下ネタで笑わせようとするのが、なかなか面白かったです。