小山三平と園山零士の裏取引で起きた悲劇を紹介!映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』では、 月食の会が行われますが、そこで小山三平(演:東山紀之)と園山零士(演:田口浩正)の裏取引で悲劇が起きてしまうので詳しく紹介しましょう。

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』のキャスト

f:id:akira2013web:20210108172255p:plain

出典:映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』 | 絶賛上映中

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』は、2021年1月8日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:光野道夫
  • 脚本:岡田惠和
  • 原作:Perfetti sconosciuti 

女優&男優

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』のストーリー

仲良しグループの男女が、月食の会に集まってきますが、みんなして「小山三平は外見は良いのに、なんでアイツだけ結婚できないんだろうな。やっぱり真面目すぎるからかな」と話し合っていました。

そこへ小山三平が遅れてやってきて、用意していたお酒のビンを割ってしまった事を説明して「何をやっているんだよ」と笑われてしまいます。途中まで和やかに会話は弾んでいましたが、向井杏は夫婦生活に悩んでいて、周りからなだめられるのです。

向井杏は「だったら、みんなしてスマートフォンを机の上に出して、会話はスピーカーにして、メールはみんなに見せるって事にしません?」と、とんでもない提案をしてしまいます。

男たちは「何で、そんな事をしなければいけないの?」とうろたえますが、女性たちは次々に参加表明してしまうので、全員が参加させられます。

しかし、園山零士は小山三平が自分と同じ携帯電話を使っている事に気づいて、みんなに内緒で交換する事を提案するのです。

しかし、これが後々、大きな波紋となって地獄を見る事になるのです。はたして、月食の会はどのような結末を迎えてしまうのでしょうか?

『小山三平と園山零士の裏取引で起きた悲劇』

園山零士は、実は他の女性と不倫をしていて、あとでメールがくる事を恐れて、小山三平に「お前は別に結婚していないから、俺の携帯と交換して、どんなメールが来ても問題がないだろう」と同じ機種の携帯電話を交換してもらいます。

そうしたら、園山零士の携帯電話に女性から画像付きのメッセージが送られて来て『この前のプールのプレイで、風邪ひいちゃった』というトンデモナイ内容をみんなに知られてしまいます。

しかし、機種を交換していたので、これは小山三平の携帯電話と思われて、みんなに笑われるだけで済みました。ところが、小山三平は、実はゲイで同性のヒデと付き合っていたのです。

そのヒデから、小山三平の携帯電話に動画が送られてきて、熱いメッセージが公開されてしまいます。園山薫は「あんた、ゲイだったの!私と結婚しておいて、若い男と付き合っていたなんて、最低」と軽蔑されてしまいます。

あまりの罪悪感から、小山三平は後で「実は、自分と零士の携帯電話を交換したんです」と白状してしまいます。

この告白に、園山薫はブチ切れてしまって「あんた!人のいい三平ちゃんに責任をなすりつけて、携帯電話を交換したんだね」と夫を殴り続けてしまうのです。

園山零士が女性との不倫を隠そうとしたら、ゲイと間違われて、さらには不倫がバレて殴られるという最悪の悲劇が起きてしまった訳です。

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』と原作を比較

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』は、イタリアの映画『おとなの事情』をリメイクしたものです。

原作をリメイクしたものなので、多くの内容は共通しています。しかし、イタリアは日本よりも性にオープンな所があり、やはりイタリアのほうが自然な感じで見られるのは事実です。

今作を見る前に、原作を見たら、今作を見る楽しみが減ってしまうので、まずは今作を見てから原作を見てみるほうが良いかもしれませんね。

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』のパンフレット

おとなの事情_パンフレット画像

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』のパンフレットに書かれている内容を少しだけ紹介します。

俳優たちの結婚観

この映画に出演している俳優たちが、自分たちの私生活になぞらえて結婚観についてコメントしています。その中には、奥さんとの約束に遅れたらマズイと思って、帰宅できる時間より1時間は遅めに言って、帰ってしまうというコメントもありました。

いろいろなコメントを見ていたら、夫婦でも大なり小なりの嘘はあるので、その全てをオープンにしないほうが夫婦円満の秘策だろうなと実感させられます。

コンビーフのレシピ

月食の会が行われたのは、もともとは自然災害で死にそうになった男女が、コンビーフで空腹をしのいだ経験がキッカケでした。

その気持ちを忘れないために、コンビーフ料理を用意して月食の会を開く訳ですが、パンフレットにはコンビーフを使ったレシピが載っているので、料理好きの方は、一度は読んでみる価値はあるでしょう。

映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』のまとめ

映画の予告を見ていた時は『最近流行りのスマホ関連の映画かぁ』と軽く考えていました。ところが、思った以上にコミカルとシリアスをうまく織り交ぜて、予想をはるかに超えるほど面白かったですね。

真面目と思われていた小山三平が、女性と激しいプレイをしていたと勘違いされて悔しがる所や、園山零士が妻からゲイと誤解されて焦る所は、映画館で笑いをこらえるのに必死でしたね(苦笑)。

小山三平は可哀想と思っていましたが、実は隠れた秘密が明らかにされて、なかなか刺激の強い作品であり、退屈な映画に飽きている方には是非ともオススメしたい作品です。