エルサの失敗にアナが喜んだ理由!映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』

映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』では、エルサがサプライズしようとして失敗しますが、なぜかアナが喜んでしまうので、その理由について詳しく紹介しましょう。

映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』のキャスト

アメリカ合衆国のディズニー映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』は、2015年4月25日に上映されました(上はCD画像)。

監督&脚本&原作

声優

  • アナ(声:神田沙也加)誕生日間近の王族
  • エルサ(声:松たか子)アナの姉であり女王
  • クリストフ(声:原慎一郎)アナを愛する男性
  • オラフ(声:武内駿輔)陽気な性格をした雪だるま

映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』のストーリー

エルサは、妹のアナの誕生日に、思いっきり喜ばしてあげようと思って、サプライズとして大掛かりな誕生日パーティーの準備を進めていました。

しかし、クリストフが準備をした物はあまり良いものと思えなかった上に、 オラフは勝手に誕生日ケーキを食べてしまったのです。あまりの自分勝手な行動に「オラフ、これはアナの誕生日ケーキなのよ」と優しくたしなめます。

そして、いよいよアナをパーティー会場へ連れていこうとした時に、寒い季節という事もありエルサは風邪をひいてしまったのです。

アナは、姉のエルサが風邪をひいている事に驚いて介抱してあげようとしますが「あなたのせっかくの誕生日なのに」と責任を感じてしまうのです。

ところが、アナは「いいのよ、エルサを介抱できるんだから」と逆に喜んでしまいます。このままでは、エルサのサプライズが不発してしまう事になりますが、アナの誕生日パーティーはどうなってしまうのでしょうか?

『エルサの失敗にアナが喜んだ理由』

エルサは、アナを喜ばせようとしますが、風邪をひいて寝込んでしまいます。

しかし、アナは「エルサを介抱できるんだから、嬉しい」と逆に喜んでしまいました。 なぜ姉が失敗して喜んでしまったのかと言えば、今までエルサは一人だけで責任を感じて、妹に何も相談しようとしなかったからです。

そのため、いつもアナはエルサの力のなれなくて悔しい思いばかりしてきました。途中から力になれる事はできても、エルサが苦しんでいる時に力になってあげられなかったので、今回は風邪で寝込む時に介抱できたので嬉しかった訳です。

映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』と他の作品を比較

映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』では、エルサがドジな失敗をしますが『アナと雪の女王2』では、エルサが大活躍をして国を危機から救おうとします。

この作品を見ておかなければ、エルサとは何者なのか?正確な判断ができないので、今作だけ見て『エルサってドジな女性だなぁ』と思っている方は、是非とも『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』を見ておく事もオススメします。

www.akira-movies-drama.com

映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』のまとめ

アナと雪の女王シリーズでは、ずっとエルサが賢い事ばかりしてきましたが、今作は珍しくドジな失敗をしてしまうので、ある意味では貴重な作品と言えます。

しかし、エルサファンにしてみれば『エルサは、こんなドジな事はしない』と主張したくなるような内容なので注意したほうが良いですね。

今作でも、アナが姉に寄り添おうとして、本当に姉思いの王族だなぁと感心してしまいました。

それにしても、オラフはケーキを盗み食いしても、愛嬌があるので憎めない感じがして良いですね。

動画配信『Disney+ (ディズニープラス) 』に入会すれば、映画『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』を見る事ができます(2021年1月時点)。