オラフが王家の伝統になれた要因とは?映画『アナと雪の女王/家族の思い出』

映画『アナと雪の女王/家族の思い出』では、アナたち姉妹が「オラフこそ私たち王家の伝統」と語りかけるので、その要因について詳しく紹介しましょう。

映画『アナと雪の女王/家族の思い出』のキャスト

アメリカ合衆国のディズニー映画『アナと雪の女王/家族の思い出』は、日本では2018年3月16日に上映されました。

監督&脚本&原作

  • 監督:スティービー・ワーマーズ
  • 脚本:ジャック・スカエファー 

女優&男優

  • アナ(声:神田沙也加)王家のクリスマスパーティーを開こうとする王族
  • エルサ(声:松たか子)王家に伝統がない事に責任を感じる女王
  • オラフ(声:劇場版-ピエール瀧)アナたちを励まそうとする雪だるま
  • クリストフ(声:原慎一郎)アナの恋人

映画『アナと雪の女王/家族の思い出』のストーリー

オラフは、王家のクリスマスパーティーが開かれようとしているので、あまりの嬉しさに多くの人たちに「サプラーイズ!」と言ってしまって、アナたちに「サプライズはまだよ」とたしなめられます。

そして、いよいよアレンデールのお城に大きな鈴が届き、クリスマスの鐘が鳴り響きます。多くの民たちも、その見事な鐘の音色に酔いしれてしまいます。

アナたちは「今よ、オラフ」と語りかけて、オラフは「サプラーイズ!」と言いますが、なぜか民たちは帰って行きます。

アナたちは「お城でパーティーがあるから、入ってみない?」と誘いますが、民たちは今まで自宅でクリスマスパーティーを開いていたので、お城に入ろうとしなかったのです。

アナは「ねぇエルサ?王家のクリスマスパーティーにはどんな伝統があるの?」と聞いてみたら「王家に伝統がないわ、それは私のせい」と責任を感じてしまうのです。

オラフは、そんな二人を見て『よし、自分が多くの人たちのクリスマスの伝統を調べてこよう!』と思い立ちます。ところが、オラフは途中で迷子になってしまって、城中が大騒ぎになってしまうのです!

『オラフが王家の伝統になれた要因』

エルサは、強大な魔法を使う事ができましたが、それを制御できなかったので部屋に閉じこもってしまいました。アナは、そんな事情を知らなかったので、なんとか姉のエルサを励まそうとします。

そこで思いついたのが、二人が話し合えていた時に、一緒に作っていた雪だるまでした。

アナは、毎年クリスマスの時期になったら、エルサの部屋に雪だるまの絵やヌイグルミなどを渡して、二人は直接会う事はできなくても、しっかりと姉妹のつながりが消えませんでした。

このような事から、雪だるまのオラフが、姉妹たちの伝統になっていた訳です。

映画『アナと雪の女王/家族の思い出』と前作を比較

映画『アナと雪の女王/家族の思い出』は、アナたち姉妹の伝統がオラフであり、二人とオラフの絆を感じさせる映画でした。

それに引き換え、前作『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』では、アナたち姉妹の絆を感じさせる作品となっていて、アナがいかにエルサを愛しているか?それが分かる映画になっています。

www.akira-movies-drama.com

映画『アナと雪の女王/家族の思い出』のまとめ

アナと雪の女王イメージキャラクターとも言えるオラフが、今作でも心あたたまる役割を果たしていて、心がほっこりとしましたね。

オラフは、エルサたちを勇気づけようとして、クリスマスの伝統を教えてもらおうとした訳ですが、まさか自分がその伝統になっていたとは夢にも思わなかったでしょう。

最近のアナと雪の女王シリーズは、短編映画ばかりが出されているので、そろそろ長編映画の『アナと雪の女王3』を見てみたい所です。 

動画配信『Disney+ (ディズニープラス) 』に入会すれば、映画『アナと雪の女王/家族の思い出』を見る事ができます(2021年1月時点)。